まなべやわぐ!

Wake Up, Girls!(WUG/ワグ)Run Girls, Run!(RGR/ランガ)熱烈応援中!

山本寛監督(ヤマカンさん)と、WUG新章のハザマで

 

 

スポンサーリンク

 

 

Top News!

 

 

■Wake Up, Girls!新章2017年10月から放送開始!最新PV公開!



■テレビ東京:2017年10月9日(月)26時05分から
■仙台放送:2017年10月10日(火)26時から
■AT-X:2017年10月11日(水)23時30分から
■熊本放送:2017年10月29日(日)26時05分から
■2017年10月13日(金)深夜0時より、あにてれ・dアニメストア・アニメ放題/U-NEXT・JCOM+KDDI ほか随時配信スタート!

 

 

 

■Wake Up, Girls!新章ニコニコ動画で最新話1週間無料配信中!第1話はずっと無料!


 

 

 

■TUNAGO/Wake Up, Girls!MV公開


4thライブツアーのテーマ曲にもなっていた「TUNAGO」のMVが公開されました。東北6県への想いから「TSUNAGO」ではなく「TUNAGO」という6文字のタイトルに。また、振り付けは宮城県出身のメンバー永野愛理さんが担当、センターは岩手県出身のメンバー奥野香耶さんが担当されています。全七人のメンバーが宮城県の様々な場所を訪れ、それぞれを"繋ぐ"映像となっています。

 

 

 

■2017年12月10日(日)開場 12:00 開演 13:00 会場:幕張メッセ 国際展示場にてWUG大型イベント『Wake Up, Girls!Festa. 2017 TRINITY』通称「WUGフェス2017」開催決定!フルメンバー参戦!


■出演者:Wake Up, Girls!(吉岡茉祐さん、永野愛理さん、田中美海さん、青山吉能さん、山下七海さん、奥野香耶さん、高木美佑さん)I-1club(山本希望さん、加藤英美里さん、津田美波さん、福原香織さん、明坂聡美さん、安野希世乃さん、上田麗奈さん) ネクストストーム(大坪由佳さん、安済知佳さん、高野麻里佳さん、甘束まおさん)
■チケットなど詳細はWUG公式サイトへ!

 

 

 

■【ランガちゃん】Wake Up, Girls!新章から、WUGちゃんの妹新ユニット「Run Girls, Run!」(RGR/ランガ)お披露目!


速志歩役:林 鼓子(はやし ここ)さん、守島音芽役:森嶋 優花(もりしま ゆうか)さん、阿津木いつか役:厚木 那奈美(あつぎ ななみ)さん。公式サイトはこちら


Run Girls,Run!のデビュー曲。
「カケル×カケル(かけるかけるかける)」
作詞:只野菜摘さん
作曲:神前暁さん
編曲:広川恵一さん(MONACA)

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

こんにちは、まなべです。 

今日は、「山本寛監督(ヤマカンさん)と、WUG新章のハザマで」と題して、現時点で想う事を書いておこうと思います。

 

 

 

 

 

なぜ、問題が解決できていないのか

 

自分の疑問点はただ一点、「なぜ、問題が解決出来ていないのか。」です。

 

WUG新章側の誰かが悪魔なのか、山本監督側に一緒に仕事が出来ない何らかの原因があったのか、それとも単純な契約の事なのか、それとも全然別の何かが原因だったのか、そこは自分には全く分かりません。

そこを話し合いで解決出来ていないまま新章が始まっているのが悪いのであって、それ以外は何も悪くないように自分には見えます。

アニメ業界の行く末や、製作委員会方式の事が色々絡んでいるんだろう事も何となく分かるし、その点に関しては、自分は山本監督のおっしゃってる方向に向かうだろうとは感じています。

だからこそ、お互いがお互いの信じる未来へ向かえるように、新章が作られる前にちゃんと話し合いで解決しておく問題だったのでは、と思います。

 

とはいえ、それを今更言ってもしょうがないので、現状に対して思う事が三つあるので、それを書きたいと思います。

 

 

 

●     ●     ●

 

 

 

