まなべやわぐ!

Wake Up, Girls!(WUG/ワグ)Run Girls, Run!(RGR/ランガ)熱烈応援中!

【ネタバレ注意】WUG新章第3話の感想。七瀬佳乃の傷と笑顔と、久海菜々美の未練と夢と。

 

 

スポンサーリンク

 

 

Top News!

 

 

■Wake Up, Girls!新章2017年10月から放送開始!最新PV公開!



■テレビ東京:2017年10月9日(月)26時05分から
■仙台放送:2017年10月10日(火)26時から
■AT-X:2017年10月11日(水)23時30分から
■熊本放送:2017年10月29日(日)26時05分から
■2017年10月13日(金)深夜0時より、あにてれ・dアニメストア・アニメ放題/U-NEXT・JCOM+KDDI ほか随時配信スタート!

 

 

 

■Wake Up, Girls!新章ニコニコ動画で最新話1週間無料配信中!第1話はずっと無料!


 

 

 

■TUNAGO/Wake Up, Girls!MV公開


4thライブツアーのテーマ曲にもなっていた「TUNAGO」のMVが公開されました。東北6県への想いから「TSUNAGO」ではなく「TUNAGO」という6文字のタイトルに。また、振り付けは宮城県出身のメンバー永野愛理さんが担当、センターは岩手県出身のメンバー奥野香耶さんが担当されています。全七人のメンバーが宮城県の様々な場所を訪れ、それぞれを"繋ぐ"映像となっています。

 

 

 

■2017年12月10日(日)開場 12:00 開演 13:00 会場:幕張メッセ 国際展示場にてWUG大型イベント『Wake Up, Girls!Festa. 2017 TRINITY』通称「WUGフェス2017」開催決定!フルメンバー参戦!


■出演者:Wake Up, Girls!(吉岡茉祐さん、永野愛理さん、田中美海さん、青山吉能さん、山下七海さん、奥野香耶さん、高木美佑さん)I-1club(山本希望さん、加藤英美里さん、津田美波さん、福原香織さん、明坂聡美さん、安野希世乃さん、上田麗奈さん) ネクストストーム(大坪由佳さん、安済知佳さん、高野麻里佳さん、甘束まおさん)
■チケットなど詳細はWUG公式サイトへ!

 

 

 

■【ランガちゃん】Wake Up, Girls!新章から、WUGちゃんの妹新ユニット「Run Girls, Run!」(RGR/ランガ)お披露目!


速志歩役:林 鼓子(はやし ここ)さん、守島音芽役:森嶋 優花(もりしま ゆうか)さん、阿津木いつか役:厚木 那奈美(あつぎ ななみ)さん。公式サイトはこちら


Run Girls,Run!のデビュー曲。
「カケル×カケル(かけるかけるかける)」
作詞:只野菜摘さん
作曲:神前暁さん
編曲:広川恵一さん(MONACA)

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

こんにちは、まなべやです。 

今日は、『Wake Up, Girls! 新章 第3話「ポニーテールは本体です」』の感想を書いてみたいと思います。

 

ネタバレしかしていませんので注意してください。

 

 

 

 

 

WUG時系列

 

■2011/3/11 東日本大震災

■2014/1/10 劇場版『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』

■2014/1/10 テレビ版 『Wake Up, Girls!』全12話

■2015/9/25 続・劇場版『Wake Up, Girls! 青春の影』

■2015/12/11 続・劇場版『Wake Up, Girls! Beyond the Bottom』

■2014〜2015まで 漫画『Wake Up, Girls!リーダーズ』連載中

■2016ごろ 漫画『Wake Up, Girls! エターナル・センシズ』連載中

■2017/10/9 『Wake Up, Girls! 新章』

 

現実の時間の経過と同じくWUGアニメ内でも時間が経過しており、登場人物たちは歳をとっています。

第1期で中学生や高校生だったWUGメンバーも新章では、ほとんどのメンバーが学校を卒業しています。

 

第3話は、物語が動いてきて、各メンバーの変化が顕著に現れた回かなと思いました。そんな想いを軸にして、感想を少しづつ書いていきたいと思います。

 

 

 

●     ●     ●

 

 

 

感想

 

