まなべやわぐ!

Wake Up, Girls!(WUG/ワグ)Run Girls, Run!(RGR/ランガ)熱烈応援中!

山本寛監督(ヤマカンさん)と、WUG新章のハザマで2

 

 

スポンサーリンク

 

 

Top News!

 

 

■Wake Up, Girls!新章2017年10月から放送開始!最新PV公開!



■テレビ東京:2017年10月9日(月)26時05分から
■仙台放送:2017年10月10日(火)26時から
■AT-X:2017年10月11日(水)23時30分から
■熊本放送:2017年10月29日(日)26時05分から
■2017年10月13日(金)深夜0時より、あにてれ・dアニメストア・アニメ放題/U-NEXT・JCOM+KDDI ほか随時配信スタート!

 

 

 

■Wake Up, Girls!新章ニコニコ動画で最新話1週間無料配信中!第1話はずっと無料!


 

 

 

■TUNAGO/Wake Up, Girls!MV公開


4thライブツアーのテーマ曲にもなっていた「TUNAGO」のMVが公開されました。東北6県への想いから「TSUNAGO」ではなく「TUNAGO」という6文字のタイトルに。また、振り付けは宮城県出身のメンバー永野愛理さんが担当、センターは岩手県出身のメンバー奥野香耶さんが担当されています。全七人のメンバーが宮城県の様々な場所を訪れ、それぞれを"繋ぐ"映像となっています。

 

 

 

■2017年12月10日(日)開場 12:00 開演 13:00 会場:幕張メッセ 国際展示場にてWUG大型イベント『Wake Up, Girls!Festa. 2017 TRINITY』通称「WUGフェス2017」開催決定!フルメンバー参戦!


■出演者:Wake Up, Girls!(吉岡茉祐さん、永野愛理さん、田中美海さん、青山吉能さん、山下七海さん、奥野香耶さん、高木美佑さん)I-1club(山本希望さん、加藤英美里さん、津田美波さん、福原香織さん、明坂聡美さん、安野希世乃さん、上田麗奈さん) ネクストストーム(大坪由佳さん、安済知佳さん、高野麻里佳さん、甘束まおさん)
■チケットなど詳細はWUG公式サイトへ!

 

 

 

■【ランガちゃん】Wake Up, Girls!新章から、WUGちゃんの妹新ユニット「Run Girls, Run!」(RGR/ランガ)お披露目!


速志歩役:林 鼓子(はやし ここ)さん、守島音芽役:森嶋 優花(もりしま ゆうか)さん、阿津木いつか役:厚木 那奈美(あつぎ ななみ)さん。公式サイトはこちら


Run Girls,Run!のデビュー曲。
「カケル×カケル(かけるかけるかける)」
作詞:只野菜摘さん
作曲:神前暁さん
編曲:広川恵一さん(MONACA)

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

こんにちは、まなべです。 

今日は、「山本寛監督(ヤマカンさん)と、WUG新章のハザマで2」と題して、現時点で想う事を書いておこうと思います。

 

今日は2です。

1はこちらです。1を読んでから2を読まれるのが分かりやすいかと思います。2は1の続きになっています。1を変更した訳ではありません。

山本寛監督(ヤマカンさん)と、WUG新章のハザマで - まなべやわぐ!

 

 

 

 

 

なぜ、問題が解決できていないのか

 

前提は同じなので、ここだけは昨日に引き続き、もう一回書いておきます。

 

 

自分の疑問点はただ一点、「なぜ、問題が解決出来ていないのか。」です。

 

 

WUG新章側の誰かが悪魔なのか、山本監督側に一緒に仕事が出来ない何らかの原因があったのか、それとも単純な契約の事なのか、それとも全然別の何かが原因だったのか、そこは自分には全く分かりません。

そこを話し合いで解決出来ていないまま新章が始まっているのが悪いのであって、それ以外は何も悪くないように自分には見えます。

アニメ業界の行く末や、製作委員会方式の事が色々絡んでいるんだろう事も何となく分かるし、その点に関しては、自分は山本監督のおっしゃってる方向に向かうだろうとは感じています。

