まなべやわぐ!

Wake Up, Girls!(WUG/ワグ)Run Girls, Run!(RGR/ランガ)熱烈応援中!

【動画】アメリカでハレ晴レユカイを歌い踊るWake Up, Girls!【WUG】

 

 

スポンサーリンク

 

 

Top News!

 

 

■2017/8/9(水)May'nさんとWUGのコラボ、Wake Up, May'n始動!「TVアニメ「異世界食堂」オープニングテーマ『One In A Billion』発売中!


 

 

■Wake Up, Girls! 4th LIVE TOUR「ごめんねばっかり言ってごめんね!」開催決定。7箇所昼夜14公演。埼玉、広島初上陸。チケット発売中!


2017年7月23日(日)大阪・なんばHatch 終了!
2017年8月5日(土)宮城・仙台サンプラザホール 終了!
2017年8月13日(日)埼玉・大宮ソニックシティ大ホール 終了!
2017年8月20日(日)福岡・DRUM LOGOS
2017年9月3日(日)沖縄・ミュージックタウン音市場
2017年9月10日(日)広島・BLUE LIVE HIROSHIMA
2017年9月16日(土)東京・Zepp Tokyo

【チケット販売スケジュール】
・現在、一般発売中!
・詳細:http://wug-portal.jp/event/detail.php?id=1001236

 

 

■【ランガちゃん】Wake Up, Girls!新章から、WUGちゃんの妹新ユニット「Run Girls, Run!」(RGR/ランガ)お披露目!


立ち位置中央:林 鼓子(はやし ここ)さん、向かって右:森嶋 優花(もりしま ゆうか)さん、向かって左:厚木 那奈美(あつぎ ななみ)さん。公式サイトはこちら

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

WAKE UP, GIRLS!

●selective hearing 写真と記事 http://selective-hearing.com/wake-up-girls-interview-coverage-from-anime-central-2014

2014年5月16日〜18日まで、アメリカのシカゴで行われたACEN(Anime Central)に日本からWake Up, Girls!が参加、現地でライブをした時の映像がYuotubeにアップされてありましたので紹介します!

Wake Up, Girls!(ウェイクアップガールズ:略称WUG(ワグ))とは、同名アイドルユニットのメンバー七人の物語を軸としたアニメーション作品です。山本寛監督作品。

アニメーションの登場人物に声をあてている声優さんが、現実で同名の声優ユニットを結成し、現在も精力的に活動中。先日、東京、大阪、そしてアニメーションの舞台でもある仙台を巡る1stLiveツアーを発表、今回、5月アメリカのシカゴで開催される「Anime Central」に参加、6月には「@JAM」に出演、そして、この夏には「アニサマ(アニメロサマーライブ)」に出場が決定しています。

1stLiveツアー、東京でのチケットがまだ若干数あるそうなので、気になった方はこの機会に是非。 ↓ http://wakeupgirls.jp/special/

 

アニメーション「Wake Up, Girls!」もすごく面白いです。

物語的に第0話の位置づけの劇場版、その後、1話〜12話がテレビ放送され、地域により、すでに最終12話まで放送が終了しています。

Wake Up, Girls!未視聴のかたも、今からでもすごく楽しめると思いますので、気になっていた方はこの機会に是非。その際は、出来れば、劇場版から観ることをオススメいたします。

劇場版はBD発売されており、これから各話BDも発売されます。バンダイチャンネルニコニコ動画iTunesでもレンタル出来ますので是非。

 

●     ●     ●

 

Wake Up, Girls!の監督である山本寛監督が、2006年「涼宮ハルヒの憂鬱」というアニメーション作品のエンディングテーマの、この「ハレ晴レユカイ」という曲で、アニメーションキャラクターがダンスをするという演出を行いました。

そのダンスを、現実で沢山の人々が踊った映像が動画サイトに続々アップされるなど、すごく話題にもなりました。

自分もよく覚えていますし、今でもよく観たり聞いたりしています。

涼宮ハルヒの激奏というライブイベントのアンコールで、涼宮ハルヒの憂鬱の登場人物キャラクターに声をあてている声優さんも、当時、同じようにライブをしており、その映像も大好きなんですが、だからこそ、なんというか、ほんと胸熱です。

アニメーションやダンスや歌そのものも、またそれが、こういう形で受け継がれていくことも、とても素敵だな、と僕は思います。