ニコニコ生放送やテレビ東京のあにてれで見逃し配信もやってるので、テレビで見る事ができない方も、誰でもネットで無料で見る事ができます。

最新話1週間無料の所も多いです。

3話の無料配信は終了していますが、有料で見る事ができます。

各種ON AIR情報はこちら。

wakeupgirls3.jp

 

新章ネット配信してくれて、ありがとうございます。

実際の絵を引用させていただきながら、感想を書いていきたいと思います。

 

 

f:id:manabeya-wug:20171103091624j:plain

 

5月のスケジュールとして、岡本未夕と久海菜々美が「いわし御殿」への出演が決定。

七瀬佳乃が雑誌「fanfan」への出演が決定。

林田藍里が第1期で東京進出前にワンコーナーを担当していた「4時ですよ~んだ!」の後番組のミニコーナーレギュラーを担当。

片山実波と菊間夏夜は、食レポがいくつか入ってるとのこと。

一方、島田真夢には、、 

 

 

 

●     ●     ●

 

 

 

島田真夢

f:id:manabeya-wug:20171103092409j:plain

f:id:manabeya-wug:20171103092710j:plain

f:id:manabeya-wug:20171103092624j:plain

f:id:manabeya-wug:20171103092425j:plain

 

島田真夢は、事務所の事務仕事を手伝います。

 

「I-1clubの最初の頃は、こんなことばっかりしていました。」

「だから、大丈夫。」

 

島田真夢は、人間そのものなんだって思いました。

アイドルでもなく、センターでもなく、もしかしたらWUGでもないかも知れない。

人間そのもの。

 

そのI-1club時代、人間である前にアイドルだと言った白木さんに対し、アイドルの前に人間です、と言い切った島田真夢。

I-1clubも初期の頃は、人間だったという事なのだろうか。

白木さんが今、島田真夢にI-1clubに復帰してくれと言ったなら、島田真夢はどうするだろう。

I-1clubを救おうとするのではないだろうか。

 

ちょっと、先が怖い展開ですよね。。

 

そこに座る一人の少女の行く末は。

 

あと、この島田真夢がファンクラブの会報にハンコ押してる?時のBGMすげえ好きなんだけど。

サントラ発売してくれるかなあ

 

f:id:manabeya-wug:20171103093254j:plain

f:id:manabeya-wug:20171103093306j:plain

 

丹下社長と、松田さんの表情もいい。

 

元I-1clubセンターの肩書きが業界を萎縮させているようで、白木さんやI-1club側の力が強いことが伺えます。

実際の業界の事はよくわかりませんが、事務所の圧力や強引さを噂レベルではちらほら耳にします。

 

グリーンリーヴズは地方弱小事務所だし、元センターを干すように仕向けるぐらい、東京の大事務所にとっては安易な事なのかも知れません。

むしろ、白木さんがどうこうというより、そういう空気になっているのかも知れませんね。

 

事実より空気を重んじると、大抵誰かが傷つきます。

それだけは、避けて欲しいと願うばかりです。

 

この冒頭の島田真夢が自分で自分を支えようとするシーン、何度も見ちゃってなかなか進めなかった。

何度も見ちゃって極まっちゃう。

ほんと、泣きそうになるよ。

 

正直、新章でこういうシーンを入れてくれるとは思ってなかったから、本当に嬉しかったです。

 

f:id:manabeya-wug:20171103093819j:plain

 

これは、実際のリアル4thツアーのキービュジュアルですね!

4thツアー、凄いよかったよね

特にオープニングとエンディングのムービーが大好きだ

 

 

 

●     ●     ●

 

 

 

ランガちゃん

f:id:manabeya-wug:20171103095830j:plain

阿津木いつかのあっちゃん。

いい。

 

f:id:manabeya-wug:20171103100632j:plain

f:id:manabeya-wug:20171103100659j:plain

f:id:manabeya-wug:20171103100723j:plain

 

ここ、ランガちゃんの会話聞いてて、また歌聞いてるみたいで凄く心地いいなって思って。

 

というか、守島音芽のもっちーCVの森嶋優花さん、うますぎねえか!、って思うんですけどー!