だからこそ、お互いがお互いの信じる未来へ向かえるように、新章が作られる前にちゃんと話し合いで解決しておく問題だったのでは、と思います。

 

とはいえ、それを今更言ってもしょうがないので、現状に対して思う事が三つあるので、それを書きたいと思います。

 

ここまでは昨日と同じです。

前提は同じです。

 

 

 

●     ●     ●

 

 

 

声優さんなど新章関係者を過激な言動で叩くのは間違ってる2

 

一つ目ですが、それでも自分は、声優さんやMONACAの皆さん、作詞家さんや新章監督さんなど、新章関係者を過激な言動で叩くのは間違ってる、と思います。

揶揄するのも間違ってる。

 

他の事は全然間違ってないけど、これだけは、絶対に間違ってます。

 

奥野さんや田中さんやWake Up, Girls!メンバーの言葉に関しては、みんな、だんだん個性を出せるようになってきているように自分は感じています。

 

つまり、今回の言葉もその延長戦上の言葉だと思います。

 

その真意を本人に聞いた訳ではないので、すべて自分で映像を見たり一般の観客が手にできるレベルの情報を知って、自ら考えた自分の憶測にすぎませんが。

 

とにかく、第1期をリスペクトしていない訳がなく、それはエンタメとしてのカメラ前の個性的で独特な言葉の一つだと思っています。

 

自分はこれからも、萎縮せず様々な言動に挑戦して、いっぱい自分を表現してほしいと思っています。

特に奥野さんは、初期、例えば「ワグっていいとも!」時や、その後の初期ライブでのMCや、なんなら少し前のイベントや生放送などでも自らを表現するのに一苦労されているように僕には見えていました。

しかし、最近になって冠ラジオの経験やメンバーの様々な経験を目の当たりにしてか、独特のトークや、独特の雰囲気が出せるようになって来たように思います。

 

その中でも特に、奥野さんには、独特のキレのあるブッコミの才能の片鱗があるように思えます。

 

だから、あの言葉は、そのエンタメを意識した独特のブッコミだったんじゃないか、と自分は考えています。

 

いや、それは分かりませんが、ブッコミだったのかも知れないし、同じ名前の付いたキャラクターの下着が見える事への抵抗があったのかも知れないし、ただの感想かも知れないし、純粋にお客さんに聞いてみたかっただけかも知れない。

それは分からないけど、どちらにしろ、WUGメンバーが第1期をリスペクトしていないなんて、絶対にありえない。

 

自分はエンタメを意識したブッコミも、感想も、抵抗も、聞いてみたかっただけも、全然ありだと思ってます。

それが個性だったり持ち味に繋がったりするから。

今回の発言はそういう意味で自分は全然間違ってないと思っています。

 

爆笑問題の太田光さんが、ダウンタウンの松本人志さんを嫌いだと言っていじった時、松本さんがその場が笑いになったならいいとおっしゃった器の大きな気持ちと同じく、山本監督も今回の言動を、一つの成長として受け入れてあげて欲しいと自分は思います。

 

 

但し、相手側が、つまり今回の件で言えば山本監督が気分を害されていて、どうしても納得がいってないなら、そこは気分を害した事をちゃんと面と向かって謝罪して、自分の想いや真意を伝えなきゃいけないと思う。

 

モノマネとかでもそうだと思うんですが、相手が気分を害したらそこは謝罪が必要。

今は無理かも知れないが、いつかちゃんと本人に面と向かって、ちゃんと謝罪しなければいけない。

 

しかし、謝罪しても何をしても、それでも、どうしても自分の想いや真意を分かり合えなかった時は、決別も考えないといけない。

譲れないものはある。

 

そして、間違いも誰にでもある。

そこは加味してあげないと萎縮してしまって、前途ある若者の生き様を破壊する事になりかねない。

一生懸命、目の前の事に取り組んでいるのだと思います。

そこを責めるのは絶対に間違ってる。

 

