まなべやわぐ!

Wake Up, Girls!(WUG/ワグ)Run Girls, Run!(RGR/ランガ)熱烈応援中!

鷲崎健さんヨナ×ヨナ「WUG」回。吉岡茉祐さん×青山吉能さん大喧嘩に想う。

 

 

スポンサーリンク

 

 

Top News!

 

 

■2017/8/9(水)May'nさんとWUGのコラボ、Wake Up, May'n始動!「TVアニメ「異世界食堂」オープニングテーマ『One In A Billion』発売中!


 

 

■Wake Up, Girls! 4th LIVE TOUR「ごめんねばっかり言ってごめんね!」開催決定。7箇所昼夜14公演。埼玉、広島初上陸。チケット発売中!


2017年7月23日(日)大阪・なんばHatch 終了!
2017年8月5日(土)宮城・仙台サンプラザホール 終了!
2017年8月13日(日)埼玉・大宮ソニックシティ大ホール 終了!
2017年8月20日(日)福岡・DRUM LOGOS
2017年9月3日(日)沖縄・ミュージックタウン音市場
2017年9月10日(日)広島・BLUE LIVE HIROSHIMA
2017年9月16日(土)東京・Zepp Tokyo

【チケット販売スケジュール】
・現在、一般発売中!
・詳細:http://wug-portal.jp/event/detail.php?id=1001236

 

 

■【ランガちゃん】Wake Up, Girls!新章から、WUGちゃんの妹新ユニット「Run Girls, Run!」(RGR/ランガ)お披露目!


立ち位置中央:林 鼓子(はやし ここ)さん、向かって右:森嶋 優花(もりしま ゆうか)さん、向かって左:厚木 那奈美(あつぎ ななみ)さん。公式サイトはこちら

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

関係性を見るのが好きという鷲崎さんの言葉に頷きつつ、とっても楽しかった「鷲崎健のヨナ×ヨナチャンネル〜木曜日〜」Wakeちゃん回。

大喧嘩の話もそうなんだけど、それよりも見て欲しい部分がある!続きに色々書いたよ! 

 

鷲崎健のヨナ×ヨナチャンネル〜木曜日〜 ゲストWake Up, Girls!

自分、鷲崎さんのこと大好きで、仕事せずにフラフラしてた時、夕方に起きてまずA&G付けて、確か16時ぐらいから超ラジとかが始まって、その中で鷲崎さんのラジオも聴いて。

夜中の3時ぐらいに終わると同時に寝て。その頃WMPだったんじゃないか、違ったかな、クリックしたら画面が少し大きくなって嬉しかった思い出があります笑

もちろん毎日全部聴いていた訳じゃないけど、その頃、声優さんってすげえなあって感じたのすごく覚えてる。

でも、鷲崎さん声優さんじゃなかったんだけどね笑

とにかく、いろいろ見た結果、司会業で唯一信じられる人だって自分は思ってる。

これだけ持ち上げておけば、あとは何書いても大丈夫だろう笑

 

吉岡茉祐さんと青山吉能さんの大喧嘩の真相

WUG結成当時、吉岡茉祐さんと青山吉能さんが喧嘩をしたという話はWUGファンの中ではとっても有名で、WUGのインタビューにも書かれています。

その現実がそのまま、アニメ8話にもリンクされていて、WUGの島田真夢と七瀬佳乃が衝突する回があります。

その全部じゃないかも知れないけど、鷲崎さんの番組にて、本人達の口から事の真相が幾つか語られました。

wakeupgirls.jp

 

あと、奥野香耶さんと永野愛理さんも同じようなことがあったって何かでおっしゃってたから、鷲崎さん、ぜひ、奥野さん永野さんのお二人もゲストに読んで真相を暴いてください笑。

 

尊敬できるところ

本心は当人に聞いてみないとわからないから勝手な想像だけど、そんな話を色々聴いたり見たりして、自分はすごくプロ的だと感じたんですよね。

WUGちゃんの好きな所を一つだけあげるとするなら『尊敬できるところ』なんですが、それって当人たちにも当てはまるんじゃないかなあなんて考えたりもして。

 

喧嘩した翌日には固い握手で事なきを得たらしいけど、鷲崎さんと同じで自分もほんまに???って思っちゃう笑

 

強み

とりあえずの目的を達するために、一時停戦するという判断はすごくプロ的だと思うんだけど、実際どうだったんだろうか。

結成当時、どんな状況であれWUGをやめるわけにはいかないという状況だっただろうし、そんなこと許される訳ないし、というか、そんな考え元々なかっただろうし、ただ、それは当人じゃないとわからないけど、とにかく、オーディションで集められただけの7人だから、なんの信頼関係もなかったわけで。

 

吉岡さんは少し経験があって、監督からの期待も厚かったみたいだし、自分がなんとかしなきゃって考え込んで、もがいてたんだと思う。

青山さんも必死にもがいて、チャンスをやっとものにして、そんな同じようなメンバー達みんなで頑張ろうって時に、多少経験者だった吉岡さんの存在に納得が行かなかったのかも知れない。

そんなこんなで、田中美海さんが、みんなが大好きだから仲良くして欲しい、って泣いて、奥野香耶さんがそれをみてみにゃみ天使だと思うっていう。

 

理屈じゃないよね。

多分、一回やり合わなきゃいけない関係だったんだ。

 

この二人大好きだわあって思っちゃう。

 

