まなべやわぐ!

Wake Up, Girls!(WUG/ワグ)Run Girls, Run!(RGR/ランガ)熱烈応援中!

【WUG・ネタバレ注意】松田さんが本当に言いたかったこと。劇場版「WakeUp,Girls!七人のアイドル」の感想27

 

 

スポンサーリンク

 

 

Top News!

 

 

■Wake Up, Girls!新章2017年10月から放送開始!最新PV公開!



■テレビ東京:2017年10月9日(月)26時05分から
■仙台放送:2017年10月10日(火)26時から
■AT-X:2017年10月11日(水)23時30分から
■熊本放送:2017年10月29日(日)26時05分から
■2017年10月13日(金)深夜0時より、あにてれ・dアニメストア・アニメ放題/U-NEXT・JCOM+KDDI ほか随時配信スタート!

 

 

 

■Wake Up, Girls!新章ニコニコ動画で最新話1週間無料配信中!第1話はずっと無料!


 

 

 

■TUNAGO/Wake Up, Girls!MV公開


4thライブツアーのテーマ曲にもなっていた「TUNAGO」のMVが公開されました。東北6県への想いから「TSUNAGO」ではなく「TUNAGO」という6文字のタイトルに。また、振り付けは宮城県出身のメンバー永野愛理さんが担当、センターは岩手県出身のメンバー奥野香耶さんが担当されています。全七人のメンバーが宮城県の様々な場所を訪れ、それぞれを"繋ぐ"映像となっています。

 

 

 

■2017年12月10日(日)開場 12:00 開演 13:00 会場:幕張メッセ 国際展示場にてWUG大型イベント『Wake Up, Girls!Festa. 2017 TRINITY』通称「WUGフェス2017」開催決定!フルメンバー参戦!


■出演者:Wake Up, Girls!(吉岡茉祐さん、永野愛理さん、田中美海さん、青山吉能さん、山下七海さん、奥野香耶さん、高木美佑さん)I-1club(山本希望さん、加藤英美里さん、津田美波さん、福原香織さん、明坂聡美さん、安野希世乃さん、上田麗奈さん) ネクストストーム(大坪由佳さん、安済知佳さん、高野麻里佳さん、甘束まおさん)
■チケットなど詳細はWUG公式サイトへ!

★GYAO!でライブ生配信決定!アンコール配信も!お家でWUGフェスが見られるぞ!!!

 

 

 

■【ランガちゃん】Wake Up, Girls!新章から、WUGちゃんの妹新ユニット「Run Girls, Run!」(RGR/ランガ)お披露目!


速志歩役:林 鼓子(はやし ここ)さん、守島音芽役:森嶋 優花(もりしま ゆうか)さん、阿津木いつか役:厚木 那奈美(あつぎ ななみ)さん。公式サイトはこちら


Run Girls,Run!のデビュー曲。
「カケル×カケル(かけるかけるかける)」
作詞:只野菜摘さん
作曲:神前暁さん
編曲:広川恵一さん(MONACA)

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

WakeUpGirls!

【ネタバレ注意】みんなで歩きながら、不安も希望も少しずつ互いに想いをぶつけ合って行く。彼女たちは、これからもそうやって、ずっとずっと歩いて行くのだ。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 26 はこちら。

ここは、【ネタバレ注意】劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 27 です。

【ネタバレ注意】片山実波がセンターを譲った日。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 28 はこちら。

ネタバレしかしていませんので、ネタバレが気になる方は注意してください!

 

●     ●     ●

 

 

●     ●     ●

 

 

●     ●     ●

 

201410081928 劇場版「Wake Up Girls! 七人のアイドル」本編映像より画像を引用させていただきました。

 

松田マネージャーは、望洋台公園で、林田藍里に連れられてきた島田真夢の説得を試みる。

君は人を幸せな気持ちにし、人を励まし、人を勇気づけられる人だ、と言う松田マネージャーに対し、島田真夢は、私は人を幸せにできる力など無い、身近な人も自分さえも幸せに出来ないんだと、突っぱねる。

林田藍里も、なおも、もう一度歌って欲しいと懇願するが、それは無理、とキッパリと伝え、頑(かたく)なに再度アイドルになることを拒む。島田真夢が頑なな理由は、今はまだ、涙となって画面に映るだけだ。

松田さんは、I-1clubの初期DVDを強引に島田真夢のかばんに入れ込む。松田さんがWUGで唯一出来た仕事。

 

松田さんが本当に言いたかったことは、何だったんだろう。 これは、説得では無い気がする。ましてやスカウトでもないと思う。

松田さんは、君は人を幸せな気持ちにし、人を励まし、人を勇気づける人だ、と島田真夢に言いたかったのだろうか。

本当に、そうなのだろうか。

 

僕は、松田さんは、WUGの事を好きになり始めているんだと思う。

それって、Wake Up, Girls!の物語の根底にも関わってくることだと僕は思ってて。

 

それが何かって言うと、つまり、理屈じゃない、ということなんじゃないかと思う。

つまり、あなたは素敵だから、あなたは素敵なんだ、と言いたいのだと僕は思う。

松田さんが言う、この上手く言えないとか、理屈じゃないというようなことが、この後もWUGの物語内に本当に沢山出てくるんです。

 

理屈じゃないこととか、言葉では言い表せないとか、上手く言えないとか、そういう感情がWUGの根底を支えているといっても過言ではないと僕は思ってて、ーだからこそ、松田さんはWUGの物語に必要なんですがー、だからこそ、美しいシーンが生まれたり、逆に理詰めの部分が生きてきたり、間を外したりする部分が面白かったりとか、そういう様々な楽しみ方が出来る作品になったんじゃないかと今は感じています。

本当は12話の最後のほうで書こうと思ってたんですが、もういくつも勝手な感想を言葉で延々と書きなぐっている自分が言うのもなんなんですが、結局、答えはそこにあるんじゃないか、もっと言うと、答えなど無いというのが答えというか、そうとしか思えなかったこと、そこにしかあり得ないこと、誰もが上手く言えないことを物語にしようとしたんじゃないか、と僕は感じています。

 

201410081933201410081931201410081932 劇場版「Wake Up Girls! 七人のアイドル」本編映像より画像を引用させていただきました。

 

この時、この公園で、島田真夢が振り返ったシーンです。

島田真夢のロングの髪の毛が、初めて生きた素敵なシーン。

これも理屈ではないことを、画で魅せようとして下さった場面のうちの一つだと思います。 こういう画を見せてくれる所が、本当に大好きなんだよ、俺。

制作者の方々も言っておられましたが、すべてが思うようには行かなかったかも知れません、でも、それでも僕は、Wake Up Girls!が魅せてくれた様々な美しい場面やその物語を絶対に忘れることはないと思います。

 

 

●     ●     ●

 

 

●     ●     ●

 

 

●     ●     ●

 

【ネタバレ注意】みんなで歩きながら、不安も希望も少しずつ互いに想いをぶつけ合って行く。彼女たちは、これからもそうやって、ずっとずっと歩いて行くのだ。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 26 はこちら。

ここは、【ネタバレ注意】劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 27 です。

【ネタバレ注意】片山実波がセンターを譲った日。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 28 はこちら。

 

これは、「Wake Up, Girls!(WUG)とは何だったのか」という名で書き綴っている、現在進行形の感想の一部になります。そちらのページにも貼っていきますので、お時間のあるかたは是非! ↓ 【ネタバレ注意】希望のかけらと、その物語。Wake Up, Girls!(WUG)とは何だったのか。