まなべやわぐ!

Wake Up, Girls!(WUG/ワグ)Run Girls, Run!(RGR/ランガ)熱烈応援中!

【WUG・ネタバレ注意】エンターテイメントの多くが、血と汗と涙で出来ているというのは、大げさでも笑い事でもなく事実だと思う。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想25

 

 

スポンサーリンク

 

 

Top News!

 

 

■Wake Up, Girls!新章2017年10月から放送開始!最新PV公開!



■テレビ東京:2017年10月9日(月)26時05分から
■仙台放送:2017年10月10日(火)26時から
■AT-X:2017年10月11日(水)23時30分から
■熊本放送:2017年10月29日(日)26時05分から
■2017年10月13日(金)深夜0時より、あにてれ・dアニメストア・アニメ放題/U-NEXT・JCOM+KDDI ほか随時配信スタート!

 

 

 

■Wake Up, Girls!新章ニコニコ動画で最新話1週間無料配信中!第1話はずっと無料!


 

 

 

■TUNAGO/Wake Up, Girls!MV公開


4thライブツアーのテーマ曲にもなっていた「TUNAGO」のMVが公開されました。東北6県への想いから「TSUNAGO」ではなく「TUNAGO」という6文字のタイトルに。また、振り付けは宮城県出身のメンバー永野愛理さんが担当、センターは岩手県出身のメンバー奥野香耶さんが担当されています。全七人のメンバーが宮城県の様々な場所を訪れ、それぞれを"繋ぐ"映像となっています。

 

 

 

■2017年12月10日(日)開場 12:00 開演 13:00 会場:幕張メッセ 国際展示場にてWUG大型イベント『Wake Up, Girls!Festa. 2017 TRINITY』通称「WUGフェス2017」開催決定!フルメンバー参戦!


■出演者:Wake Up, Girls!(吉岡茉祐さん、永野愛理さん、田中美海さん、青山吉能さん、山下七海さん、奥野香耶さん、高木美佑さん)I-1club(山本希望さん、加藤英美里さん、津田美波さん、福原香織さん、明坂聡美さん、安野希世乃さん、上田麗奈さん) ネクストストーム(大坪由佳さん、安済知佳さん、高野麻里佳さん、甘束まおさん)
■チケットなど詳細はWUG公式サイトへ!

 

 

 

■【ランガちゃん】Wake Up, Girls!新章から、WUGちゃんの妹新ユニット「Run Girls, Run!」(RGR/ランガ)お披露目!


速志歩役:林 鼓子(はやし ここ)さん、守島音芽役:森嶋 優花(もりしま ゆうか)さん、阿津木いつか役:厚木 那奈美(あつぎ ななみ)さん。公式サイトはこちら


Run Girls,Run!のデビュー曲。
「カケル×カケル(かけるかけるかける)」
作詞:只野菜摘さん
作曲:神前暁さん
編曲:広川恵一さん(MONACA)

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

WakeUpGirls!

【ネタバレ注意】大田邦良が失ったもの。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 24 はこちら。

ここは、【ネタバレ注意】僕たちは幸せになるために生まれてきた。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 25 です。

【ネタバレ注意】みんなで歩きながら、不安も希望も少しずつ互いに想いをぶつけ合って行く。彼女たちは、これからもそうやって、ずっとずっと歩いて行くのだ。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 26 はこちら。

ネタバレしかしていませんので、ネタバレが気になる方は注意してください!

 

●     ●     ●

 

 

●     ●     ●

 

 

●     ●     ●

 

201410012207 劇場版「Wake Up Girls! 七人のアイドル」本編映像より画像を引用させていただきました。

 

このDVDから松田は何かを感じ、後に、島田真夢もこの映像を見て想いを馳せる。

額に汗し、懸命に歌い踊るI-1club時代の島田真夢。

髪の毛が肌につく描写なども好きだ。

エンターテイメントの多くは、血と汗と涙で出来ているというのは、大げさでも笑い事でもなく事実なんだと僕も思ってる。

 

DVDの中とは違い、現実の島田真夢は物思いにふけっているが、林田藍里がオーディションに合格したということを聞いて何か感じるものはあったのだろうか。もしかすると、少しずつ心境の変化が始まっていたのかもしれない。

