まなべやわぐ!

Wake Up, Girls!(WUG)熱烈応援中!

アニサマ2015、WakeUp,Girls!(WUG)の夢と現実。

 

 

スポンサーリンク

 

 

Top News!

 

 

 

■2017/8/9(水)May'nさんとWUGのコラボ、Wake Up, May'n始動!「TVアニメ「異世界食堂」オープニングテーマ『One In A Billion』発売決定!


同日8/9(水)リリース記念イベント「東京・お台場 パレットプラザ(ヴィーナスフォート前)にて『フリーライブ+特典お渡し会』開催決定!詳しくはこちら!

 

 

■Wake Up, Girls! 4th LIVE TOUR「ごめんねばっかり言ってごめんね!」開催決定。7箇所昼夜14公演。埼玉、広島初上陸。チケット発売中!


2017年7月23日(日)大阪・なんばHatch
2017年8月5日(土)宮城・仙台サンプラザホール
2017年8月13日(日)埼玉・大宮ソニックシティ大ホール
2017年8月20日(日)福岡・DRUM LOGOS
2017年9月3日(日)沖縄・ミュージックタウン音市場
2017年9月10日(日)広島・BLUE LIVE HIROSHIMA
2017年9月16日(土)東京・Zepp Tokyo

【チケット販売スケジュール】
・現在、一般発売中!
・詳細:http://wug-portal.jp/event/detail.php?id=1001236

 

 

■2017年7月19日(水)Wake Up, Girls!3rd LIVE TOUR「あっちこっち行くけどごめんね!」BD発売!千秋楽の夜の部公演(生バンド日)を収録予定。

 

 

■2017年7月22日(土)上海で開催される「BiliBili World 2017」に、三森すずこさん、Aqoursさん、妄想キャリブレーションさん、Wake Up, Girls!が出演決定!

 

 

■2017年7月30日(日)2017年公開予定のTVアニメ「Wake Up, Girls!新章」に先立ち、オーディションで選出された新キャスト及び新キャラクターをWonder Festival2017Summerにてお披露目開催決定!


出演者:板垣伸監督、神前暁さん(MONACA)、田中秀和さん(MONACA)、広川恵一さん(MONACA)、司会:安野希世乃さん(小早川ティナ役)。朝から朝まで生ワンホビテレビ22 昼の部のニコニコ生放送/LINE LIVEでの生放送あり。詳細はこちらチケットはこちら

 

 

■2017年8月27日(日)「Animelo Summer Live 2017 -THE CARD-」3日目に、Wake Up, Girls!の出演決定!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

「私たち、WakeUp,Girls!は仙台を拠点に活動しているアイドルグループです。まだまだ素人ぽい私たちですが、いろんな危機を乗り越えて、これまでなんとか活動してこれました。そして今日、夢の舞台、アニメロサマーライブのステージに立つことになったのです。」

メンバーのみなさんが声優を務めるアニメーション「WakeUp,Girls!」の物語とリンクするかのような言葉から始まった、昨年のアニサマ2014。

 

初出場の中、期待と不安を胸に大舞台に飛び出してきた、七人のメンバー。リーダーの青山吉能さんの魂の叫びが会場にこだまする。

「いくぞ!」

 

1曲目の「7 Girls War」。

その日、片山実波役、田中美海さんの声が丸々1曲会場に届かなかった。

夢の舞台と言われる、アニメロサマーライブ。もちろんWakeUp,Girls!は初出場。その、1曲目「7 Girls War」の声のすべてが会場に出ていなかった。田中美海さんの声の部分だけが抜け落ちたように。

 

マイクトラブルだった。

 

舞台で一緒にいたメンバーも異変に気がついているのが手に取るように分かる。田中さんは、それでも、精一杯力のかぎり歌い続けていた。

光る棒で一面緑色に染まる。お客様、すべてが温かく迎え入れてくださっている。2万7千人の掛け声が少し遅れて聞こえてくるのが分かる。あまりにも広い大舞台だ。

彼女たちはその大舞台で、どこまでも聞こえるように、SSAの端から端まですべてに響き渡るように、声を出し続けていた。メンバーは、ライブ中も、MCでも、ライブが終わってからも、最後まで田中さんをフォローし続けた。

吉岡茉祐さん、永野愛理さん、田中美海さん、山下七海さん、奥野香耶さん、高木美佑さん、青山吉能さん。

やっぱり、すごい七人だった。

 

アニサマ1日目のBDには、オフ映像が収録されていた。

田中さんは終演後、泣いていた。

 

●     ●     ●

 

そんな折、WakeUp,Girls!が、アニサマ2015に出演決定したという嬉しい知らせが僕の元にも届きました。出番は3日目の8月30日(日)。今年は駄目なんじゃないかと勝手に思っていたこともあって、すごくすごく嬉しかった。

アニサマさいたまスーパーアリーナで3日間に渡り開催される夢の大舞台です。お客様は延べ8万人、1日2万7千人。WUGは去年に引き続き、そんな大舞台に2年連続2回目の出場になります。

去年は2曲の大切な時間を下さった。テレビ版の主題歌「7 Girls War」と初代劇場版の主題歌「タチアガレ!」の2曲。あり得ない待遇です。期待と可能性を鑑みて決断してくださったのだと思います。

だから、今年WUGは1曲なんじゃないかと感じています。それでも十分あり得ないことです。

 

7月〜8月にかけて行われるセカンドツアーで、1年数ヶ月ぶりの新曲が解禁されるとの発表がありました。WakeUp,Girls!ファンの全員が待ち望んでいたことです。

WakeUp,Girls!は、9月に完全新作となる続編劇場アニメーション「続・劇場版」の前編、12月にその後編が上映されるので、多分、その新曲であろう主題歌をアニサマ2015で歌ってくださるのではないかと自分は勝手に思っています。

そのセカンドツアーで心身共に完全を超えた状態にまで高め、アニサマで新曲を届ける。そして、完全新作の続編劇場版の前編、後編へと繋ぐ。

2次元アニメーションの夢の世界と3次元の現実を繋ぐハイパーリンク、過去から今、未来への持続もテーマに盛り込んでいるであろうWakeUp,Girls!という物語にとっても、誰にとっても、これ以上無いほどベストで、あり得ないほどに素晴らしい物語の流れです。

そしてこれは、アニサマ2015のタイトルである「Animelo Summer Live 2015 -THE GATE-」、新たな扉のその先へ向かう、というテーマにも寸分違わずリンクしている程に素晴らしい流れなのです。

これ以外、考えられないし、これ以外絶対にあり得ない。

 

●     ●     ●

 

でも、それでも、「7 Girls War」を歌ってくれませんか。

 

ごめんなさい。

これがエゴ丸出しの、クソみたいな言葉なのは分かっています。

 

でも、それでも、僕の大好きな七人の声で、「7 Girls War」をまた歌ってくれませんか。

 

夢と現実が入り混じる、アニサマの舞台で。

エゴとクソにまみれた、僕のために。

 

 

<