まなべやわぐ!

Wake Up, Girls!(WUG/ワグ)Run Girls, Run!(RGR/ランガ)熱烈応援中!

【WUG・ネタバレ注意】そう、映画が始まって最初に写るはっきりとした人物。大田邦良はここでも愛されている。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想11

 

 

スポンサーリンク

 

 

Top News!

 

 

■Wake Up, Girls!新章2017年10月から放送開始!最新PV公開!



■テレビ東京:2017年10月9日(月)26時05分から
■仙台放送:2017年10月10日(火)26時から
■AT-X:2017年10月11日(水)23時30分から
■熊本放送:2017年10月29日(日)26時05分から
■2017年10月13日(金)深夜0時より、あにてれ・dアニメストア・アニメ放題/U-NEXT・JCOM+KDDI ほか随時配信スタート!

 

 

 

■Wake Up, Girls!新章ニコニコ動画で最新話1週間無料配信中!第1話はずっと無料!


 

 

 

■TUNAGO/Wake Up, Girls!MV公開


4thライブツアーのテーマ曲にもなっていた「TUNAGO」のMVが公開されました。東北6県への想いから「TSUNAGO」ではなく「TUNAGO」という6文字のタイトルに。また、振り付けは宮城県出身のメンバー永野愛理さんが担当、センターは岩手県出身のメンバー奥野香耶さんが担当されています。全七人のメンバーが宮城県の様々な場所を訪れ、それぞれを"繋ぐ"映像となっています。

 

 

 

■2017年12月10日(日)開場 12:00 開演 13:00 会場:幕張メッセ 国際展示場にてWUG大型イベント『Wake Up, Girls!Festa. 2017 TRINITY』通称「WUGフェス2017」開催決定!フルメンバー参戦!


■出演者:Wake Up, Girls!(吉岡茉祐さん、永野愛理さん、田中美海さん、青山吉能さん、山下七海さん、奥野香耶さん、高木美佑さん)I-1club(山本希望さん、加藤英美里さん、津田美波さん、福原香織さん、明坂聡美さん、安野希世乃さん、上田麗奈さん) ネクストストーム(大坪由佳さん、安済知佳さん、高野麻里佳さん、甘束まおさん)
■チケットなど詳細はWUG公式サイトへ!

 

 

 

■【ランガちゃん】Wake Up, Girls!新章から、WUGちゃんの妹新ユニット「Run Girls, Run!」(RGR/ランガ)お披露目!


速志歩役:林 鼓子(はやし ここ)さん、守島音芽役:森嶋 優花(もりしま ゆうか)さん、阿津木いつか役:厚木 那奈美(あつぎ ななみ)さん。公式サイトはこちら


Run Girls,Run!のデビュー曲。
「カケル×カケル(かけるかけるかける)」
作詞:只野菜摘さん
作曲:神前暁さん
編曲:広川恵一さん(MONACA)

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

WakeUpGirls!

対峙した七瀬佳乃(ななせよしの)は、答えを求めるも、自身に対する答えを用意することが出来ず、ただ立ち尽くすのみだった。 :【ネタバレ注意】劇場版「Wake Up, Girls!(WUG)七人のアイドル」の感想 10 はこちら。

ここは、【ネタバレ注意】劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 11【WUG】 です。

【ネタバレ注意】最終話での七瀬佳乃の行動は、誰よりも激しかったのだろうか、誰よりも美しかったのだろうか、そして、誰よりも正確だったのだろうか。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 12【WUG】 はこちら。

ネタバレしかしていませんので、ネタバレが気になる方は注意してください!

 

●     ●     ●

 

 

●     ●     ●

 

 

●     ●     ●

 

劇場版の冒頭、主人公の島田真夢が語る。

「誰かを幸せにするということ、それには三つのタイプがあると思う。世の中の多くの人を幸せにできる人。自分の周りの身近な人を幸せにできる人。それと、自分を幸せに出来る人。」

劇場版から続く、WUG第1期の物語は、自分を幸せにしようと翻弄する人たちの物語だと、僕は思う。

第2期、第3期があるのなら、それぞれ、第2期は、自分の周りの身近な人を幸せにしようとする人たちの物語、第3期は、世の中の多くの人を幸せにする人たちの物語になるのかもしれない。

 

●     ●     ●

 

201407260002 劇場版「Wake Up Girls! 七人のアイドル」本編映像より画像を引用させていただきました。

仙台のビルに大型ビジョンがあり、I-1Clubのライブ前映像が映し出されている。

山本監督もおっしゃっておられたが、これはやっぱり、"壁"だということなんだと思う。

このあとも、いくつかの場面で象徴的に出てくるシーン。

見上げるほどの、高すぎる壁。

 

そして、数えきれないほどの多くの客、それを下から眺める大田邦良と、駅前を歩く人々。

そう、映画が始まって最初に写るはっきりとした人物。

あれは、多分、大田だろう。大田はここでも愛されている。

WUGという物語での、大田邦良の描き方をみるにつれ、制作陣はファンも物語そのものであり、それよりも何よりもまず、ファンありきなんだということを表現しているのかな、と感じていました。

それは、Wake Up, Girls!というアニメを見ている僕たちも物語そのものなのではないか、と。

 

もしかすると、大田自身は今、幸せなのかもしれない。だからこそ、次は周りの身近な人を幸せに出来うる人という事なのかもしれない。それが以後、自然と仲間を呼び、自身の生活そのものを信じていくことに繋がっているのかもしれない。

あと、ここでのI-1Clubの多くの客と、のちにWUGの最初のファンとなる大田、という対比もすごく効いている。

そして、これは後に、I-1Clubが写る大型ビジョンを、下から眺める島田真夢にも繋がっているのだろう。

 

壁は高く、どこまでも続いている。

それを見上げるWake Up, Girls!と、それを同じように見上げるファン、そして、その物語を見る、現実の僕たち自身の物語も始まるのだ。

そう、Wake Up, Girls!の舞台仙台も、劇中登場しているお店や建物も、そして、Wake Up, Girls!の7人自身も、現実に存在している。

WUGは、舞台が、物語が、その感情が、現実世界にまで拡張するよう作られているのだ。

 

●     ●     ●

 

 

●     ●     ●

 

 

●     ●     ●

 

対峙した七瀬佳乃(ななせよしの)は、答えを求めるも、自身に対する答えを用意することが出来ず、ただ立ち尽くすのみだった。 :【ネタバレ注意】劇場版「Wake Up, Girls!(WUG)七人のアイドル」の感想 10 はこちら。

ここは、【ネタバレ注意】劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 11【WUG】 です。

【ネタバレ注意】最終話での七瀬佳乃の行動は、誰よりも激しかったのだろうか、誰よりも美しかったのだろうか、そして、誰よりも正確だったのだろうか。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 12【WUG】 はこちら。

 

これは、「Wake Up, Girls!(WUG)とは何だったのか」という名で書き綴っている、現在進行形の感想の一部になります。そちらのページにも貼っていきますので、お時間のあるかたは是非! ↓ 【ネタバレ注意】希望のかけらと、その物語。Wake Up, Girls!(WUG)とは何だったのか。