 

ここで、島田真夢が自身の経験から、林田藍里にマイクの持ち方を教えてあげるシーンへ。

マイクが気になってうまく歌えない林田藍里、誕生の瞬間である。

 

林田藍里は島田真夢に幾度と無く、ごめん。と謝りを入れながら、この後もかまわず、自身の主張を半ば強引に島田真夢に伝え続け、それを実行させてしまう、ある意味すごいやっかいな人物なのだ。

林田藍里には、そんな母親みたいなところがあったりするのだが、それも、島田真夢が救われた要因の一つに確実になっていると思う。

そう、どこかに連れ出してくれる人なんて、実際にはあまりいないものだ。

 

小説版で、島田真夢自身は、自分はあまり歌が得意ではないと言っているんだけど、でも林田藍里は、一緒に歌を歌うことをお願いし(ここでもミーハーという名の強引さを発揮する笑)歌を歌った島田真夢のことを、テレビで歌っていたそのままですごくて、紛れもないアイドルでまぶしすぎると絶賛している。

林田藍里は、島田真夢に元気になって欲しかった。

オーディションの相談や、ダンスや歌の練習に付き合ってもらっているとき、すごくハキハキして明るくて元気なんだそうだ。

テレビで見た時のように。

 

でも、それは、本当の島田真夢なんだろうか。

 

●     ●     ●

 

201410012117 劇場版「Wake Up Girls! 七人のアイドル」本編映像より画像を引用させていただきました。

 

よく、各登場人物キャラクター達の見分けがつかないということを聞くのだが、テレビ版最終12話の時点でも彼女たちはまだ、結成1年、メジャーデビューもしていない新人地方インディーズアイドルなのだ。当然、まだまだそんなような顔つきではないと思う。

良いか悪いかは、別にして、これからどんどんそんなような顔つきになっていくのだと思う。

 

それを見越したのか、可能性を感じたのか、丹下社長は、結果、六人全員をオーディションに合格させる。

この時点では、島田真夢はまだ、WUGではない。

当初WUGは、菊間夏夜、林田藍里、岡本未夕、久海菜々美、片山実波、七瀬佳乃の六人でのスタートとなる。

 

名前は、「Wake Up, Girls!(ウェイクアップガールズ。愛称はWUG(ワグ))」に決定。

 

ここで、丹下社長は、ワム!Wham!)の話をしようとする。

ワム!は、日本と同じ島国であるイギリス出身の超大人気ユニット。

「Careless Whisper」や「Last Christmas」などで80年代にヒット曲を連発し、「Wake Me Up Before You Go-Go」などで、全英、全米で両方で一位を取るなどし全世界的な人気を博したポップスユニット。楽曲の素晴らしさと、アイドル的な人気の両方を兼ね備えた、素晴らしいユニットだったと記憶しています。

日本でも郷ひろみさん(ケアレス・ウィスパー)や西城秀樹さん(抱きしめてジルバ)がカバーされ(原曲はワム!のメンバーである、ジョージ・マイケル名義のCareless Whisper)、日本にも来日するなどしたが、人気絶頂時に解散してしまったらしい。そんなワム!も最初はインディーズ扱いでのデビューだったらしく、丹下社長はそんな話をしようとしたのかもしれない。

 

その流れで丹下社長は、夢はでっかく紅白出場と銘打つ。

僕は、現実になると思っています。

 

 

●     ●     ●

 

 

●     ●     ●

 

 

●     ●     ●

 

【ネタバレ注意】大田邦良が失ったもの。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 24 はこちら。

ここは、【ネタバレ注意】僕たちは幸せになるために生まれてきた。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 25 です。

【ネタバレ注意】みんなで歩きながら、不安も希望も少しずつ互いに想いをぶつけ合って行く。彼女たちは、これからもそうやって、ずっとずっと歩いて行くのだ。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 26 はこちら。

 

これは、「Wake Up, Girls!(WUG)とは何だったのか」という名で書き綴っている、現在進行形の感想の一部になります。そちらのページにも貼っていきますので、お時間のあるかたは是非! ↓ 【ネタバレ注意】希望のかけらと、その物語。Wake Up, Girls!(WUG)とは何だったのか。