それから、もし本人達を危惧しておられるなら、危惧していると言うだけでいいのではないでしょうか。気分を害したのなら、気分を害した、どういう意図なのか知りたい、と言うだけでいいのではないでしょうか。

 

今すぐには無理かも知れないけど、いつかちゃんと真意を聞ける日が来ると思います。

 

だから、自分は現在のように、事あるごとに揶揄する意味など全く無いと思います。

山本監督の性格が悪く見えるのも、本当に良くないと思います。

 

とにかく、もう一度書きます。

WUGメンバーが、WUGを、第一期をリスペクトしていない、感謝していないなんてありえない。

当然、リスペクトもしてるし、感謝もしてるに決まってる。

それは絶対。

 

ただ、成長する中で、表現者同士の個性のぶつかり合いは起こります。

それを、認めてあげて欲しいのです。

そこは、山本監督も理解してあげて、変わってあげて欲しいのです。 

 

 

 

 

●     ●     ●

 

 

 

 

WUG新章の原案に山本監督の名前が無い、楽曲クレジット自体が無いのは間違ってる

 

WUG新章の原案に山本監督の表記、あと、山本監督(辛矢凡)作詞の楽曲クレジット自体が無いのは論外です。

これの原因が、avexなのか、製作委員会なのか、自分には今だ良く分かっていませんが、絶対に間違っています。

 

全面的に、WUG新章側が悪いと思います。

 

正直、そこ話し合ってなかったのかよ、と絶句しています。

正直、全く意味がわからない。

 

楽曲クレジットが法的に表示する必要があるのかどうか、自分には良く分かりませんが、どこでもあるものだと思っていましたので、表記するもんだと思ってました。

というか法律云々抜かしても、当然、表記するでしょう。

それで売り上げが上がるかも知れないし、リスペクトも感謝もあるんだし。

何より「7 Girls War」も「タチアガレ!」もアニメ内で使ったんだし。

 

本当に、表記しない意味が分からないし、理解できません。

 

それから、今まで第1期の時にあった原案の表記がないのもダメだと思います。

 

それらに関し、そんなものを世に出すなという山本監督の言い分は全く間違ってない。

そこは僕も完全に同意します。

 

というか、1でも書きましたが、そこは新章が始まる時に話し合いをしてちゃんと解決してなかったのか? と思うのです。

 

こんなことありえるのって、本当に、いまだ意味がわからないのですが。

 

もし、何の話し合いもしてなかったのなら、もはや全く意味が分からない。

正直、絶句してしまう。

全く擁護出来ない。

WUG新章を始めた意味が全く無い。

ちゃんと、山本監督からバトン渡されて無いのかよ。

って思います。

 

ここ、自分がそこまで酷いとは思っていなかった所なんですが、

 

いや、色々あると思うんですが、それでもある程度、山本監督が新章にバトンを渡した上で、さらに山本監督が新章の出来とか、細かい契約ごとみたいな何かに満足行ってないのかと自分は思ってた節があります。

 

監督降板自体はWUG新章に限らず過去にもあったし、そういう時は互いに話し合って良くも悪くもちゃんとバトンは渡して、契約云々もクリアして、っていう工程を当然踏んでいるものだと思っていました。

だから、WUG新章も何らか理由があって、本心は嫌で残念だったとしても、そこはちゃんと一応のバトンが山本監督からWUG新章へ渡されたのだと思ってました。

 

それなら、新章の出来は作家性の違いだからいいと思うんです。

 

が、新章って、そういうの全く話し合って無く、ただ山本監督の名前を消去しただけなのでしょうか。

 

もしそうなら、新章スタッフ全員変更して、また一からやり直ししてもいいほどの酷過ぎる案件だと思います。

 

いや、まだ双方の主張を聞いていないから、はっきりしたことは分からないけど、ただ、どっちにしろ今すぐにでも両者の話し合いの場を設けないとダメなんじゃないでしょうか。

 

この件がそんな感じでクソ酷い案件なんだったとしたら、WUGちゃんもそんなスタッフ側にいる訳だからかなり同情してしまうというか、スタッフほんま何やってんの、WUG潰す気かよって思う。(WUGフェス2015以来2度目)