ものすごい独特の抑揚があって、すごく面白い声。

「なにそれ、ち↑ょ↑ー↑み↑た↑い↑ん↑だ↑け↑ど↑ー!↑」「東↓京↓か↓あ↓・↓・↓・↓」みたいな笑

なのに、極めて自然。

これからが楽しみですなあ

 

f:id:manabeya-wug:20171103102031j:plain

f:id:manabeya-wug:20171103102047j:plain

 

WUGちゃん、アイドルだからかすげえ数のイベントこなしてるんですね。

 

ちょっと整理したいですね。

「七人のアイドル」「テレビ版」が2014年、「青春の影」「BtB」が2015年、「エターナルセンシズ」が2016年、「新章」が2017年。

 

2014年

■仙台でWUGが生まれる

■2014年アイドルの祭典で注目される

■もっちー、あっちゃんがWUGちゃんを知っていたのかが気になるね

 

2015年

■「青春の影」でbvexと契約して東京と仙台で仕事する

■仙台MACANAにてワンマンライブ「ちょっと一旗あげてきます!!」開催し、東京に拠点を移す

■ここで、MACANAのワンマンライブは一旦終了したって事でいいのかな?

■最終的には仙台に拠点を戻し「BtB」でアイドルの祭典優勝

■2015年、ランガちゃんはWUGちゃんにまだどハマりしてなかったが、もっちーだけは詳しかった。I-1club好きのあっちゃんも知ってたかも

 

2016年はエターナルセンシズ

■2016年、2015のアイドルの祭典優勝の事をあっちゃんとはやまるに得意げに話し、ランガちゃんがWUGちゃんに徐々にどハマりしていく 

■WUGちゃんはBtB以降、拠点は仙台

■2015アイドルの祭典の優勝で注目され仕事をこなすも、丹下社長の意向で仕事をセーブ

■同時に東京での仕事も続けている

■仕事が減っていくも仙台で冠番組わぐばんを地道に続けながら、地元のファンのために仙台ライブを企画

■2016年は雑多な仕事のみでライブ活動自体が無かったか、アイドルの祭典絡みの東京のみで、仙台ではほぼライブ活動はしてなかったと思われる

■だからこそ、「あなたたちはどうしたいの」かと丹下社長に聞かれて、仙台でのライブを企画し、2016年アイドルの祭典を辞退したのかと

■但し、エターナルセンシズの3,4,5話が見られないので詳細確認できず。早く単行本読みたい

■「1年遅かった。その間に東京進出したから」というあっちゃんの言葉は、ランガちゃんがWUGちゃんにどハマりしたのが2016年、東京進出は、2015年「青春の影」の東京進出をさしており、2015年にハマっていれば、MACANAでのライブも見れたし、という事だと思われる

■ランガちゃんは、2016年の仙台ライブももっちーが熱を出して行く事ができなかった。WUGちゃんに初めて会う時は3人でと決意。

■なのでランガちゃんは、2017年現在も生のWUGちゃんを見ていないのだと思われる

■ランガちゃん、WUGちゃんに会えないなら自分たちから会いに行ける方法をと考え、踊ってみた動画を撮影

 

 

2017年は新章

■BtBから2年という訳ではなく、BtBが2015年終わりなので、新章は、実際は1年とちょっと時間が経過したぐらいの感じと思われる

 

 

こう見ると、2016年がかなり重要な感じがしますよね。

七人のアイドルも重要な前日譚だったけど、エターナル・センシズも重要な前日譚ですね。

もっと細い流れがあるのでしょうが、そういうのを考えるのも面白いかも知れません。

 

もっちーの「もっと早くWUGちゃんにハマっていればなあ」って言葉が、自分でもそう思うので、ほんと『それな』って思いました。

「WUGちゃんに会いたいよー!」って言葉も、本当にそのものですねえ。

 

ランガちゃんの視点が、大田さんたちとはまた違ったファン視点なので、すごく面白いなあと思います。

 

 

 

●     ●     ●

 

 

 

わるい現場

f:id:manabeya-wug:20171104090825j:plain

f:id:manabeya-wug:20171103174349j:plain

f:id:manabeya-wug:20171103174403j:plain

 

相沢菜野花、なのかすは怖いんでしょうか。それとも優しいんでしょうか。まさに、なのかすって感じでいいですね。

 

f:id:manabeya-wug:20171104091013j:plain

f:id:manabeya-wug:20171104091038j:plain

f:id:manabeya-wug:20171104091052j:plain

f:id:manabeya-wug:20171104091111j:plain

 

