まなべやわぐ!

Wake Up, Girls!(WUG/ワグ)Run Girls, Run!(RGR/ランガ)熱烈応援中!

【WUG・ネタバレ注意】岡本未夕は、ずっとI-1clubに憧れていた。劇場版「WakeUp,Girls!七人のアイドル」の感想18

 

 

スポンサーリンク

 

 

Top News!

 

 

■Wake Up, Girls!新章2017年10月から放送開始!最新PV公開!



■テレビ東京:2017年10月9日(月)深夜2時05分から
■仙台放送:2017年10月10日(火)深夜2時から
■AT-X:2017年10月11日(水)深夜11時30分から
■熊本放送:2017年10月29日(日)深夜2時05分から
■2017年10月13日(金)深夜0時より、あにてれ・dアニメストア・アニメ放題/U-NEXT・JCOM+KDDI ほか随時配信スタート!

 

 

 

■WUG新章目前!アニメ「Wake Up, Girls!」の一挙配信と、WUGメンバーの実況放送が決定!未視聴の方、ぜひ!


WUG一挙放送情報
ニコニコチャンネル
■9月27日(水)18:00~ 「劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」,TVアニメ「Wake Up, Girls!」全12話一挙放送
■9月28日(木)20:00~ 「「Wake Up,Girls! 青春の影」&「Wake Up,Girls!Beyond the Bottom」上映会

■「WUGちゃんと一挙放送『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』を観よう! WUGちゃんねる!超特番
■WUGちゃんねる!は17時50分より配信を開始。一挙放送で18時00分より配信される劇場版『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』を視聴者の皆さんといっしょに観ながら、吉岡茉祐さん、山下七海さん、奥野香耶さんが実況。当日はぜひ2窓でご覧ください!!

 

 

 

■2017年12月10日(日)開場 12:00 開演 13:00 会場:幕張メッセ 国際展示場にてWUG大型イベント『Wake Up, Girls!Festa. 2017 TRINITY』通称「WUGフェス2017」開催決定!フルメンバー参戦!


■出演者:Wake Up, Girls!(吉岡茉祐さん、永野愛理さん、田中美海さん、青山吉能さん、山下七海さん、奥野香耶さん、高木美佑さん)I-1club(山本希望さん、加藤英美里さん、津田美波さん、福原香織さん、明坂聡美さん、安野希世乃さん、上田麗奈さん) ネクストストーム(大坪由佳さん、安済知佳さん、高野麻里佳さん、甘束まおさん)
■チケットなど詳細はWUG公式サイトへ!

 

 

 

■【ランガちゃん】Wake Up, Girls!新章から、WUGちゃんの妹新ユニット「Run Girls, Run!」(RGR/ランガ)お披露目!


速志歩役:林 鼓子(はやし ここ)さん、守島音芽役:森嶋 優花(もりしま ゆうか)さん、阿津木いつか役:厚木 那奈美(あつぎ ななみ)さん。公式サイトはこちら


Run Girls,Run!のデビュー曲。
「カケル×カケル(かけるかけるかける)」
作詞:只野菜摘さん
作曲:神前暁さん
編曲:広川恵一さん(MONACA)

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

WakeUpGirls! 【ネタバレ注意】それは多分、愛とか、そういった類(たぐい)のもので、だから名前に”あい”が付くのだろう。すべては、偶然ではないと思うのだ。劇場版「Wake Up, Girls!七人のアイドル」の感想 17 はこちら。

ここは、【ネタバレ注意】僕たちは幸せになるために生まれてきた。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 18 です。

【ネタバレ注意】丹下社長はスカウトすると同時に、この世界には沢山の道があることを暗に、いやここでは直接的にだが、七瀬佳乃に示したんだと僕は思う。劇場版「Wake Up, Girls!七人のアイドル」の感想 19 はこちら。

ネタバレしかしていませんので、ネタバレが気になる方は注意してください!

 

●     ●     ●

 

 

●     ●     ●

 

 

●     ●     ●

 

201408035002 201408034844 201408034819 201408034734 201408034632 201408034543 201408034426 201408034237 劇場版「Wake Up Girls! 七人のアイドル」本編映像より画像を引用させていただきました。

 

「お店、じぇったい来てくださいね!」

岡本未夕のスカウトシーン。

表情がくるくる変わり、動きも激しく、テンポが良くて、大好きな場面の連続。

先の島田真夢と林田藍里の描写からの変化も大きく、そこも面白い所。

 

岡本未夕は、その見た目といい動きといい声といい、非常に分かりやすい人物なんですけど、「仙台を出て、I-1clubのオーディションを受けたいが、どうしても上京の費用が貯まらない」としょっぱなから、ある意味で分かりにくく、だが、すごく重要なことを漏らしている。

