まなべやわぐ!

Wake Up, Girls!(WUG/ワグ)Run Girls, Run!(RGR/ランガ)熱烈応援中!

【WUG】I-1club「シャツとブラウス」勝手にライナーノーツ。WakeUp,BEST!アルバム発売記念!

 

 

スポンサーリンク

 

 

Top News!

 

 

■Wake Up, Girls!新章2017年10月から放送開始!最新PV公開!



■テレビ東京:2017年10月9日(月)26時05分から
■仙台放送:2017年10月10日(火)26時から
■AT-X:2017年10月11日(水)23時30分から
■熊本放送:2017年10月29日(日)26時05分から
■2017年10月13日(金)深夜0時より、あにてれ・dアニメストア・アニメ放題/U-NEXT・JCOM+KDDI ほか随時配信スタート!

 

 

 

■Wake Up, Girls!新章ニコニコ動画で最新話1週間無料配信中!第1話はずっと無料!


 

 

 

■TUNAGO/Wake Up, Girls!MV公開


4thライブツアーのテーマ曲にもなっていた「TUNAGO」のMVが公開されました。東北6県への想いから「TSUNAGO」ではなく「TUNAGO」という6文字のタイトルに。また、振り付けは宮城県出身のメンバー永野愛理さんが担当、センターは岩手県出身のメンバー奥野香耶さんが担当されています。全七人のメンバーが宮城県の様々な場所を訪れ、それぞれを"繋ぐ"映像となっています。

 

 

 

■2017年12月10日(日)開場 12:00 開演 13:00 会場:幕張メッセ 国際展示場にてWUG大型イベント『Wake Up, Girls!Festa. 2017 TRINITY』通称「WUGフェス2017」開催決定!フルメンバー参戦!


■出演者:Wake Up, Girls!(吉岡茉祐さん、永野愛理さん、田中美海さん、青山吉能さん、山下七海さん、奥野香耶さん、高木美佑さん)I-1club(山本希望さん、加藤英美里さん、津田美波さん、福原香織さん、明坂聡美さん、安野希世乃さん、上田麗奈さん) ネクストストーム(大坪由佳さん、安済知佳さん、高野麻里佳さん、甘束まおさん)
■チケットなど詳細はWUG公式サイトへ!

 

 

 

■【ランガちゃん】Wake Up, Girls!新章から、WUGちゃんの妹新ユニット「Run Girls, Run!」(RGR/ランガ)お披露目!


速志歩役:林 鼓子(はやし ここ)さん、守島音芽役:森嶋 優花(もりしま ゆうか)さん、阿津木いつか役:厚木 那奈美(あつぎ ななみ)さん。公式サイトはこちら


Run Girls,Run!のデビュー曲。
「カケル×カケル(かけるかけるかける)」
作詞:只野菜摘さん
作曲:神前暁さん
編曲:広川恵一さん(MONACA)

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

WUG

 

2015年3月18日に、アニメ「Wake Up,Girls!」の楽曲を収録したベストアルバム「Wake Up,BEST!」が発売されました!

公式より試聴用音源などもアップされ盛り上がっておりますので、まなべやでも勝手にライナーノーツと題し、楽曲について、まさに、勝手にある事ない事色々書いていきたいと思います!

 

 

I-1club「シャツとブラウス」

 

Wake Up,BEST!アルバムの1曲目は、I-1clubが歌う「シャツとブラウス」。

作詞は只野菜摘さん、作曲編曲は広川恵一さん(MONACA)。

 

シャツとブラウスは、アニメ「Wake Up,Girls!(ウェイクアップガールズ)」劇中で、圧倒的トップアイドルグループとして登場した「I-1club(アイワンクラブ)」の6枚目?のシングルとして発売されました。

劇中の発売日は、2013年1月。

6枚目?と書いたのは、I-1clubの5枚目のシングルの有り体が、いまだ、はっきりしていないからです。

 

同日発売された、2つの5枚目のシングル。

その5枚目のシングルの所在は、当時のI-1club自体が2チームに分かれることから始まります。

元I-1clubセンターの島田真夢(しまだまゆ:愛称まゆしぃ)率いる「I-1club」と、現I-1clubセンターの岩崎志保(いわさきしほ:愛称しほっち)率いる「チームしほっち」とに分かれ、その5枚目のシングルを同日リリースしセールスを競うという事に。

これは、I-1clubを取り仕切る白木ゼネラルマネージャーが仕向けたもの。

このシングルは曲名すら現在まで明らかにされておらず、両チームとも同じ曲だったのか、違う曲だったのか、など、いまだ何一つ明らかにされていないと思います。

 

結果、チームしほっちがセールスで勝利し、島田真夢はI-1clubセンターを解任され、結果的に、I-1clubからも解雇されることとなってしまった。

その後、島田真夢は仙台に移住し、WakeUp,Girls!のメンバーと出会う。

 

島田真夢がI-1clubを解雇された理由は同日リリースされたシングルセールスで岩崎志保に負けたから、だけではないのだが、それは是非本編を見て頂きたい。

 

