まなべやわぐ!

Wake Up, Girls!(WUG/ワグ)Run Girls, Run!(RGR/ランガ)熱烈応援中!

【WUG】Wake Up, Girls! 1stライブツアー東京昼公演の感想

スポンサーリンク

 

 

 

Top News!

 

 

■Wake Up, Girls!新章の最終話ライブシーンが話題に!


WUG新章最終話のライブシーンが大好評。必見。

 

 

 

■Wake Up, Girls!新章配信中!第1話ずっと無料!


 

 

 

■スキノスキル/Wake Up, Girls!MV公開


TVアニメ『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』エンディングテーマ「スキノスキル」MVが公開されています!

 

 

 

■公式ファンクラブ「わぐらぶ」限定にて「TUNAGO東北ろっけんソロイベントツアー」&「わぐらぶ仙台バスツアー PartⅢ」の開催決定!



TUNAGO東北ろっけんソロイベントツアー

■日程・会場

□2018年3月3日(土)青森・Quarter【青山吉能さん】
 
□2018年3月4日(日)秋田・秋田 クラブ スウィンドル【田中美海さん】

□2018年3月10日(土)山形・ミュージック昭和Session【山下七海さん】

□2018年3月11日(日)福島・HIP SHOT JAPAN【吉岡茉祐さん】

□2018年3月18日(日)宮城・石巻 BLUE RESISTANCE【永野愛理さん】

□2018年3月24日(土)岩手・CLUB CHANGE WAVE【奥野香耶さん】

□2018年3月25日(日)宮城・仙台 MACANA【高木美佑さん】

■対象会員
2018年1月9日(火)までに「わぐらぶ」にご入会(=ご入金)いただいた方


わぐらぶ仙台バスツアー PartⅢ 概要

■受付概要

□申込受付:2017年12月24(日)12:00~2018年1月17日(水)23:59
□当落発表:2018年2月7日(水)夕刻予定

■対象会員
2018年1月9日(火)までに「わぐらぶ」にご入会(=ご入金)いただいた方


詳しくは公式ファンクラブ「わぐらぶ」へ。

 

 

 

■「ANIMAX MUSIX 2018 NEXTAGE」にRun Girls, Run!が出演決定!


2018年2月10(土)Run Girls, Run!が「ANIMAX MUSIX 2018 NEXTAGE」に出演。秋葉原P.A.R.M.S(パセラリゾーツAKIBAマルチエンターテインメント7F)にて開催。出演者は、亜咲花さん、YURiKAさん、佐々木李子さん、Run Girls, Run! 。来場者のアンケート結果などに基づき、「ANIMAX MUSIX」横浜公演、または大阪公演に出演するアーティストを決定。チケット発売中。詳しくはこちら

 

 

 

■「Green Leaves Fes」開催決定!


2018年5月12(土)WUG新章イベント「Green Leaves Fes」幕張メッセ イベントホールにて開催。出演者は、Wake Up, Girls!、Run Girls, Run!。本イベントはセットリストを投票で決定。イベント当日ランキング形式で発表。投票期間:2018年2月1日(木)12:00~2月28日(水)23:59※投票方法は後日、公式ホームページにて発表。チケットはオフィシャルHP1次先行を受付中。詳しくはこちら

 

 

 

■【ランガちゃん】Wake Up, Girls!新章から、WUGちゃんの妹新ユニット「Run Girls, Run!」(RGR/ランガ)お披露目!


速志歩役:林 鼓子(はやし ここ)さん、守島音芽役:森嶋 優花(もりしま ゆうか)さん、阿津木いつか役:厚木 那奈美(あつぎ ななみ)さん。公式サイトはこちら


TVアニメ『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』オープニングテーマ「スライドライド」MVが公開されています!

 

 

 

 

■Wake Up, Girls!メンバー紹介ページはこちら!


声優ユニット「Wake Up, Girls!(WUG)」メンバー紹介&最新情報。 http://www.manabeya-wug.com/entry/wug-member-news/

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

201408220849

Wake Up, Girls!(WUG)1stライブツアー「素人くさくてごめんね!」の東京昼公演に行ってきました。

簡単ですが、感想など。

演奏曲など、ネタバレしていますので注意してくださいね!

 

●     ●     ●

 

 

●     ●     ●

 

 

●     ●     ●

 

開始直前に、メンバー紹介の映像が流れるんですが、これ、めちゃくちゃワクワクしました!一人ひとりのお顔が大画面に出るたびに歓声が巻き起こり、最後の「Wake Up, Girls!」の文字が現れホールが大歓声に包まれるとき、すでに、メンバーは舞台上に現れていました。マジやばいです。やっぱ7人て人数なのがすごくいいと思う。

1曲目の「タチアガレ!」からめちゃくちゃ盛り上がって、2曲目の「7 Girls War」へとそのまま続き、もうすでに興奮状態。

タチアガレ!ほんと名曲すぎる。

7 Girls Warもミュージックビデオとは違う印象で、自分、どっちも大好きだな。

なんというか、めちゃくちゃロックなんですよね。

 