 

どちらにしても、WUG新章側も変わらないといけないと思います。

 

ただし、クレジット表示のこととか、原案のこととか、色々法律的にウンヌンカンヌンがあるかもしれないので、この辺り、本当の所どうするのが正解なのかとか凄く知りたい気持ちで一杯です。

 

 

あと、何より、新章になってから山本監督の名前を出せない感じになってるのも異常な気がします。

普通に考えても、今の状態はおかしいのは誰でも分かる。

 

但し、これに関しては、今、WUGメンバーが自分の言葉で話すことが出来ないのだろうことは、自分は十分理解できる。

目の前の事に一緒懸命なのも十分理解出来る。

時間もかかるだろうし、立場やしがらみも色々様々な事があるだろうと思う。

誰もが、無敵の人ではない。

それは分かる。

凄く分かる。

 

だから、まずは自分で考えて答えを決めて、7人で相談してどうしたいか決めて、近しい人に相談して、偉い人に相談して、もっと偉い人に相談して、もっともっと偉い人に相談しなきゃいけないかも知れない。

一番偉い人に相談しなきゃいけないかも知れない。

誰か近くに心から信頼出来る人はいないのだろうか。

これは、ちゃんと、やらなきゃいけないことだと思う。

 

この不義理の件、ここは、WUGちゃんも変わらなきゃいけない所だと僕は思う。

 

ここが人生の何度目かの正念場だ。

頑張れ。 

他人事で、本当に申し訳ない。

 

 

 

辛矢凡名義の曲はもう歌わないこと

 

山本監督が、自分が辛矢凡先生だった事を自ら明かしたのって初めてじゃ無いか。

まあ、それはさておき。

 

作詞家が歌うなと言ってるんだから、絶対に歌ってはいけない。

法律云々、権利的に歌っても使ってもいいのだとしても、歌ってはいけない。

使わないし、歌わない。

 

それは、道義的なもんで、そこは絶対ちゃんとしなきゃいけない。

 

完全和解や問題が解決するまでは絶対に歌わないし、使わないこと。 

個人的には、もう一生歌わなくてもいいと思っています。

 

あと、こういう時は無いものではなく、あるものを見ること。

出来ない事ではなく、出来る事を探す事。

歌える曲をあげておく。

 

16歳のアガペー

太陽曰く燃えよカオス

言の葉 青葉

素顔でKISS ME

地下鉄ラビリンス

僕らのフロンティア

タイトロープ ラナウェイ

outlander rhapsody

恋?で愛?で暴君です!

ゆき模様 恋のもよう

TUNAGO

7 Senses

雫の冠

One In A Billion

王様のカデンツァ

ハートライン

ハジマル

WOO YEAH!

歌と魚とハダシとわたし

可笑しの国

オオカミとピアノ

スキ キライ ナイト

ステラ・ドライブ

ワグ・ズーズー

走り出したencore

It’s amazing show time☆

それいけオトメ

ヒカリキラリミルキーウェイ

snuggery

Into The Light

青い月のシャングリラ

HIGAWARI PRINCESS

HELP ME!みゅーちゃん!

桜色クレッシェンド

狐草子

Why am I

ももいろDiary♡

てがみ

わたしの樹

シャツとブラウス

極上スマイル

ジェラ

運命の女神

止まらない未来

DATTE

あぁ光塚歌劇団

Regain Brave

End of endless

プラチナ・サンライズ

セブンティーン・クライシス

お約束たいそう

無限大ILLUSION

Knock out

 

 

WUMやソロ曲、劇中歌やI-1club、なまはげーずの曲とかも全部入れてます。

間違ってたり、抜けてたらお知らせ下さい。

 

自分は、WUGフェス2017がもしこの楽曲だけになったとしたら、逆に、絶対に見に行きます。

 

 

最後に

 