島田真夢I-1club脱退後、初めて発売されたシングル。

つまり、この「シャツとブラウス」は、初期I-1clubを率いトップアイドルまで導いたとされる、センター島田真夢脱退騒動後のI-1club、初めてのシングルとなる。

非常に重要で、しかも、絶対に失敗は許されない決意のシングルでもある。

この一曲に内包されたものの大きさ、多さ。

島田真夢が脱退した理由は様々で想うところも沢山ある。だが、脱退された側のI-1clubもやはり想うところは沢山あるだろう。

その時、岩崎志保は何を想うのか。

 

島田真夢はもういない。

この楽曲で岩崎志保がセンターとなり、I-1club第四期オーディションを経て次期センターとの呼声も高い、鈴木萌歌(すずきもか:愛称もか)などの新しい人材も投入され、これからの「I-1club」を決めると言っても過言ではない極限状態の中、シャツとブラウスは発売を迎える。

極限状態。

この時期のI-1clubを現す言葉として、最も最適な言葉だと思う。

 

それは当然、楽曲にも反映されており、特にその歌詞のすべてが非常に強く感情を現すものとなっているので、是非、歌詞にも注目して欲しい。

 

まもりたいよ ずっと
  強くなるよ
違うことをみとめあえる
やさしさが愛にかわっていく

そんなときがいつか おとずれたら
祝福のベルが響く
僕たちは すてきな大人になっているかな

劇場版「Wake Up Girls! 七人のアイドル」劇中歌「シャツとブラウス」より引用。

 

 

結果はどうだったのか。

シャツとブラウス発売後、I-1clubはどうなったのか。

ライバルにエールを贈り、その何もかもを乗り越え自身をもさらに強くなろうとするかのような歌詞。

その牙を隠すかのようなポップな楽曲、爽やかさや歌いやすさも相まって「シャツとブラウス」は、以後12ヶ月連続シングル発売に弾みをつける結果となった。

そして、その後のI-1clubが凄い。

念願の東京ドーム公演の成功、同曲でレコード大賞まで受賞し、三回目となる同年の紅白歌合戦にまで出場を決め、見事、I-1club健在の証明を果たし、その存在を多方面にアピールすることとなった。

 

そう、この楽曲で、I-1clubは完全に勝利したのだ。

いや、違う。

「シャツとブラウス」という楽曲が、I-1clubを救ったのだ。

「シャツとブラウス」という楽曲が極限状態のI-1clubを、また、何も考えることが出来ないほどに多忙にさせたのだ。

 

 

WakeUp,Girls!ゼロ以前の物語。

シャツとブラウスが発売されたその頃、WakeUp,Girls!はまだ結成されていない。

 

その日、島田真夢は、独りぼっちだった。

林田藍里は、ただのお菓子屋の娘だった。

片山実波は、仮設住宅で民謡を歌っていた。

久海菜々美は、レッスン漬けの毎日。

菊間夏夜は、幾つ目かのアルバイト先で。

岡本未夕は、メイドin仙台でステージを。

そしてその日、七瀬佳乃は、落選した。

 

 

違うことをみとめあえる、と歌い、

雨も涙も乾いた、と歌い、

まけたくない、と歌うI-1club。

 

I-1clubは、Wake Up, Girls!が、島田真夢が、またここに戻ってくることをその時既に知っていたのかも知れない。

 

 

 

●     ●     ●

 

あとがき

シャツとブラウス、何で一曲目かって言ったら、劇場版開始数分に丹下社長がかぶりつきで見ていたI-1club出演のテレビで流れていた曲なんですよね!

その時画面に映ってたのも、I-1clubのこれからを象徴する、岩崎志保と鈴木萌歌の二人なんですよ、いやーほんと良く出来てる。

ただ、だからこそ、シングルのジャケットは新生I-1clubを象徴するようなものであって欲しかったんですけど、極上スマイルがそういう感じだったので、それはそれで良かったのかな、と。

 

で、そのテレビを見てピンと来た丹下社長は仙台でアイドルグループ「WakeUp,Girls!」を結成することを決めるわけですから、シャツとブラウスが果たした功績は想像以上に大きい。

 

そういや、リアルライブで聴いたこと無いかもですね、I-1clubのシャツとブラウス。

またいつか。

 

あと、作曲をされた広川さんは、神前さんから「とにかくいい曲にした方がいい」とアドバイスされたそうで笑。

中々大変だったんじゃないかと思いますが、シャツとブラウス、まなべやも大好きな曲で、非常に素晴らしい仕上がりだなあっていつも聞きながら惚れ惚れしております。

WUGpediaMONACA座談会面白いからみんな読むべし。

 

ちなみに、WakeUp,Girls!七瀬佳乃役の青山吉能さんはシャツとブラウスの「違うことをみとめあえる やさしさが愛にかわっていく」という歌詞がお気に入りとのことで、シャツとブラウスが推し曲(BD第6巻にて)だそうですよ!

よっぴー素晴らしいね

 

↑ WakeUp,BEST!ジャケットすごくいいよね