いわし御殿での失敗。

それぞれのメンバーに合ってる事と、合ってない事とがあると思うんですけど、これは、いわしさん側もダメですよね。

つまり、制作側も良くないといいものが作れないっていうか、両者の協力が必要だっていうか。

実際の番組作りがどういうものが全然知らないのですが、こんな司会されたら、今後一切出演しなくていい、と自分なんかは思っちゃいますけどね。

 

f:id:manabeya-wug:20171104091616j:plain

f:id:manabeya-wug:20171104091706j:plain

f:id:manabeya-wug:20171104091742j:plain

f:id:manabeya-wug:20171104091805j:plain

f:id:manabeya-wug:20171104091829j:plain

f:id:manabeya-wug:20171104091851j:plain

f:id:manabeya-wug:20171104091912j:plain

 

このカメラマンも同じですね。

業界の人ってこういう感じなんでしょうかね。

それともステレオタイプな表現なんでしょうか。

こんなカスと一緒に仕事する必要ないと、自分なんかは思っちゃいますけどね。

 

次の時代を作るかもしれない新しい人材を撮影するチャンスが来たのに、それを見抜けず、しかも、うまく撮れないのを被写体のせいにしてるなら、もう写真家として終わりだと思います。

時代を写せないなら、もう辞めちまえよって。

 

俺のよしのをこけにしやがって!怒

自分、久しぶりに怒ってますよ!怒怒

ちゃんとした努力とそれに対するフィードバックはとっても大切だけど、こんなもん、ただのお遊戯会やん。怒怒怒

 

ということで、この久海菜々美と岡本未夕と七瀬佳乃のシーンは次に来るシーンの盛大なフリだと思う訳です。

それぞれの力のなさを表現する部分ももちろんあると思うんですけど、それよりも、わるい現場というか、みんなでひとつものを作っていくという事に対するダメな方の表現なのかも知れないな、と思いました。

 

 

 

●     ●     ●

 

 

 

共感性羞恥

ツイッターのフォロワーさんのつぶやきで知ったんですけど、アニメやテレビなんかで、登場人物が恥を掻くシーンが耐えられない人は、共感性羞恥というそうです。

 

d.hatena.ne.jp

 

自分もそれなのかも知れないのですが、前回からつづく、WUGちゃんの失敗の数々を見ていられない人は、共感性羞恥かも知れませんね。

映画やドラマでも、よくありますもんね。。

チャンネル変えたり、早送りしたりしちゃいますよね。。笑

 

 

 

●     ●     ●

 

 

 

ランガちゃんと、大田組の対比

f:id:manabeya-wug:20171104093653j:plain

f:id:manabeya-wug:20171104093721j:plain

f:id:manabeya-wug:20171104093743j:plain

 

あいちゃんも、ぼんやりとしたフィードバックをもらい困惑です。

でも仙台のプロデューサーさん?は、かなりマシですよね。

ここはこうしてこうしてこうだよ、って伝えても自分の考え以上のものは出てこないから、ぼんやりあいちゃんに伝えるのは良いかも知れないですね。

そういう意味では、早坂さんのやり方にも似てると言えるかも知れない。

自分的にも、どういう画が欲しいかはっきり伝えて、その上で全部考えてもらって、徐々に修正していくのが一番良いんじゃないかと思います。

 

で、あの鳥って、カッコウ?

 

 

f:id:manabeya-wug:20171104094801j:plain

雑誌に掲載された七瀬佳乃を見て、いい表情のもっちーw

f:id:manabeya-wug:20171104095136j:plain

クラスメイトに七瀬佳乃のスタイルを攻められて怒るもっちーw

f:id:manabeya-wug:20171104094900j:plain

現実を見せられ、ぐぬぬ・・・となるもっちーw

 

もっちーのファンっぷりがたまらなく面白いです笑

 

もっちー、ほんといいキャラだなあw

中の人、CV森嶋優花さんもインタビューで一心同体とおっしゃっていましたが、客席から見ていても、ほんとそのままだなあ、と感じます。

詳しくは下記インタビューを。

4話のネタバレしていますので注意してください

www.animatetimes.com

 

 

f:id:manabeya-wug:20171104095745j:plain

f:id:manabeya-wug:20171104095809j:plain

いわし御殿は、岡本未夕と久海菜々美の場面が全面カットされていました。。

f:id:manabeya-wug:20171104095900j:plain

大田さん、ワグナーチームもこの表情です。。

「爪痕を残す」って言い方がオタクそのもので笑ってしまった。笑

 