岡本未夕回にも色々書きたいですが、ここで松田に自身がバイトをしているメイドin仙台のチラシをわたす所があり、僕は、そのメイドin仙台の描写が大好きなのだ。

メイド喫茶に行ったことないんですけど、何故か大好きなんです。

 

多分何となく、昔、出演させてもらっていた弾き語りバーのような、こじんまりしたライブハウスのような感じがするからかもしれません。当然ライブバーはもっともっと静かなんですけど、本当にあんな感じの店の雰囲気。

僕自身はいい関係性は生み出せなかったです。でも当然、それは僕の努力が足りなかっただけなんです。

 

岡本未夕は、メイドin仙台で日々、歌と踊りのキュンキュンステージを一日二回、ご主人様とカラオケをするドリームステージを一日一回こなし、お店ともお客様ともとてもいい関係を築いているように見える。

これは、本当にすごいことなのだ。

普通は客などいない。共演者しかいない。お客様0人なんてザラだ。数人いても友だちだけ、とかなのだ。

そして、いずれ友達は来れなくなる。

それを、岡本未夕はちゃんと知っているのだ。

 

後に、WUGが集客に苦心する際、菊間夏夜が「今度こそ友達に声をかけてみようかな」といった時、岡本未夕は「ダメですって。そういう小劇場のノルマ的なノリは。ちゃんとファンを増やしていかないと、ですよぅ」と語るのだ。

身に染みる痛いほどの超正論。

地に足がついている感が半端ない。

僕は、地に足がついている岡本未夕が大好きなのだ。

岡本未夕は、絶対に大物になる。

だから僕も、まことしやかに語られている、岡本未夕のI−1Club入りという道はあるかも知れないと思っているが、それは、また別の物語だ。

岡本未夕は、ずっとI−1Clubに憧れていた。その想いをどう昇華させるのだろうか。いや昇華ではない。もう、昇華させる必要などないのだ。もう手が届くかも知れない場所に、かつてずっと憧れていたものがあるのだ。

それがもし提示された時、岡本未夕はどうするだろう。

人間はそんなに簡単なものではないと、言えるだろうか。

簡単ではないからこそ、だとは言えないだろうか。

泣き虫だった岡本未夕が、涙を見せず決断する場面が想像できはしないだろうか。

そして、もう今後一切、泣かないかもしれない。

僕は、最終話に岡本未夕が島田真夢に試すように聞いた言葉が、今も忘れられない。

2期が必要な理由はここにもある。

 

話がそれてしまったが、だからこそ、岡本未夕は、ずっと応援してくれるファンを地道に地道に増やしていったのだろう。

事実、メイドin仙台時代、みゆファンだった中から大田組になりWUGファンになっている人もいるのだ。

しかし、それでも、やはり現実はなかなかうまく行くものではない。

 

そういう意味では、岡本未夕は応援される素質や才能のある人物でもあり、それは、可愛いとか愛嬌があるとか、もちろん、そういうこともそうなんだけど、僕には岡本未夕が生きている環境や境遇が根元にあって、それがそうさせているのではないか、と思ったりしています。

岡本未夕は自身に決定打がないと言い、時に恐ろしく冷静に自分や周りを観ていて、さらに、めちゃくちゃ疑り深いところもある。

それは、何故なのだろう。

それは、どうしても上京の費用が貯まらない、と言ったことと繋がっていると思う。

そして、そのすべては、11話に出てくる一枚の絵の中だけで語られるのだ。

 

●     ●     ●

 

 

●     ●     ●

 

 

●     ●     ●

 

【ネタバレ注意】それは多分、愛とか、そういった類(たぐい)のもので、だから名前に”あい”が付くのだろう。すべては、偶然ではないと思うのだ。劇場版「Wake Up, Girls!七人のアイドル」の感想 17 はこちら。

ここは、【ネタバレ注意】僕たちは幸せになるために生まれてきた。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 18 です。

【ネタバレ注意】丹下社長はスカウトすると同時に、この世界には沢山の道があることを暗に、いやここでは直接的にだが、七瀬佳乃に示したんだと僕は思う。劇場版「Wake Up, Girls!七人のアイドル」の感想 19 はこちら。

 

これは、「Wake Up, Girls!(WUG)とは何だったのか」という名で書き綴っている、現在進行形の感想の一部になります。そちらのページにも貼っていきますので、お時間のあるかたは是非! ↓ 【ネタバレ注意】希望のかけらと、その物語。Wake Up, Girls!(WUG)とは何だったのか。