もちろん、これだけじゃ終わらなくて。

その後、アニメでやいのやいの言われた時期が長くて。

ちゅうか今もそれは変わらない。

デビュー作でしかも自分の名前がついてるキャラの作品を揶揄されるのはどう考えてもかなりキツイ。

もちろん大きな夢を持って業界に入ってきただろうけど、そんなもん、もう何回も壊されてるだろう。

夢だけじゃ無理な世界なんだろうと思う。

だからこそ、毎日毎日、仕事して声出して歌って踊って書いて仕事して声出して歌って踊って書いて・・・って、事実としての現実を歴史に刻むんだ。

 

WUGちゃん達は、良くも悪くも、もう、普通の関係には戻れないだろう。

 

団結せざるを得なかったかもしれないし、仲間意識も強くなっただろうし、助け合いも必要だっただろうけど、それよりも何よりも、そんな感情を共有できるのは、世界中探しても、あの七人だけ。

そこがWUGの強みだと思うんです。

唯一無二の経験値。

 

まさに、積み重ねてきた歴史なんだよ!

WUG史!

 

戦友

とにかく、仕事というだけの繋がりだったけど、ファンの立場から見てだけど、今はチームワーク抜群の七人だと思うんです。

 

仕事で強制的に5年一緒にいるとして、それは友達なのかなって考えたら、違う感じがするし。

友達なんかいらない仕事仲間だけでいい、って誰だったか言ってたけど、結局、周りにいる人の平均が自分になると言われてるし、高みを目指すプロはみなそうなってしまうのかも知れません。

それはもうしょうがないことなのかも知れませんね。

家族(みたいな親友)と仕事(関連の仲間)の両輪で高みに上ってく、みたいな感じになっちゃうのかも知れません。

 

色々あって、そのまま仲良くなろうがなるまいが、友達同士じゃないプロ同士の関係だろうから、WUGはそこがいい所だと思うんです。

自分が好きな所もそういうところなんです。

とても尊敬できる。

絆とかそういう次元の話じゃないと思ってて、もっとシンプルというか、私にはお前が必要なんだよ、好きでも嫌いでも、みたいな。

という事をつらつらと書いていたら、ツイッターで「戦友」だという言葉をいただいて、確かにそうかもって。

 

強制参加の赤の他人が仕事仲間になり戦友にジョブチェンジする、みたいな感じなのかな。

友達が親友になり家族(ファミリー)にジョブチェンジするみたいに。

 

あなたが必要だ

いや、仲良くて大好き同士ならそれが一番良いと思うんです。

本当は、こんな御託いらないんですよ。

考えれば考えるほど深みにはまってよくない結果になっちゃう。

今が楽しければ大丈夫だって思う。

WUGちゃんは、多分、本当に仲が良くて、互いに大好き同士なんだと思う。

何より互いを必要としてるんだろう。

それは、あんだけ叩かれたのに、誰も脱退せず、ここまでやってこれた事で十分証明できると思う。

 

一番は、無理してる感じがないのがいい。

WUGメンバー同士が呼び捨てになったりするところとか、メンバー同士だけの呼び名があるところとか。

 

アニメWUGの7話で、七瀬佳乃が林田藍里を取り戻した話と一緒に思えるんです。

必要だって言うんだよね。

ちゅうかそう命令するわけ。

お前がどう考えてるかしらんけど、戻ってこいっちゅって。

WUGのそういう感じが、すごく好きなんです。

 

ワンピースのチョッパー回みたいな。違うか。いや、根本は一緒だよね。

尾田栄一郎先生、WUGちゃんのイラスト書いてくれねえかな。

 

正直、ちょっと、うらやましい関係だよね。

ちょっとどころじゃないよ、かなりうらやましい。

だから、尊敬しかないんです。

だから、尊敬できるんです。

 

友達なんかいらない

上に「友達なんかいらない、仕事仲間だけでいい」って書いたんですけど、もしかしたら、タモリさんの言葉だったかもしれない。

いや、友達はいらないはSMAPSMAP?でおっしゃってたみたいだけど、仕事仲間だけでいいとは言ってなかったかも。

自分、勝手に付けちゃったかも。

 

ただ、自分、今までのたいした事ない凡人生で思うのも、本当にそれだったので、その言葉すごく覚えてるんです。

 

友達ってなに?

例えば、利害関係がなくて利益もなくなんでも話せて、って本当にそんな人存在するの?って思っちゃうんですよ。

なんというか、それこそ、利用してる感じがするっていうか。

それこそ、ビジネスよりもビジネス的というか。

そう考えてしまうのは、おれに友達がいないからなのかなあ。。

 

本当にそうなら、家族的になっちゃうのかもしれませんよね。

親友とかって家族みたいなもんでしょ。

ファミリーですよ、ファミリー。

 

だから、友達なんかいなくても大丈夫です。

断言できる。

何故なら、時間の無駄だから。

 

で、家族(みたいな親友)と仕事(打ち込める何かの)仲間がいれば、より人生は素晴らしい。

 

 

そんなことよりも、生歌タチアガレ!ハモりVer.を聞け!

おまけ放送時、鷲崎さんのアコースティックギター伴奏で、吉岡茉祐さんと青山吉能さんが、タチアガレ!ハモリVer.を生で歌って下さってるんですよ!

全員聞け!

以上!

こういう事してくれるから、鷲崎さんはほんと信用できる。

紳士的KSDDだったまなべやも、この放送を機に、まゆしぃ単推しになります!

 

■ヨルナイト×ヨルナイト公式ツイッター

https://twitter.com/yonayona_ag

■鷲崎健さんツイッター

https://twitter.com/washizakitake