ホールだったからなのか音の広がりなどとてもいいと感じたし、キンキンするような不快な音の感じも全然なかったです。ややビリビリしてて、丸い音だったようにも感じたんですが、それも、ダンスホールのような雰囲気を醸し出してるような気もして、自分的には全然ありでした。

めちゃくちゃでかい音で大好きな音楽を聞けることなんてないので、ほんと、ワクワクしました。

 

いくつかの曲で、後方にアニメーション内キャラクターのライブ映像が流れ、そのアニメ映像をバックに全く一緒のダンスを現実のWUGが踊るという、涼宮ハルヒの激奏の映像でしかみたことがなかったものを、実際に見ることができて、これも、ほんとに感動しました。

リンクとかってすごいなって、改めて感じた次第です。

 

間に、ちょっとしたコーナーをはさみ、キャラソンへ。コーナーは林田藍里役の永野愛理さんが回す役をされていて、すごく合ってると思いました。バシバシ切り裂いていく感じで面白かったです。さすがシャークだなと思いました。永野さんの声も含め林田藍里さ加減が尋常ではなく、林田藍里がキャラ的にすごくいい方向に成長してるのがすごくうれしいんです。自分、WUGアニメめちゃくちゃ大好きなので。うぇいくあっぷがーるZOO!のシャーク林田さんも最高だし。ねんどろ発売して欲しいな。

 

あと、このコーナー時も思ったんですけど、菊間夏夜役の奥野香耶さんが合間合間に見せる仕草とか、すごくいいですよね。歌の時もそうですが、自然とそういう甘い?優しい?雰囲気になる感じがあって、なんというか、すごく安心できます。そのギャップで、時に無茶ぶりしたり、時に突拍子もない事をおっしゃったりして場を荒らす笑ところのセンスが光っててすごくいいなあと思いました。なんというかいい具合に、2面性が輝いてますよね。

 

大阪では、島田真夢と岡本未夕のキャラソンだったらしいのですが(CD買いましたがマジ最高です)、東京では、「歌と魚とハダシとわたし (片山実波キャラソン)」と「オオカミとピアノ (久海菜々美キャラソン)」でした。

ダンスの振付は個人個人で考えられているとのこと、それも相まって、お二人とも素晴らしいものでした。片山実波役田中美海さんも可愛らしい振り付けだったし、DATTEもよかった(着物?浴衣?を羽織られたとき、一瞬ハナヤマ的なあれをパーッとパーッと歌ってくださるのかと勘違いしました笑)。黒い部分笑も含め、人を楽しませることにすごく真面目な方なんだなと思いました。

 

久海菜々美役山下七海さんは画的に映える方だなあと思って見ていました。曲も自分の好みでめちゃくちゃよかった。遠くからでも、すごくインパクトのある、愛ある画を見せてくださる方なんだなと思いました。その場に居合わせたお客様のみなさんも全員、そう思ったんじゃないかと思います。それにこれ、技術者にとってもすごくうれしいことだったんじゃないかと思います。手を下にして足踏みするダンス?みたいなのが今も頭の中に残っております。

 

岡本未夕役の高木美佑さんが、アニメ内のメイド喫茶「メイドin仙台」で歌われていた、「太陽曰く燃えよカオス」を歌ってくださったんですが、めちゃくちゃよかったですよ!これまじで!普段のダンスとかもそうなんですが、タッパがあってめちゃくちゃ栄える。手足が長く振りも大きくて、実際の楽しさをこれでもかと伝えようと意識されているのも伝わってくるし、ホールの端から端まで笑顔で走り回り歌って下さって、すごく感激しました。最高です!

 

あぁ光塚歌劇団では、七瀬佳乃役青山吉能さんが娘役、島田真夢役吉岡茉祐さんが男役として、歌劇団さながらの舞台をみせてくださいました。ハモリもばっちりだったし、舞台好きなのでとても楽しかったです!

自分、七瀬佳乃役青山吉能さんの声大好きなんですよね。アニメで見せてくださる、あの艶のある湿っぽさとか、絶対生まれ持った何かだと思います。これからが楽しみですよね、ほんとに。ライブでの歌ソロの部分とか聞いてても、声だけでも感動させてくるもんだから、全く末恐ろしいです。今後沢山の場面で声が聞けるんじゃないかと思います。

 

島田真夢役吉岡茉祐さんが、ダンス中にジャンプされたり振りを大きくされているのが目に見えて分かりました。自分の殻を破ろうとされているのか、もがいているのか、すごく熱いものが伝わってきて、胸がいっぱいになりました。その時ライブを見ていた人には絶対全部ちゃんと伝わっていると思います。僕にもガンガン伝わってきました。だから、絶対に大丈夫だと僕は思います。

言の葉 青葉のソロ部分とかもほんとすごくよくて、それは日によって違うのかもしれませんが、いわゆるマイク・ブースの中じゃない訳で、僕にとってはそれがいいところでもあるし、僕はあの吉岡さんの声がすきなんですよね。作っていない、作ることの出来ない、ピュアな感じがして。それは絶対、誰にも真似できないものだと思います。

 

●     ●     ●

 

一番よかったのは何か、と聞かれたなら、ジェラでしょうか。めちゃくちゃかっこよかった!これは、多くの方が共感してくださるかもとも思います。ジェラめちゃくちゃかっこよくて、びっくりしました。どこかEDMぽい感じがあるんですね。

あと極上スマイルも聞けたし、大田さんコール入りの音源待っております!