ほんと、ランガちゃんと大田さんの対比がうまく表現されているなあと思います。

 

いわゆる、ライトファンとコアファン、新規と古参、あと、女性ファンと男性ファンの違いもあるのかも知れません。

リアルWUGちゃんも、ある時期から、自分の感覚だと3rdツアーか4thツアーが顕著だったと思うんですが、女性ファンがすごく増えたなあと肌で感じました。

もっともっと増えるといいですよね。

女性限定イベントも開催してほしいなあと思います。

 

WUGちゃんライブは新規さんもすぐに楽しめるとっても暖かい現場ですので、みなさん、軽い気持ちで遊びに行きましょう。

コールとか色とかそんなの分からなくてもいいんですよ、周りの感じですぐに慣れます。

自分もそうでしたよ。

自分、声優さんとかアイドルさんのライブ行ったのWUGちゃんが初めてだったんですが、すぐに一体感を感じる事ができました。

気になっておられる方は、ぜひ。

次のWUGちゃんの大型ライブ下記に貼っておきます。

 

2017年11月23日(木・祝)の「ANIMAX MUSIX横浜アリーナ」

musix.animax.co.jp

 

2017年12月10日(日)12:00からの「Wake Up, Girls!Festa. 2017 TRINITY」

wug-portal.jp

 

2018年5月12日(土)の「Wake Up, Girls!新章のスペシャルイベント」

wakeupgirls3.jp

 

 

 

●     ●     ●

 

 

 

f:id:manabeya-wug:20171104100740j:plain

f:id:manabeya-wug:20171104100757j:plain

林田藍里は実家の熊谷屋さんへ。

菊間夏夜はバンジージャンプへ。

水を得た魚のようやんw

菊間夏夜は、イモトアヤコさんみたいな、体当り派なのかなw

 

あと、熊谷屋さんと喫茶ビジュゥさんの名前違い?があったみたいなので、これから注意ですね。

f:id:manabeya-wug:20171104101118j:plain

f:id:manabeya-wug:20171104101143j:plain

 

あのドアにかかってるの、準備中の看板だったんですね。

喫茶ビジュゥさんリアルでもWUGちゃんにすごく好意的に協力して下さってるから、本当に感謝です。

奥野香耶さんが訪れた動画もありますので、ぜひ。

 

 

 

●     ●     ●

 

 

 

7人の個性

f:id:manabeya-wug:20171104102045j:plain

それぞれ個人個人の良い所を出せるよう、菊間夏夜はブログを始めます。

ここでも菊間夏夜は誰かを導くのです。

 

菊間夏夜のブログのトップ画は、中の人CV奥野香耶さんのファースト写真集『ERUA』の写真でもあります。

奥野香耶さんは『ERUA』も『声優ゆめ日記』もすごくいいので、絶対、買って損はないと思います!

 

奥野香耶1st写真集 ERUA

奥野香耶1st写真集 ERUA

 

 

 

f:id:manabeya-wug:20171104104759j:plain

f:id:manabeya-wug:20171104104821j:plain

f:id:manabeya-wug:20171104104838j:plain

 

岡本未夕は、ニコ生みたいなヘラ生を開始。

岡本未夕が可愛すぎます。

 

f:id:manabeya-wug:20171104105143j:plain

中山モダンハウスさん、そのままです。 

 

f:id:manabeya-wug:20171104105410j:plain

 

七瀬佳乃も、片山実波も悩んでいます。

片山実波がこんなに悩むのは、あまり見た事がないかも知れませんね。

 

 

 

●     ●     ●

 

 

 

I-1club

f:id:manabeya-wug:20171104105607j:plain

ネットでも話題になってたI-1clubのグラフです。

15thと18th「ジェラ」の間がない事と、「運命の女神」「止まらない未来」に『th』の表記がない事から、これは、近々の青部分のかなりやばい状況を表現した簡易的なグラフなんだと、改めて自分は思いました。

 

