まなべやわぐ!

Wake Up, Girls!(WUG/ワグ)Run Girls, Run!(RGR/ランガ)熱烈応援中!

約束の地への旅が始まる。WUG4thライブツアー東京の感想。

 

 

スポンサーリンク

 

 

Top News!

 

 

■Wake Up, Girls!新章2017年10月から放送開始!最新PV公開!



■テレビ東京:2017年10月9日(月)26時05分から
■仙台放送:2017年10月10日(火)26時から
■AT-X:2017年10月11日(水)23時30分から
■熊本放送:2017年10月29日(日)26時05分から
■2017年10月13日(金)深夜0時より、あにてれ・dアニメストア・アニメ放題/U-NEXT・JCOM+KDDI ほか随時配信スタート!

 

 

 

■Wake Up, Girls!新章ニコニコ動画で最新話1週間無料配信中!第1話はずっと無料!


 

 

 

■TUNAGO/Wake Up, Girls!MV公開


4thライブツアーのテーマ曲にもなっていた「TUNAGO」のMVが公開されました。東北6県への想いから「TSUNAGO」ではなく「TUNAGO」という6文字のタイトルに。また、振り付けは宮城県出身のメンバー永野愛理さんが担当、センターは岩手県出身のメンバー奥野香耶さんが担当されています。全七人のメンバーが宮城県の様々な場所を訪れ、それぞれを"繋ぐ"映像となっています。

 

 

 

■2017年12月10日(日)開場 12:00 開演 13:00 会場:幕張メッセ 国際展示場にてWUG大型イベント『Wake Up, Girls!Festa. 2017 TRINITY』通称「WUGフェス2017」開催決定!フルメンバー参戦!


■出演者:Wake Up, Girls!(吉岡茉祐さん、永野愛理さん、田中美海さん、青山吉能さん、山下七海さん、奥野香耶さん、高木美佑さん)I-1club(山本希望さん、加藤英美里さん、津田美波さん、福原香織さん、明坂聡美さん、安野希世乃さん、上田麗奈さん) ネクストストーム(大坪由佳さん、安済知佳さん、高野麻里佳さん、甘束まおさん)
■チケットなど詳細はWUG公式サイトへ!

 

 

 

■【ランガちゃん】Wake Up, Girls!新章から、WUGちゃんの妹新ユニット「Run Girls, Run!」(RGR/ランガ)お披露目!


速志歩役:林 鼓子(はやし ここ)さん、守島音芽役:森嶋 優花(もりしま ゆうか)さん、阿津木いつか役:厚木 那奈美(あつぎ ななみ)さん。公式サイトはこちら


Run Girls,Run!のデビュー曲。
「カケル×カケル(かけるかけるかける)」
作詞:只野菜摘さん
作曲:神前暁さん
編曲:広川恵一さん(MONACA)

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

9/16(土)、Wake Up, Girls! 4th LIVE TOUR「ごめんねばっかり言ってごめんね!」の千穐楽、ZeppTokyo夜公演に行ってきました!

簡単ですが、感想を書いてみたいと思います。

セットリストなどネタバレ注意。

 

 

【WUG4th東京千穐楽昼夜セトリ】Wake Up, Girls! 4th LIVE TOUR「ごめんねばっかり言ってごめんね!」東京ZeppTokyo昼夜公演セットリスト

 

01.ゆき模様 恋のもよう

02.16歳のアガペー

03.タチアガレ!

04.僕らのフロンティア

05.恋?で愛?で暴君です!

06(昼).ハートライン(Wake Up, Girls!ver.)

06(夜).One In A Billion(Wake Up, Girls!ver.)

07(昼).キャラクターソングシリーズ1メドレー

07-1.ハジマル

07-2.ステラ・ドライブ

07-3.歌と魚とハダシとわたし

07-4.スキ キライ ナイト

07-5.可笑しの国

07-6.オオカミとピアノ

07-7.WOO YEAH!

07(夜).キャラクターソングシリーズ2メドレー

07-1.It’s amazing show time☆

07-2.それいけオトメ

07-3.ヒカリキラリミルキーウェイ

07-4.Into The Light

07-5.青い月のシャングリラ

07-6.snuggery

07-7.走り出したencore

08(昼).HIGAWARI PRINCESS <PRINCESS Mayu Ver.>

08(夜).地下鉄ラビリンス

09(昼).素顔でKISS ME

09(夜).言の葉 青葉

10.Beyond the Bottom

11.7 Senses(新章OP)

12.雫の冠(新章ED)

13.TUNAGO

EN1(昼).One In A Billion(Wake Up, May'n!シークレット)

EN1(夜).ハートライン(Wake Up, Girls!ver.)

