まなべやわぐ!

Wake Up, Girls!(WUG/ワグ)Run Girls, Run!(RGR/ランガ)熱烈応援中!

【WUG・ネタバレ注意】久海菜々美はなぜ、アイドルのオーディションを受けたのだろうか。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想20

 

 

スポンサーリンク

 

 

Top News!

 

 

■Wake Up, Girls!新章2017年10月から放送開始!最新PV公開!



■テレビ東京:2017年10月9日(月)26時05分から
■仙台放送:2017年10月10日(火)26時から
■AT-X:2017年10月11日(水)23時30分から
■熊本放送:2017年10月29日(日)26時05分から
■2017年10月13日(金)深夜0時より、あにてれ・dアニメストア・アニメ放題/U-NEXT・JCOM+KDDI ほか随時配信スタート!

 

 

 

■Wake Up, Girls!新章ニコニコ動画で最新話1週間無料配信中!第1話はずっと無料!


 

 

 

■TUNAGO/Wake Up, Girls!MV公開


4thライブツアーのテーマ曲にもなっていた「TUNAGO」のMVが公開されました。東北6県への想いから「TSUNAGO」ではなく「TUNAGO」という6文字のタイトルに。また、振り付けは宮城県出身のメンバー永野愛理さんが担当、センターは岩手県出身のメンバー奥野香耶さんが担当されています。全七人のメンバーが宮城県の様々な場所を訪れ、それぞれを"繋ぐ"映像となっています。

 

 

 

■2017年12月10日(日)開場 12:00 開演 13:00 会場:幕張メッセ 国際展示場にてWUG大型イベント『Wake Up, Girls!Festa. 2017 TRINITY』通称「WUGフェス2017」開催決定!フルメンバー参戦!


■出演者:Wake Up, Girls!(吉岡茉祐さん、永野愛理さん、田中美海さん、青山吉能さん、山下七海さん、奥野香耶さん、高木美佑さん)I-1club(山本希望さん、加藤英美里さん、津田美波さん、福原香織さん、明坂聡美さん、安野希世乃さん、上田麗奈さん) ネクストストーム(大坪由佳さん、安済知佳さん、高野麻里佳さん、甘束まおさん)
■チケットなど詳細はWUG公式サイトへ!

 

 

 

■【ランガちゃん】Wake Up, Girls!新章から、WUGちゃんの妹新ユニット「Run Girls, Run!」(RGR/ランガ)お披露目!


速志歩役:林 鼓子(はやし ここ)さん、守島音芽役:森嶋 優花(もりしま ゆうか)さん、阿津木いつか役:厚木 那奈美(あつぎ ななみ)さん。公式サイトはこちら


Run Girls,Run!のデビュー曲。
「カケル×カケル(かけるかけるかける)」
作詞:只野菜摘さん
作曲:神前暁さん
編曲:広川恵一さん(MONACA)

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

WakeUpGirls!

【ネタバレ注意】丹下社長はスカウトすると同時に、この世界には沢山の道があることを暗に、いやここでは直接的にだが、七瀬佳乃に示したんだと僕は思う。劇場版「Wake Up, Girls!七人のアイドル」の感想 19 はこちら。

ここは、【ネタバレ注意】僕たちは幸せになるために生まれてきた。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 20 です。

【ネタバレ注意】ループされたかのような世界。それは、島田真夢がブランコを漕ぎ続け、大空のプリズムを歌い続ける世界にいた事と同じ事なのかもしれません。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 21 はこちら。

ネタバレしかしていませんので、ネタバレが気になる方は注意してください!

 

●     ●     ●

 

 

●     ●     ●

 

 

●     ●     ●

 

20140903 劇場版「Wake Up Girls! 七人のアイドル」本編映像より画像を引用させていただきました。

 

久海菜々美は、描写的にお嬢様ということが即分かって、尚且つ、一人だけ応募動機がしっかりしている。というか、ややズレている。

光塚音楽学校(宝塚歌劇団のような劇団、光塚歌劇団の予備校といわれる学校)の受験を年齢的にまだ受けられないので、それまでの力試しとして、WUGのオーディションを受けることにしたということのようだ。

久海菜々美は一人娘で、可愛がられて育てられたのだろう。

だからなのか、ステージなど本番の経験などはまだ少ないようで、そこが弱点なんだと自身で認識もしているのかも知れない。

だからこそ、アイドルのオーディションを受けたのかもしれない。

 

久海菜々美はなぜ、アイドルのオーディションを受けたのだろう。それは、本当に力試しという意味だけだったのだろうか。

僕は、久海菜々美がなぜ、アイドルのオーディションを受けたのかにすごく興味があって、それは、ただの力試しというだけじゃないような気がしてるんです。

本心が知りたいけど、当然、それが何かはわからない。

でも、例えば、光塚のような女性だけのチームに所属してみたかったから、だとか、友達が欲しかったから、だとか、つまりそういう想いが心の奥底にあったのか、無かったのか。それとも、全然違う理由があったのか。

それをいつか話してくれたらなとか思うんですけど、多分一生話さないだろうな、とも思います。

 

久海菜々美は、幼少より培った技術屋だが、小説版では、光塚の人に直接言葉を貰っていたり、自分にないものを持っている他のメンバーを認める発言もちゃんとしているし、後半では林田藍里に付きっきりでダンスを教えるなど、すごく真面目で筋も通ってる。

片山実波と仲良くなる過程もすごくよくて、何というかとても可愛いらしい一面があるので、小説版まだのかたは是非読んで欲しいです。

アニメではあまり目立たなかったかもしれないけど、久海菜々美のWUG愛が美しくなって行く過程も面白いし、一度決まれば、他人を優先しみんなで乗り越えようする姿勢にも共感できる。

 

久海菜々美は、いつもだだっ広い部屋のテレビの前で一人、光塚の映像を見てそれを真似するだけで、島田真夢や七瀬佳乃、岡本未夕などに比べ、多くの人に見られるという経験もあまりなかったのかも知れない。

そこが久海菜々美が持つ寂しさでもあるのだと思う。

これから沢山人前に出て、それから最年少ということもあって、今後の髪型や服装などの変化が一番大きいかもしれない。だからこそ、物語としても面白そうな余白ばかりだし、もっともっと活躍できる人物だと思う。

そうです、2期待っております。

 

そういや自分、WUGpedia16ページの久海菜々美がピアノを引いている一枚絵大好きなんですよね。

間違いなく、ピアニストの目やんかあれ

 

●     ●     ●

 

 

●     ●     ●

 

 

●     ●     ●

 

【ネタバレ注意】丹下社長はスカウトすると同時に、この世界には沢山の道があることを暗に、いやここでは直接的にだが、七瀬佳乃に示したんだと僕は思う。劇場版「Wake Up, Girls!七人のアイドル」の感想 19 はこちら。

ここは、【ネタバレ注意】僕たちは幸せになるために生まれてきた。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 20 です。

【ネタバレ注意】ループされたかのような世界。それは、島田真夢がブランコを漕ぎ続け、大空のプリズムを歌い続ける世界にいた事と同じ事なのかもしれません。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 21 はこちら。

 

これは、「Wake Up, Girls!(WUG)とは何だったのか」という名で書き綴っている、現在進行形の感想の一部になります。そちらのページにも貼っていきますので、お時間のあるかたは是非! ↓ 【ネタバレ注意】希望のかけらと、その物語。Wake Up, Girls!(WUG)とは何だったのか。