まなべやわぐ!

Wake Up, Girls!(WUG/ワグ)Run Girls, Run!(RGR/ランガ)熱烈応援中!

【WUG・ネタバレ注意】七瀬佳乃の現実。劇場版「WakeUp,Girls!七人のアイドル」の感想22

 

 

スポンサーリンク

 

 

Top News!

 

 

■Wake Up, Girls!新章2017年10月から放送開始!最新PV公開!



■テレビ東京:2017年10月9日(月)26時05分から
■仙台放送:2017年10月10日(火)26時から
■AT-X:2017年10月11日(水)23時30分から
■熊本放送:2017年10月29日(日)26時05分から
■2017年10月13日(金)深夜0時より、あにてれ・dアニメストア・アニメ放題/U-NEXT・JCOM+KDDI ほか随時配信スタート!

 

 

 

■Wake Up, Girls!新章ニコニコ動画で最新話1週間無料配信中!第1話はずっと無料!


 

 

 

■TUNAGO/Wake Up, Girls!MV公開


4thライブツアーのテーマ曲にもなっていた「TUNAGO」のMVが公開されました。東北6県への想いから「TSUNAGO」ではなく「TUNAGO」という6文字のタイトルに。また、振り付けは宮城県出身のメンバー永野愛理さんが担当、センターは岩手県出身のメンバー奥野香耶さんが担当されています。全七人のメンバーが宮城県の様々な場所を訪れ、それぞれを"繋ぐ"映像となっています。

 

 

 

■2017年12月10日(日)開場 12:00 開演 13:00 会場:幕張メッセ 国際展示場にてWUG大型イベント『Wake Up, Girls!Festa. 2017 TRINITY』通称「WUGフェス2017」開催決定!フルメンバー参戦!


■出演者:Wake Up, Girls!(吉岡茉祐さん、永野愛理さん、田中美海さん、青山吉能さん、山下七海さん、奥野香耶さん、高木美佑さん)I-1club(山本希望さん、加藤英美里さん、津田美波さん、福原香織さん、明坂聡美さん、安野希世乃さん、上田麗奈さん) ネクストストーム(大坪由佳さん、安済知佳さん、高野麻里佳さん、甘束まおさん)
■チケットなど詳細はWUG公式サイトへ!

 

 

 

■【ランガちゃん】Wake Up, Girls!新章から、WUGちゃんの妹新ユニット「Run Girls, Run!」(RGR/ランガ)お披露目!


速志歩役:林 鼓子(はやし ここ)さん、守島音芽役:森嶋 優花(もりしま ゆうか)さん、阿津木いつか役:厚木 那奈美(あつぎ ななみ)さん。公式サイトはこちら


Run Girls,Run!のデビュー曲。
「カケル×カケル(かけるかけるかける)」
作詞:只野菜摘さん
作曲:神前暁さん
編曲:広川恵一さん(MONACA)

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

WakeUpGirls!

【ネタバレ注意】ループされたかのような世界。それは、島田真夢がブランコを漕ぎ続け、大空のプリズムを歌い続ける世界にいた事と同じ事なのかもしれません。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 21 はこちら。

ここは、【ネタバレ注意】僕たちは幸せになるために生まれてきた。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 22 です。

【ネタバレ注意】丹下社長はアイドルは物語、物語は可能性のことだと話す。七瀬佳乃や片山実波以外に岡本未夕や久海菜々美、菊間夏夜、そして林田藍里にも可能性を感じたということだ。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 23 はこちら。

ネタバレしかしていませんので、ネタバレが気になる方は注意してください!

 

●     ●     ●

 

 

●     ●     ●

 

 

●     ●     ●

 

201409180001 劇場版「Wake Up Girls! 七人のアイドル」本編映像より画像を引用させていただきました。

 

林田藍里は島田真夢にお願いごとを、菊間夏夜は次のバイト先で拳を握り、久海菜々美は服選びにドキドキし、片山実波はおばあちゃん達と一緒に、七瀬佳乃はモデル写真撮影中、岡本未夕はメイドin仙台にてファンに応援されながら、WUGのオーディション1次審査に合格。

ここでも、各キャラクターの描写が効いていて面白い。ここの音楽も好きだ。

 

実は小説版で、WUG合格前、林田藍里が自宅の近所にある募集元のグリーンリーブス事務所を見に行って、事務所の郵便受けに直接オーディションのエントリーシート入り封筒を入れようとしているのだ。さすがにそれはやめたようだが、こういう所、林田藍里さすがだなと惚れ惚れしてしまう。

とかく地方のタウン誌に小さく乗っている募集記事だ、それこそ、もっと大きなオーディションを受けようと思った人もいるだろう、小さすぎて怪しく思った人もいるかもしれない、応募が少なかったのもあるだろうが、だからこそWUGメンバーは、運も持っている。

そして、オーディション会場へ。

 

島田真夢は林田藍里と共にオーディション会場へ来るが、逃げるように、帰ってしまう。

ここで、島田真夢がどういった人物だったかが丹下社長の口から語られ、その昔、I-1Clubというアイドルユニットのセンターであり、アイドルの芸能界の頂点まで押し上げたほどの人物であったこと、その後、センター争いに破れたとの理由で大人気のまま脱退、以後、消息不明だったことなどが分かる。

 

その帰り、オーディションに来た七瀬佳乃が、帰る途中の島田真夢とすれ違うだけで、即、気が付く描写も好きだ。

七瀬佳乃は島田真夢に気がつくが、当然、島田真夢は七瀬佳乃に気がつかない。

それが、今の二人の立ち位置なのだろう。

芸能界の、そしてアイドルとしてのポジションなのだ。

それが、二人の現実だ。

必死に活動してきた二人の、現実なのだ。

 

オーディション会場で林田藍里は震え、菊間夏夜は落ち着き、久海菜々美は発声練習、岡本未夕は祈り、片山実波はなんか食べて、おまけに、なんか飲んでる。いちおう、飲み物ぐらいは用意されていたのだろうか。

少し前の描写からの繋がりで、ここもすごく分かりやすくて好きだ。

そして七瀬佳乃が、「どうして彼女がここに」ともらす。

七瀬佳乃と島田真夢。

ローカルタレントと、元トップアイドル。

地方と、東京。

この二人が同じユニット、Wake Up, Girls!の一員として、一番近い場所で一緒に活動するようになるのだ。

それぞれが、一つになろうとしているように見えなくもない。

それは、最終12話以降に持ち越された感はあるが、それでも、何かが、つながり始めているのかもしれない。

 

●     ●     ●

 

 

●     ●     ●

 

 

●     ●     ●

 

【ネタバレ注意】ループされたかのような世界。それは、島田真夢がブランコを漕ぎ続け、大空のプリズムを歌い続ける世界にいた事と同じ事なのかもしれません。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 21 はこちら。

ここは、【ネタバレ注意】僕たちは幸せになるために生まれてきた。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 22 です。

【ネタバレ注意】丹下社長はアイドルは物語、物語は可能性のことだと話す。七瀬佳乃や片山実波以外に岡本未夕や久海菜々美、菊間夏夜、そして林田藍里にも可能性を感じたということだ。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 23 はこちら。

 

これは、「Wake Up, Girls!(WUG)とは何だったのか」という名で書き綴っている、現在進行形の感想の一部になります。そちらのページにも貼っていきますので、お時間のあるかたは是非! ↓ 【ネタバレ注意】希望のかけらと、その物語。Wake Up, Girls!(WUG)とは何だったのか。