16歳のアガペー、曲もダンスも大好きだ。エンタメとしての完成度がすげえ。

言の葉 青葉はほんとやばいんです。ミュージックビデオ見たことない人いたら、絶対見て欲しい。欲を言うなら、生ピアノで聞きたかった!ほんとに。でもいつか、生バンドでライブしてくださる日が来ると信じて、その時まで待ちたいと思います。

 

WUGは曲がほんと最高に良くて、1stアルバム的なの早く発売して欲しいです。

もちろん、Wake Up, Girls!の1stアルバムの名前は「Wake Up, Girls!」しかあり得ないですよね!

 

●     ●     ●

 

実は途中、シャツとブラウスという曲のオケ音が全く聞こえなくなったんです。急に、音が消えたんです。

でも、当然生ライブだからマイクは入っている。WUGメンバーみなさんの歌声だけが聞こえるわけです。当然一瞬空気が動揺し場の流れが途絶えそうになったんですけど、それでも、メンバーはステージで歌うことダンスすることをやめなかった。

すごい絶妙で、それしかないというぐらい最高の判断。

その場に居合わせたお客様達はみな、全力で手拍子をし伴奏を叫び一緒に歌い、互いの声だけで場をつないだ。

流れも途絶えなかったし、その後のリカバリーも素敵だったし、そこから一体感が増したのは確かだし、ほんとに感動もした。

あと、それに繋がるように先日、WUGアニサマ出演時、マイク故障により歌が聞こえないということもあったようです。

 

僕は、激おこプンプンWUGです!笑

いや、まあ感動しちゃったんですけどね…

 

1stライブのオケトラブルもアニサマのマイクトラブルも、僕も、すごくWUGぽいと思ったし、いつかアニメにも何らかの形でフィードバックされるかも知れないとも思いました。

でも伝説やドラマなんてのは結果論であって、体験する方が好意的に感じてくださって初めてそうなるんであって、提供する側からすればそんなもんただのクソみたいなミスであり、絶対あっちゃいけない機材トラブル。

WUGメンバーは、大舞台で、なんとか浮足立たず冷静に対処しようとしていたとの話を沢山見ました。

アニサマ最後オールキャストで歌う場面で、吉岡さんは独断で、大人に歌うように言われていたマイクを田中さんに渡したそうです。

田中さんもブログで、心配かけてすみません、との言葉を書かれています。

 

完璧にオケが出て、完璧なステージだったら、さらに舞台が締まって、次に繋がる素敵なものになっていたと思う。

マイクが入っていたら、もっとインパクトのある、もっとドラマチックな伝説的な舞台になっていたと思う。

僕は、ほんと悔しかったんです。

悔しい。

メンバーのみなさんも、スタッフのみなさんも同じだと思う。

今日の千秋楽仙台公演では、トラブルなく完璧な舞台が用意されているはず。

WUGの皆さんとワグナーの皆さんならトラブルなんてなくても、自然に最高の舞台になると思います。

今日一日、遠くから、ずっと応援しております。

 

それから、東京で一つ後悔していることがあるんです。

それは、ダブルアンコールをしなかったこと。

僕は、昼公演だったため、メンバーは夜公演もあるしな、とか親心的なことが頭をよぎってしまった。

それがいけなかった。メンバーがはけた後、WUGコールも起こっていたが、もう遅かった。

もし最高だと、もし本当に最高の舞台だったと思ったなら、メンバーを絶対に帰してはいけなかった。

ダブルアンコールであろうが、トリプルアンコールであろうが、終了の音声が流れようが、電気がつこうが、絶対に帰してはいけなかった。

それほどのものだったら、絶対に帰してはいけない。

もっと聞きたいんだと、もっともっとこの場にいたいんだと、ちゃんと訴えなきゃいけなかった。

ライブは、その時その場に居合わせた、メンバーとファンが作っていくのだ。

それは決して、大人や台本が作るものではないのだ。

 

●     ●     ●

 

もっと書きたいことがあったんですけど、とにかく一言で言えば、最高。

最高のライブでした。

開演10分前に文京シビックホールに着いたんですけど、無理していってほんとよかったです。めちゃくちゃ元気になれました。

Wake Up, Girls!のみなさん、関係者のみなさん、スタッフのみなさん、本当にありがとうございます。他では味わえない最高のライブでした。

また、絶対行きます。

アニメも楽しみにしております!

最高だ!!WUGちゃーん!!!