まなべやわぐ!

Wake Up, Girls!(WUG/ワグ)Run Girls, Run!(RGR/ランガ)熱烈応援中!

【WUG・ネタバレ注意】林田藍里は、オーディションを受ける決意をする。劇場版「Wake Up, Girls!七人のアイドル」の感想16

 

 

スポンサーリンク

 

 

Top News!

 

 

■2017/8/9(水)May'nさんとWUGのコラボ、Wake Up, May'n始動!「TVアニメ「異世界食堂」オープニングテーマ『One In A Billion』発売中!


 

 

■Wake Up, Girls! 4th LIVE TOUR「ごめんねばっかり言ってごめんね!」開催決定。7箇所昼夜14公演。埼玉、広島初上陸。チケット発売中!


2017年7月23日(日)大阪・なんばHatch 終了!
2017年8月5日(土)宮城・仙台サンプラザホール 終了!
2017年8月13日(日)埼玉・大宮ソニックシティ大ホール 終了!
2017年8月20日(日)福岡・DRUM LOGOS
2017年9月3日(日)沖縄・ミュージックタウン音市場
2017年9月10日(日)広島・BLUE LIVE HIROSHIMA
2017年9月16日(土)東京・Zepp Tokyo

【チケット販売スケジュール】
・現在、一般発売中!
・詳細:http://wug-portal.jp/event/detail.php?id=1001236

 

 

■【ランガちゃん】Wake Up, Girls!新章から、WUGちゃんの妹新ユニット「Run Girls, Run!」(RGR/ランガ)お披露目!


立ち位置中央:林 鼓子(はやし ここ)さん、向かって右:森嶋 優花(もりしま ゆうか)さん、向かって左:厚木 那奈美(あつぎ ななみ)さん。公式サイトはこちら

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

WakeUpGirls!

【ネタバレ注意】菊間夏夜は、ある意味で、今もひとりぼっちだ。いつか、誰かが、菊間夏夜を完全に救わなければならない。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 15 はこちら。

ここは、【ネタバレ注意】僕たちは幸せになるために生まれてきた。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 16 です。

【ネタバレ注意】それは多分、愛とか、そういった類(たぐい)のもので、だから名前に”あい”が付くのだろう。すべては、偶然ではないと思うのだ。劇場版「Wake Up, Girls!七人のアイドル」の感想 17 はこちら。

ネタバレしかしていませんので、ネタバレが気になる方は注意してください!

 

●     ●     ●

 

 

●     ●     ●

 

 

●     ●     ●

 

201408010001 劇場版「Wake Up Girls! 七人のアイドル」本編映像より画像を引用させていただきました。

 

そして、シーンは休憩時間と思われる、教室内へ。

先ほど、天ぱりで松田が読んでいたタウン誌の、オーディションの記事を、林田藍里が読んでいる。

そこに、島田真夢が、クラスの目立つグループと思われる人間に、守ってあげるから色々教えて、と迫られるも、島田真夢はこれを無視。

そんな、死んだ言葉をいままで何百回何千回と聞いてきたのだろう、島田真夢には全く届かない。

この世界には、必死で生きようとする人間にも容赦なく、死んだ言葉を投げかける人間が多すぎるのだ。

内側の人間は、外側の人間がずっと目に焼き付けてきた景色が見えていない。

内側から、安全な場所から、すべてを分かったように、簡単に、踏みにじる。

マモッテアゲルカラマモッテアゲルカラマモッテアゲルカラ

それが、現実だ。

 

忘れもしない入学式の日。

林田藍里は、教室に入ってきた黒髪の美少女が元I-1clubの島田真夢だとすぐに気が付いた。いや、クラスの誰もが気が付いただろう。

入学式の日、教室に入ってきたその日から、そんな島田真夢のことが気になっていた林田藍里。

林田藍里は、後にあることがきっかけで仲良くなったそんな島田真夢の笑顔が見たくて、そんな島田真夢を元気づけたくて、WUGオーディションを受ける決意をする。

 

この辺りのシーンは、漫画版や小説版にも詳しく、また、現実の声優ユニットであるWUG「7 Girls War」のミュージックビデオにも、いくつか重なるところ。漫画版や小説版も「7 Girls War」のミュージックビデオも本当に素晴らしいので全員、絶対に観るべき。

余談ですが、個人的に、Wake Up, Girls!は曲ごとのセンター交代制だったらいいなって思っています。でも、今でも曲の中でセンターがめまぐるしく変わるダンスで、それがとても素晴らしいなって思ってます。それって、多くても少なくてもダメで、7人という人数だからこそ出来ることだと思うし、まさに、WUGの7人だからこそできることだとも思うし。

僕は、7人という人数自体も、WUG7人のみなさんも、偶然ではなく運命的なものなんだと感じています。

 

●     ●     ●

 

 

●     ●     ●

 

 

●     ●     ●

 

【ネタバレ注意】菊間夏夜は、ある意味で、今もひとりぼっちだ。いつか、誰かが、菊間夏夜を完全に救わなければならない。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 15 はこちら。

ここは、【ネタバレ注意】僕たちは幸せになるために生まれてきた。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 16 です。

【ネタバレ注意】それは多分、愛とか、そういった類(たぐい)のもので、だから名前に”あい”が付くのだろう。すべては、偶然ではないと思うのだ。劇場版「Wake Up, Girls!七人のアイドル」の感想 17 はこちら。

 

これは、「Wake Up, Girls!(WUG)とは何だったのか」という名で書き綴っている、現在進行形の感想の一部になります。そちらのページにも貼っていきますので、お時間のあるかたは是非! ↓ 【ネタバレ注意】希望のかけらと、その物語。Wake Up, Girls!(WUG)とは何だったのか。