自分は完全部外者だから本人達の真意が聞けるわけでも無く憶測ばかりの言葉になるので、本当は何も書かなくてもいいし、書くべきじゃないんだけど、大好きで、ずっと追いかけて来た監督だしアニメだし声優さんだし声優ユニットだし、ちゃんと見ておきたい思っています。

 

最後まで見届けるんじゃなくて、これからもずっと見続けたいと思っています。

 

のび太くんの落ち目の話しじゃないけど、山本監督もWUGちゃんもピンチなのは間違いないので、見続けるのと同様に、そんな今の、いち観客側の気持ちも書いておきたいです。

 

自分は、山本監督も製作委員会もWake Up, Girls!メンバーも変わらないといけないと思っています。

 

対して、感情的で感傷的なブログは自分の持ち味だから、それだけは変えませんが笑、いやそれすらもっと良い方向に変えて、他の事はすべて変われるよう努力し続けたいと思っています。

 

 

P.S.

今すぐの話をすると、

WUG新章は放映中止して、ちゃんとバトンが渡されてから、復活するのが一番ベストだと思います。 

それまでは同じ時間で「わぐばん新章」見せて下さい。

 

そして完全和解して、この物語がアニメに反映される大どんでん返し待っています。

 

 

P.S.2

うまく伝わっていないかも知れなく、自分の文章力の低さを申し訳なく思っております。

 

本当に様々な選択肢があると思います。

 

今だ、WUG新章側の言い分も分かっていないし、山本監督の降板の理由も分かりません。

だから、すべての真相がお客様側に明るみになろうがなるまいが、そこはちゃんと解決して欲しいと思っています。

少なくとも、今のままがいいとは思えません。

 

その中で自分は、最終的に、WUG新章は山本監督と後腐れなくすべてを円満解決させた上で、決別する方向でいいと思っています。

仮に、山本監督がこの先も周りに矛を向け続け、このまま変わろうともしないのであれば、それがベストだと思います。

新章を放映中止して、決別して、変えられる所は全く新しく変えて、後腐れなく、再スタートすればいいとも思っています。

だから、変わって欲しいと思ったのです。

 

もっと言うと、監督が誰であろうが、どんな人物であろうが、どうでもいいんですよ。

Wake Up, Girls!という名前じゃなくなってもいいんですよ。

生み出されたものが、最高に面白ければ。

 

ただ、譲れないものや表現者同士のぶつかり合いは当然あるので、それは絶対大切にするべきだし、その信念が原因で分かり合えない事なんて沢山あるし、だからこそ、それ以外のつまらない間違いは出来るだけ無くした方がいい、と自分は思うのです。

 

だから、歌って欲しく無い過去曲なんて、一生、歌わなくていいんですよ。

自分達で未来を作ればいいじゃないですか。

 

WUGちゃんは「私たちを信じて付いてきて」って言うけど、ファンの事ももっと信じてくれてもいいと思うぞ。

 

自分は、変化する人の方が好きです。


でも、それを決めるのは自分ではないので、当事者達に委ねるしか出来ません。

日本は法治国家だから、色々法律で決まっている事もあるのでしょうから、それはちゃんと遵守した上で、さあどうするのかって考えて決めれば良いと思うし、最終的に、裁判などで決着を付ける事になるのかも知れません。

それは分かりませんが、何しろ、空気に流されるのが一番良く無いので、ちゃんと問題の本質を見極めて、極めて冷静に、お互いが出来るだけベストな選択が出来るようになればいいな、と思います。

 

晴れて、すべての問題が解決して、それぞれがそれぞれの別の道でベストを目指す方向になればいいな、と思います。

 

自分は誰派とかではなく、自分が思う間違いだと思う事は間違いだと書いておきたいのです。

自分も間違っているかも知れないので、そこは、反省して変化していきたいと思います。

 

WUG新章、楽しく見ています。

次回は、WUG新章第1話の感想を書きます。

簡単に言うと、WUG新章、普通に面白いです。

 

  

以上になります。

長文乱文、失礼ばかり、最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました。

 

 

 

WUG新章第1話の感想はこちら。

www.manabeya-wug.com