まなべやわぐ!

Wake Up, Girls!(WUG/ワグ)Run Girls, Run!(RGR/ランガ)熱烈応援中!

【WUG・ネタバレ注意】いつか林田藍里は島田真夢に衝撃を与える。劇場版「WakeUp,Girls!七人のアイドル」の感想14

 

 

スポンサーリンク

 

 

Top News!

 

 

■Wake Up, Girls!新章2017年10月から放送開始!最新PV公開!



■テレビ東京:2017年10月9日(月)深夜2時5分から
■仙台放送:2017年10月10日(火)深夜2時から
■AT-X:2017年10月11日(水)深夜11時30分から
■2017年10月13日(金)深夜0時より、あにてれ・dアニメストア・アニメ放題/U-NEXT・JCOM+KDDI ほか随時配信スタート!

 

 

 

■アニメ「Wake Up, Girls!」の一挙配信と、WUGメンバーの実況放送が決定!


一挙放送情報
ニコニコチャンネル
■9月27日(水)18:00~ Wake Up, Girls! 七人のアイドル / Wake Up, Girls!
■9月28日(木)20:00~ Wake Up, Girls! 青春の影 / Wake Up,Girls!Beyond the Bottom

■「WUGちゃんと一挙放送『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』を観よう! WUGちゃんねる!超特番
■WUGちゃんねる!は17時50分より配信を開始。一挙放送で18時00分より配信される劇場版『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』を視聴者の皆さんといっしょに観ながら、吉岡茉祐さん、山下七海さん、奥野香耶さんが実況。当日はぜひ2窓でご覧ください!!

 

 

 

■2017年12月10日(日)開場 12:00 開演 13:00 会場:幕張メッセ 国際展示場にてWUG大型イベント『Wake Up, Girls!Festa. 2017 TRINITY』通称「WUGフェス2017」開催決定!フルメンバー参戦!


■出演者:Wake Up, Girls!(吉岡茉祐さん、永野愛理さん、田中美海さん、青山吉能さん、山下七海さん、奥野香耶さん、高木美佑さん)I-1club(山本希望さん、加藤英美里さん、津田美波さん、福原香織さん、明坂聡美さん、安野希世乃さん、上田麗奈さん) ネクストストーム(大坪由佳さん、安済知佳さん、高野麻里佳さん、甘束まおさん)
■チケットなど詳細はWUG公式サイトへ!

 

 

 

■【ランガちゃん】Wake Up, Girls!新章から、WUGちゃんの妹新ユニット「Run Girls, Run!」(RGR/ランガ)お披露目!


立ち位置中央:林 鼓子(はやし ここ)さん、向かって右:森嶋 優花(もりしま ゆうか)さん、向かって左:厚木 那奈美(あつぎ ななみ)さん。公式サイトはこちら

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

WakeUpGirls! 【ネタバレ注意】I-1clubが画面に映るや否や丹下社長は、金の匂いがするという独自の臭覚で、地元仙台でのアイドル結成を決める。劇場版「Wake Up, Girls!七人のアイドル」の感想 13 はこちら。

ここは、【ネタバレ注意】僕たちは幸せになるために生まれてきた。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 14 です。

【ネタバレ注意】菊間夏夜は、ある意味で、今もひとりぼっちだ。いつか、誰かが、菊間夏夜を完全に救わなければならない。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 15 はこちら。

ネタバレしかしていませんので、ネタバレが気になる方は注意してください!

 

●     ●     ●

 

 

●     ●     ●

 

 

●     ●     ●

 

201407260006 劇場版「Wake Up Girls! 七人のアイドル」本編映像より画像を引用させていただきました。

仙台でアイドルを作るため、丹下社長の命で松田マネージャーが初めてスカウトにて声を掛けるのは、林田藍里。

松田は、高校生の3人組に声をかけるが、そこに、林田藍里が存在する。

 

林田藍里回にも書きたいですが、この、林田藍里に初めて声を掛けるということが、自分の中ですごく気になってて、実は、林田藍里は島田真夢にも匹敵しうるほどの、いや、それをも超えるほどのアイドル力(白木が独自の指標にしている)を持っている人物なのではないかと思っています。

そう思う理由が三つあって、一つ目は、松田が一番初めに声をかけたこと。

二つ目は、早坂の異常なまでの執着。切るならすぐに切ればいいだけなのに、そうはせず、眠れる獅子ならぬ眠れる鮫を起こそうとしたように見えること。

三つ目は、小説版で、島田真夢がI-1Clubオーディション時、白木に言った言葉と、林田藍里がアイドルとはと聞かれて答えた言葉が一緒だったこと。

 

林田藍里は、努力家で自分を押さえ込んでいる分、覚醒したときの力が半端ないんじゃないかと思っています。自分でそれに全く気がついていないからこそ、それが自然に出来る人物のような気がしています。だから、いつか、島田真夢に衝撃を与えるような、本当の才能とはなんなのかを自問させるような関係になったりするんじゃないかと、今から勝手にハラハラ?したりしています。

事実、漫画版で松田はラーメン屋外にいる林田藍里をみて、可愛い子はいる、、と漏らしている。

松田のような一般の人たち、本当に一般的な人々にパッと見で受け入れられる、やわらかくて優しい雰囲気を持っている林田藍里は、ある意味で、とても強いんじゃないかと僕は思ったりもしています。

 

●     ●     ●

 

 

●     ●     ●

 

 

●     ●     ●

 

【ネタバレ注意】I-1clubが画面に映るや否や丹下社長は、金の匂いがするという独自の臭覚で、地元仙台でのアイドル結成を決める。劇場版「Wake Up, Girls!七人のアイドル」の感想 13 はこちら。

ここは、【ネタバレ注意】僕たちは幸せになるために生まれてきた。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 14 です。

【ネタバレ注意】菊間夏夜は、ある意味で、今もひとりぼっちだ。いつか、誰かが、菊間夏夜を完全に救わなければならない。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 15 はこちら。

 

これは、「Wake Up, Girls!(WUG)とは何だったのか」という名で書き綴っている、現在進行形の感想の一部になります。そちらのページにも貼っていきますので、お時間のあるかたは是非! ↓ 【ネタバレ注意】希望のかけらと、その物語。Wake Up, Girls!(WUG)とは何だったのか。