本当は、16thに題名の分からないシングル、17thに「tomorrow」というシングルがあり、19th「極上スマイル」と21th「運命の女神」の間には「君との旅立ち」という20thシングルがあります。

f:id:manabeya-wug:20171104113548j:plain

f:id:manabeya-wug:20171104111219j:plain

青春の影のBD画面直撮りで申し訳ないのですが、以前、I-1club売り上げ低迷で、「運命の女神」にて、岩崎志保と鈴木萌歌で争わせる時の流れとして同じようなグラフが出てきました。

「君との旅立ち」でミリオンセラーを切ってしまったので、そういう流れになったのです。

 

ただ、この青春の影のグラフを新章の制作側が知らなかったとは思えないので、やっぱり、最近のやべえ状況を現そうとした簡易的なグラフなんじゃないかな、というのが自分の見解です。

ただ、そんなグラフで、白木さんが許したとは到底思えませんが。笑

 

あと、上の新章のグラフの「運命の女神」を青くして、あたかも、そこで売り上げが悪くなったように見せるのは少しミスリードかなあ、とも思わなくもないです。

が、そこに「君との旅立ち」があったとして、分かりにくいかも、と感じるかもしれないという気持ちも分からなくないです。

ですが、確かに「君との旅立ち」を書かなかったのは、ちょっとミスリードかなと確かに思います。

 

なんでこんな事ばっか言ってるかっていうと、そういう所こそ、自分みたいな作品のファンが一番見たい所なんですよね。

なので、引きで(インディーズの「キミに夢中」から始まる)1stから22ndまでのちゃんとしたグラフがあって、さらに寄っていく、みたいな感じだったら分かりやすかったかも知れないなあ、と思いました。

 

自分は、そういう所に、希望を感じたりするんですよね。

 

 

f:id:manabeya-wug:20171104114710j:plain

 

今度のドラマタイアップって、4話のドラマなんでしょうか。

主題歌は、I-1clubなのかなあ。

 

まあ、さっきのグラフの「止まらない未来」みても、かなりやばい状況が伺えますね。

「止まらない未来」は多分、2016年発売だと思うので、あんな神曲でも売り上げが出ないというのは、もう今までのやり方じゃダメでということで、白木さんの言うように時代が変わってきている証拠なのかも知れないですね。

 

 

 

●     ●     ●

 

 

 

七瀬佳乃の傷と笑顔

f:id:manabeya-wug:20171104115130j:plain

f:id:manabeya-wug:20171104115107j:plain

 

先のfanfanの撮影でもそうですが、七瀬佳乃はコンプレックスの塊で、しかも、それを乗り越えようとする度に自分を傷つけてるから、正直、見てられないです。

だれかに優しくしてもらって欲しいけど、それが島田真夢だったりすると、また自分を傷つけてしまう。

自分は、そんな七瀬佳乃が大好きだけど、やっぱり自分でも自分を好きになってあげないとダメなんですよね、、そこが難しい所で。

丹下社長は、うまく七瀬佳乃を新しい仕事に挑戦させてて偉いです。

丹下社長、本当に出来る人だなと思います。

 

f:id:manabeya-wug:20171104120039j:plain

f:id:manabeya-wug:20171104120056j:plain

f:id:manabeya-wug:20171104120115j:plain

f:id:manabeya-wug:20171104120135j:plain

f:id:manabeya-wug:20171104120158j:plain

f:id:manabeya-wug:20171104120219j:plain

 

七瀬佳乃、いい顔してますよねえ。

ほんと、最高ですよ。

fanfanと違って、すごくいい現場とスタッフさんなんだろうって思いますよね。

そういう違いもすごく表現されてて、やっぱりさっきのは現場も含めた話なのかなって感じていました。

 

なんだかわかんないんだけど、泣きそうになっちゃう。

 

 

f:id:manabeya-wug:20171104120522j:plain

f:id:manabeya-wug:20171104120543j:plain

シャーク林田爆誕!

 

f:id:manabeya-wug:20171104120613j:plain

クラスメイトの熱い手のひら返しにランガちゃん達も嬉しそうw

まじめなのに変ってそのままCVの永野愛理さんやないの

 

f:id:manabeya-wug:20171104120711j:plain

f:id:manabeya-wug:20171104120731j:plain

片山実波の、新バージョンうんめーにゃー炸裂!

