読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まなべやわぐ!

Wake Up, Girls!(WUG)熱烈応援中!

【WUG・ネタバレ注意】それは多分、愛とかそういった類のもので、だから名前に”あい”が付くのだろう。劇場版「Wake Up, Girls!七人のアイドル」の感想17

 

 

スポンサーリンク

 

 

■「恋?で愛?で暴君です!」2017年5月24日(水)発売!MV40万再生突破中!


 

 

■Wake Up, Girls! 4th LIVE TOUR「ごめんねばっかり言ってごめんね!」開催決定。7箇所昼夜14公演。埼玉、広島初上陸。


2017年7月23日(日)大阪・なんばHatch
2017年8月5日(土)宮城・仙台サンプラザホール
2017年8月13日(日)埼玉・大宮ソニックシティ大ホール
2017年8月20日(日)福岡・DRUM LOGOS
2017年9月3日(日)沖縄・ミュージックタウン音市場
2017年9月10日(日)広島・BLUE LIVE HIROSHIMA
2017年9月16日(土)東京・Zepp Tokyo

【チケット販売スケジュール】
・各プレイガイド&ANiUTa会員限定チケット先行抽選予約受付中!
・5月2日(火)18:00~5月14日(日)23:59まで
・詳細:http://wug-portal.jp/event/detail.php?id=1001236
※先着順ではございません。当落は受付期間終了後、抽選にて 決定させて頂きます。

 

 

■2017/5/26(金)「舞台 Wake Up, Girls! 青葉の記録」BD発売!


 

 

■2017/6/30(金)アメリカ・ロサンゼルスMicrosoftTheaterにて開催 のイベント【Anisong World Matsuri at Anime Expo 2017】に、Wake Up, Girls!の出演が決定!ワルキューレさん、Aqoursさん、アイドルマスターシンデレラガールズさんなど豪華出演予定!


http://wug-portal.jp/news/detail.php?id=1048857
http://www.anime-expo.org/anisong-world-matsuri-2017/

 

 

■2017/8/27(日)「Animelo Summer Live 2017 -THE CARD-」 に、Wake Up, Girls!の出演決定!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

WakeUpGirls!

【ネタバレ注意】林田藍里は、そんな島田真夢の笑顔が見たくて、そんな島田真夢を元気づけたくて、オーディションを受ける決意をする。劇場版「Wake Up, Girls!七人のアイドル」の感想 16 はこちら。

ここは、【ネタバレ注意】僕たちは幸せになるために生まれてきた。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 17 です。

【ネタバレ注意】岡本未夕は、ずっとI−1Clubに憧れていた。その想いをどう昇華させるのだろうか。それがもし提示された時、岡本未夕はどうするのだろうか。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 18 はこちら。

ネタバレしかしていませんので、ネタバレが気になる方は注意してください!

 

●     ●     ●

 

 

●     ●     ●

 

 

●     ●     ●

 

201408010003 劇場版「Wake Up Girls! 七人のアイドル」本編映像より画像を引用させていただきました。

 

人物としてもアイドルとしても、島田真夢と林田藍里の二人の対比がすごく面白い。

林田藍里は、オーディションを受けようと思うようなアイドルに興味がある人物だということが分かるし、だからこそ、元I-1Clubセンターの島田真夢のことも当然知っていたはず。

林田藍里がオーディションを受けようと思った理由に、島田真夢の笑顔がみたいから、島田真夢を元気付けたいから、というものがある。だからこのあとも、おせっかいのように、島田真夢をWUGに引き入れようと苦心するのだ。

林田藍里は、島田真夢が大好きなんだろう。

ただ、それだけなんだろう。

そうなのだ、そこが林田藍里のすごいところだ。

しかしその想いのある一面が、後になって島田真夢を、WUGメンバーを、そして、自分自身をも苦しめることになる。

それは本来、重いものだ。

林田藍里に限らず、誰もがうまく扱えないものかも知れない。

 

島田真夢と林田藍里が仲良くなるきっかけを作ったのは、小説版にも詳しいが、それが、妙に、なるほどと思える。

全然違う場所で同じ言葉、キーワードを言っていたり、何かこの二人には共通するものがあるのかもしれない。

僕は、上にも書いたが、林田藍里の島田真夢を惹きつける力というものが、松田マネージャーがつい声をかけてしまったものと同じように思え、それは、早坂が気がついた何かであり、丹下社長がビンビンに感じる可能性の根源で、しかも、本人が全く気がついてないという所にもまた超天才的な、母性のような何かを感じる。

それは、多分、愛とか、そういった類(たぐい)のもので、だから、名前に"あい"が付くのだろう。

声優さんも含め、すべては、偶然ではないと僕は思うのだ。

運命的なこと、言い変えれば、仕組まれているのかもしれないことは、この後にも、いくつも重なり存在し、それらと共に物語は進んで行くこととなる。

 

●     ●     ●

 

 

●     ●     ●

 

 

●     ●     ●

 

【ネタバレ注意】林田藍里は、そんな島田真夢の笑顔が見たくて、そんな島田真夢を元気づけたくて、オーディションを受ける決意をする。劇場版「Wake Up, Girls!七人のアイドル」の感想 16 はこちら。

ここは、【ネタバレ注意】僕たちは幸せになるために生まれてきた。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 17 です。

【ネタバレ注意】岡本未夕は、ずっとI−1Clubに憧れていた。その想いをどう昇華させるのだろうか。それがもし提示された時、岡本未夕はどうするのだろうか。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 18 はこちら。

 

これは、「Wake Up, Girls!(WUG)とは何だったのか」という名で書き綴っている、現在進行形の感想の一部になります。そちらのページにも貼っていきますので、お時間のあるかたは是非! ↓ 【ネタバレ注意】希望のかけらと、その物語。Wake Up, Girls!(WUG)とは何だったのか。