まなべやわぐ!

Wake Up, Girls!(WUG)熱烈応援中!

【WUG・ネタバレ注意】菊間夏夜は、今もひとりぼっちだ。劇場版「WakeUp,Girls!七人のアイドル」の感想15

 

 

スポンサーリンク

 

 

Top News!

 

■「恋?で愛?で暴君です!」発売中!MV72万再生突破中!


 

 

■Wake Up, Girls! 4th LIVE TOUR「ごめんねばっかり言ってごめんね!」開催決定。7箇所昼夜14公演。埼玉、広島初上陸。チケット発売中!


2017年7月23日(日)大阪・なんばHatch
2017年8月5日(土)宮城・仙台サンプラザホール
2017年8月13日(日)埼玉・大宮ソニックシティ大ホール
2017年8月20日(日)福岡・DRUM LOGOS
2017年9月3日(日)沖縄・ミュージックタウン音市場
2017年9月10日(日)広島・BLUE LIVE HIROSHIMA
2017年9月16日(土)東京・Zepp Tokyo

【チケット販売スケジュール】
・現在、一般発売中!
・詳細:http://wug-portal.jp/event/detail.php?id=1001236

 

 

■2017/6/30(金)アメリカ・ロサンゼルスMicrosoftTheaterにて開催 のイベント【Anisong World Matsuri at Anime Expo 2017】に、Wake Up, Girls!の出演が決定!ワルキューレさん、Aqoursさん、アイドルマスターシンデレラガールズさんなど豪華出演予定!


http://wug-portal.jp/news/detail.php?id=1048857
http://www.anime-expo.org/anisong-world-matsuri-2017/

 

 

■2017年7月19日(水)Wake Up, Girls!3rd LIVE TOUR「あっちこっち行くけどごめんね!」BD発売!千秋楽の夜の部公演(生バンド日)を収録予定。

 

 

■2017年7月22日(土)上海で開催される「BiliBili World 2017」に、三森すずこさん、Aqoursさん、妄想キャリブレーションさん、Wake Up, Girls!が出演決定!

 

 

■2017年7月30日(日)2017年公開予定のTVアニメ「Wake Up, Girls!新章」に先立ち、オーディションで選出された新キャスト及び新キャラクターをWonder Festival2017Summerにてお披露目開催決定!


出演者:板垣伸監督、神前暁さん(MONACA)、田中秀和さん(MONACA)、広川恵一さん(MONACA)、司会:安野希世乃さん(小早川ティナ役)。朝から朝まで生ワンホビテレビ22 昼の部のニコニコ生放送/LINE LIVEでの生放送あり。詳細はこちらチケットはこちら

 

 

■2017/8/9(水)May'nさんとWUGのコラボ、Wake Up, May'n始動!「TVアニメ「異世界食堂」オープニングテーマ『One In A Billion』発売決定!

 

 

■2017/8/27(日)「Animelo Summer Live 2017 -THE CARD-」3日目に、Wake Up, Girls!の出演決定!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

WakeUpGirls!

【ネタバレ注意】林田藍里は島田真夢に衝撃を与えるような、本当の才能とはなんなのかを自問させるような関係になったりするんじゃないだろうか。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 14 はこちら。

ここは、【ネタバレ注意】僕たちは幸せになるために生まれてきた。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 15 です。

【ネタバレ注意】林田藍里は、そんな島田真夢の笑顔が見たくて、そんな島田真夢を元気づけたくて、オーディションを受ける決意をする。劇場版「Wake Up, Girls!七人のアイドル」の感想 16 はこちら。

ネタバレしかしていませんので、ネタバレが気になる方は注意してください!

 

●     ●     ●

 

 

●     ●     ●

 

 

●     ●     ●

 

201407300001 劇場版「Wake Up Girls! 七人のアイドル」本編映像より画像を引用させていただきました。

 

続く、ラーメン屋さん「餃子の天ぱり」さん(仙台に実在している)で、松田マネージャーが仙台のタウン誌を見ているシーンへ。

そこに、丹下社長と松田さんの事務所「グリーンリーブス」が出したアイドルオーディション告知の記事が小さく載っている。

そのタウン誌の表紙を飾るのは、七瀬佳乃。

そのラーメン屋でバイトをしているのは、菊間夏夜。

そこのテレビに映るのは、未知ノ国守ダッチャー。

ダッチャーは、真空笹鎌魔空切の真っ最中。

 

松田マネージャーは、菊間夏夜をスカウト?するも、怪訝そうな顔をされるだけ。

しかし、菊間夏夜はのちにオーディションに応募、WUGのメンバーとなる。

菊間夏夜は、時が動くのを待っていたのだろうか。

それとも、自分から動かないといけないと思ったのだろうか。

それとも。

それは、のちに菊間夏夜自身の口から語られることになるが、それでもまだ、何もかもすべてを語ってくれた訳ではないような気がしています。

 

菊間夏夜は、ずっと一人ぼっちだった。

自分以外を一人ぼっちにさせたくないという想いからか、いつもWUGメンバーの背中を押し続け支え続けているのかも知れない。

最終話、ジャンプ後の七瀬佳乃を支えたのも菊間夏夜だった。その後ろには、誰もいない。そう、もう誰もいないのだ。

 

菊間夏夜は、今もひとりぼっちだ。

いつか誰かが、菊間夏夜を完全に救わなければならない。そして、それが出来るのは、今を生きるものだけだ。

頑張りたくても頑張れない人の為に何かを頑張る、と菊間夏夜は言った。

菊間夏夜は、背負いすぎている。頑張りすぎている。

菊間夏夜の為に、僕たちが出来ることは残されているだろうか。分からない。分からないが、その何かは、菊間夏夜の為にこそあるべきだと僕は思う。

今日という日は、あなたの為にこそあるべきだと僕は思う。

 

●     ●     ●

 

 

●     ●     ●

 

 

●     ●     ●

 

【ネタバレ注意】林田藍里は島田真夢に衝撃を与えるような、本当の才能とはなんなのかを自問させるような関係になったりするんじゃないだろうか。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 14 はこちら。

ここは、【ネタバレ注意】僕たちは幸せになるために生まれてきた。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 15 です。

【ネタバレ注意】林田藍里は、そんな島田真夢の笑顔が見たくて、そんな島田真夢を元気づけたくて、オーディションを受ける決意をする。劇場版「Wake Up, Girls!七人のアイドル」の感想 16 はこちら。

 

これは、「Wake Up, Girls!(WUG)とは何だったのか」という名で書き綴っている、現在進行形の感想の一部になります。そちらのページにも貼っていきますので、お時間のあるかたは是非! ↓ 【ネタバレ注意】希望のかけらと、その物語。Wake Up, Girls!(WUG)とは何だったのか。