ちょっと間が悠長な感じがしないでもないですがw

この3人の感じがすごく良いですね。

いい配役だなあって思います。

片山実波を真ん中にして、ユニットとして売り出して欲しいぐらいですねw

 

f:id:manabeya-wug:20171104121303j:plain

いい

菊間夏夜が嬉しそうで、俺も嬉しい

 

 

 

●     ●     ●

 

 

 

久海菜々美の未練と夢

f:id:manabeya-wug:20171104121406j:plain

f:id:manabeya-wug:20171104121447j:plain

f:id:manabeya-wug:20171104121459j:plain

f:id:manabeya-wug:20171104121512j:plain

f:id:manabeya-wug:20171104121525j:plain

 

久海菜々美の光塚の件、新章で触れられないんじゃないかと思ってたから、すごく嬉しかったです。

ここ、自分、かなり好きなシーンですね。

 

自分は、久海菜々美は、まだ、心の奥底では光塚の事を諦めてないと思ってるんです。

だから、丹下社長にミュージカルのオーディションを勧められても、それとない返事で。

「アイドル一本で生きるって決めた」って言ってるけど、じゃあ、ミュージカルだろうがなんだろうが出来る訳じゃないですか。

そこで、うだうだ言うのは、やっぱり「未練」みたいな、「得体の知れない怖さ」みたいなのがあるのだと思うんですね。

 

あんなに頑張って光塚目指してたのだから、思い出す事はしょうがないと思うんです。

だけど、目の前にある事を全力でやらないのはそれはプロとして失格。

 

で、ミュージカルなんですよ。

そこで、自分の気持ちを確かめる訳です。

お前、うだうだ言ってないで、一回言ってこいよ、つって。

 

つまり、丹下社長はお前の事を信じてるという事を、久海菜々美に伝えた訳ですよね、これって。

そりゃあ、喜んで行くに決まってますよね。

いい笑顔で返事して。

 

もしかして、今の自分にも出来る事があるかも知れないと、久海菜々美は思ったと思うんです。

諦めた先に何があるかなんて、その時は、絶対分からないじゃないですか。

 

歌手になりたくてレッスンとか頑張ってた久海菜々美のCV山下七海さんも、ひょんな事から声優になっちゃって、アニメもゲームもほとんど知らない、合宿が辛くて辞めたいといったような状況の中、今、ツアーで全国を回ったり、SSAの大舞台で歌ったり、海外でライブしたりしてるんですもんね。

 

この世界の全員の夢がすべて叶う事はないかも知れない。

諦めたり道を変えたりしながら、それでも進んで行かなきゃ行けない。

 

久海菜々美にしても山下七海さんにしても、何かを諦めた先だったり、夢の方向を変えた先だったりに、本当の自分が見つかることがあるかも知れないという事を体現している、すごくいい表現者だと思います。

 

僕にも何かできる事があるのかも知れません。

ずっと長い間模索中でしたが、久海菜々美のように、最近、自分にも、少し変化が出てきたような気がしています。

 

f:id:manabeya-wug:20171104123652j:plain

 

 

 

●     ●     ●

 

 

 

最後に

f:id:manabeya-wug:20171104124242j:plain

 

第3話は、WUGメンバーが個々に頑張って奮闘するシーンが多かったですね。

 

リアルWUGちゃんで言うなら、3rdライブツアーぐらいの頃でしょうか。

続・劇場版が終わって、タイアップが決まり新しい大海原へ進む際、各メンバーがそれぞれの場所で頑張ってWUGを大きくしようという気迫にあふれていました。

前述した山下七海さんは、実際にそういう趣旨の言葉をMCで話し、会場が熱い想いに包まれた事もありました。

 

それは今も続いており、これからも各メンバー7人がどういった方向で面白い事をするのか、目が離せません。

 

新章のWUGが大スターになっていないのは、多分そういう事なんだと思います。

まだまだこれから先、面白い事がたくさん待ってるから、なんだと思います。

 

以上が第3話の感想になります。

新章スタッフのみなさま、演者の皆さま、素敵なアニメーションをありがとうございます。

第4話はこれから、すぐ、見たいと思います!

To Be Continued!

 

 

■第4話の感想はこちらです。

www.manabeya-wug.com

 

■前回、第2話の感想はこちらです。

www.manabeya-wug.com


 

 

※引用画像は全て感想・批評・レビュー目的で掲載させて頂いております。

著作権は全て「Wake Up,Girls!3製作委員会」にあります。