EN2.少女交響曲

EN3.極上スマイル

EN4.7 Girls War

 

 

感想

f:id:manabeya-wug:20170917115115j:plain

 

強いライブでした。

大宮にも行ってきたのですが、東京は大宮での感動とはまた違う類のライブでした。

 

4thツアーは各地で優勝を更新し、WUGにとってもファンにとっても凄く得るものが大きかった、意味のあるライブツアーになったんじゃないかと強く感じていました。

最後の東京はどうなるんだろう、って考えていたのですが、結果、優勝したというよりは、やっとここから始まるんだ、やっと完全体に近づいていけるんだ、といったワクワクするような感情があり、

それこそ、次のステージに入っていくような、次の章に入っていくような、そんな面白くも、静かに武者震いがするような感傷もあり、

とても複雑で、趣があって、面白くて、まさにこれこそが「Wake Up, Girls!」のライブだ、と言えるものだったと感じました。

 

 

●     ●     ●

 

 

チケットは昼夜共にソールドアウトし、急遽、機材開放席を追加発売したのですがそれも完売。

自分は2階席でしたが、1階もお客様が超満員。ホールの後ろまで超満員。

多分機材開放席のお客様だと思うのですが、2階も指定席の後ろに、立ち見席が作られている状態でした。

 

Zepp Tokyoの公式サイトによると、スタンディング時 2,709人収容との事なので、その日1日で、多分のべ3000人から4000人以上がWUGの単独ライブを見たんじゃないかと思います。

 

そんな未来、誰が想像したでしょうか。

 

いや、自分たちファンはそれを疑っていなかったと思いますが、それでも、それが現実として現れると、凄いとしか言いようがありませんでした。

 

Wake Up, Girls!7人の頑張りが実を結び始めているのだと感じていました。

 

 

●     ●     ●

 

 

今回のツアーはセットリスト自体が物語になっていて、過去から現在、未来へとTUNAGOという曲をテーマに展開していく構成になっています。

初めましての方へも、最新曲から、未来の新曲から、過去の代表曲から、隠れた名曲から、ソロ曲まで、まるでフェスの勢いの連発続きで、大満足のライブになっていればいいなあと思いました。

 

 

大宮での感想でも書きましたが、最初の、ゆき模様 恋のもよう、16歳のアガペー、タチアガレ!は、アニメ劇中で言う所の「Twinkle」楽曲なんですよね。

 

WUG舞台からの連続性をもって、ゆき模様 恋のもようを歌う。

 

16歳のアガペー、タチアガレ!で過去とアニメ序盤、そしてWUGちゃん自身の結成当時の気持ちから、それを見る事ができなかった新しいファンの皆さまへのつながりを呼び起こし、続く、僕らのフロンティア、恋?で愛?で暴君です!、One In A Billionは、新しくWUGちゃんがアニメから飛び出してタイアップした楽曲達を披露。

僕らのフロンティアにはそんな大海原に出て行く気持ちが込められているし、恋?で愛?で暴君です!、One In A Billionの並びで、ある種、挑戦的な面も包み隠さず出してくれていました。

 

この辺りは、ほんと大型フェスのWUGちゃんを見ているようで、頼もしかったです。

 

自分、ここの並びが大好きで、僕ンティアからのででです、OIAB(WUGver.)がめちゃくちゃかっこよすぎて、マジで痺れました。

 

 

キャラソンメドレーは、大宮で聞いた1も、東京の2も凄く良かったです。

 

WUGちゃんがキャラソンを歌いながらつないでいって、メンバー同士もつながりあって行くんだけど、これって、2014のWUGフェスやソロイベント(メンバーがメンバーをゲストに呼んだりした)の再現にもなってるんだと思う。

そういうノスタルジーや儚さや、魂の再生も感じられて、まさにエモの極みでした。

 

新しくファンになった方は過去のライブを見られていない方も多いと思うので、過去の曲をやる、というだけじゃなく、こういう説得力のあるつながりをもってやってくれるっていうのが、すごく嬉しいです。

それ自体が、昔からのファンと新しいファンをつなぐ事にもなってると思うのです。

 

現代風に言うと、WUGちゃん、めっちゃわかり手だった。

 

 

大宮では、HIGAWARI PRINCESS、素顔でKISS ME、Beyond the Bottomの流れからの新章でした。

この流れが、WUGがWUGであるという証明にもなっている気がしています。と大宮の感想では書きました。

東京で見たのは、地下鉄ラビリンス、言の葉 青葉、Beyond the Bottomの流れからの新章へ向かうの流れが、これがまた凄く良かったんです。

この流れを見て、これがWUGだと思いました。これこそがWUGにしか出来ないライブなんだと強く感じたんです。

 

大宮でも思ったのですが、誰にも真似ができない、というのはこういう事を言うのだろうな、と実際ちゃんとライブで見る事が出来てすごく感動的でした。

正直、そんなグループいないと思う。

 

ここが、自分がWUGを諦めないと思ってる根拠の一つにもなってる。

 

だから、吉岡茉祐さんがMCで「これがWUGだ!これがWake Up, Girls!のライブだ!」って叫んだとき、本当にそのままの事を思っていたので、本当にびっくりして、WUGちゃんやっぱわかり手だなって思いました。

 

でも、これがWUGだ、っていうのは自分だけじゃなく、ファンの全員が思っていた事だと思います。

 

吉岡茉祐さんはWUGフェス2015で、「WUG終わりたくない」って泣き叫びにも似たMCを絶叫。

そして今、これがWUGだ、WUGは終わらない、WUGを終わらせねえって叫んでくれたのです。

こんなに嬉しい事が、あるでしょうか。

 

同じくWUGフェス2015で涙を見せながら歌っていた青山吉能さんも、今日は、声が透き通るようでした。

チャンスがあれば、WUG舞台と同じく、WUGフェス2015の映像も見ていただきたいと思います。WUGの物語にとって非常に重要な地の一つだと思います。

 

そして新章へ、7 Senses(新章OP)、雫の冠(新章ED)で未来へつないでいくんだけど、希望だけじゃなくて、ちゃんと不安も表現している所が大好きです。

 

 

約束の地で待ってて

約束の時待ってて

約束の地で見ていて

約束の時見ていて

 

みんなで歌いました。

自分、7 Senses大好きです!

 

最後、今回のテーマ曲「TUNAGO」で一旦終了。

かやたんがセンターで、7人が手をつなぐところがすごくいい。

 

出来すぎた物語だ。

素敵すぎる。

 

 

アンコールは4曲。

 

前にも感じたんですけど、アンコールの、ハートライン、少女交響曲、極上スマイル、7 Girls Warも、物語側に組み込んでも良かったんじゃないかっていうのが、自分が少し思った所です。

客席から見ていて、想定内のアンコールが現実に物語を刻んでいるWUGちゃんに合わなくなってきたんじゃ無いかって感じたのは前と同じです。

 

でもこれは、個人の好みに大きく左右されるものだから、今のままでも完璧すぎる最高のセットリストだいうのは、間違いないです。

 

極上スマイルも、7GWもほんと楽しすぎる。WUGちゃんもダンスいらんから、もっとお客様と遊んで欲しいって思っちゃう。楽しすぎる。

これもWUGだ、と思う。

 

 

最後、エンディングムービーが流れるんですが、自然とTUNAGOの合唱が起きたんですよね。

自分も歌いました。

ああ、いいなあって凄く思いました。

 

お客様のコールや振り付けがライブツアーを経て完成されていくものもあるし、まだまだ不安定で未完成なものも多々あるしで、そいうところもWUGっていいなあって凄く思います。

 

●     ●     ●

 

 

すごいライブでした。

すごい7人だった。

もう大丈夫だと思う。

 

でもこういう時に、ほんと、もう大丈夫だとか言って離れていっちゃう人も沢山いるんで手厚いフォローで気をつけなきゃいけないんだけど、自分は絶対に最後まで突き放したりしない。

何故なら自分が思う約束の地まで、まだ半分も行ってないじゃないか。

WUGフェス2017発表されたけど幕張だったし。はあ?ってなもんだよ。半分ぐらいまでは行ってくれるのかと正直めちゃくちゃ期待したぞ!!!!!!!

 

やっぱ、楽しみはまだまだこれからなんだよな。

 

やっと、ここから始まるんだ。

 

新章、楽しみすぎる。

俺には分かる。

絶対、大丈夫だ。

 

行こう、新章へ。

 

f:id:manabeya-wug:20170917132518j:plain