声優さんなど新章関係者を過激な言動で叩くのは間違ってる

 

一つ目ですが、自分は、声優さんやMONACAの皆さん、作詞家さんや新章監督さんなど、新章関係者を過激な言動で叩くのは間違ってる、と思います。

 

先に叩かれ排除され迫害されたのは、山本監督側なのかも知れません。

事実、今、山本監督側は新章の制作チームではありません。

だけど、何が原因なのか自分には全く分かりません。

自分だけじゃなく、多くのお客様側に今回の原因や真実が何も伝わっていないと自分は感じています。

 

仮に山本監督側に何の落ち度も無かったとしても、このままでは革命が成功したとしても上の人達が山本監督に変わるだけで迫害は続くと思われてしまいます。

そういう点でも間違っています。

 

自分には今も、一部に関しては、山本監督の方が立場が強く見えています。

クリエイターとして、エンタメ業界に生きるものとして、対等の立場からの苦言なのかも知れません。

しかし、そうは見えていない部分があると感じます。

特に、声優さんに対するものは単純な圧力に見えてしまっています。

 

新章に関係している人は何も分かっておらず、排除してもいい人達だと認定しているのかもしれません。

声優さん含め、新章関係者さんはあちら側だから強いのだ、先に排除したじゃないか、すでにあちら側に全員取り込まれているのだ、それに甘んじているのだ、という考えも分からないでは無いです。

しかし、本人たちには詳しい事は何も知らされていないのかも知れません。

いやいや、全てを知っているのかも知れません。

それは、自分には分かりません。

 

今の状態は、問題の本質を追い求める為に行動しているのではなく、所構わず過激な言動を撒き散らし、自分よりも弱いものに圧力をかけ、叩き排除し迫害しているように見えてしまっています。

そんなことはないのでしょう、それも何となく分かります。分かりますが、そう見えてしまっています。

それは戦略としても不粋だし、だんだん暴力的な言動の人が集まって来てるようにも思えます。

それって山本監督にとってOKなんでしょうか。

今の状態が、山本監督側にとって全くいいことが無いように自分には思えるのです。

 

だから、大人げないのでは全くなくて、単純に間違ってると僕は思います。

 

僕が言える立場では無いですが、言わせて下さい。

山本監督が今やっている事の中で唯一、周りに矛を向ける、というこの行動だけは絶対に間違ってると思います。

 

声優さんは目の前の事に一生懸命になっているだけなのだと思います。

だから例え、未熟な面があったとしてそれを責めるのは間違ってる。

MONACAさんに対する言葉も一緒で、山本監督が誰かを使わないというのは、誰かが山本監督を使わないと言っている?今の状況と同じです。

内情も知らないのに、と言われても、今の情報だけでは同じ状況だとしか思えません。

新章の監督さんや作詞家さんに対する言葉も一緒です。

 

つまり、もう一度書きますが、山本監督が革命を成功させたとしても結局、誰かがまた迫害されるだけ、だと思われてしまう。

そういう点でも、間違ってると僕は思います。

 

いや、もちろんこれから使わない人がいても、嫌いな人がいても、もう一緒に仕事をする事ができない人がいてもいいと思うのです。

ほんと、山本監督にも言いたい事がいっぱいあるのは当たり前だと思う。

もちろん、批判も意見も感想も苦言も言いたい事も何から何までガンガン言っていいと思うんです。

 

でも、互いを高め合おうとする感じではなく、単純に言葉が汚くてただの恐怖政治のように感じます。

 

何より、言動がマイナス方向の事ばかりで、全然乗れません。

今のやり方だと、未来が良くなるとは全く思えません。

それこそが、自分が乗れない原因です。

 

自分の理想は、またみんなで一緒に仕事をしている所が見たいです。

ただそれだけです。

 

自分が言える立場では無いのは十分わかっているのですが、それでも言わせて下さい。

山本監督も、変わらないといけないと自分は思います。

我慢するのではなくて、根本的に考え方を変えないといけないと自分は思います。

 

今はこんな状況なので無理だと思いますが、

WUGメンバーの言動が気になるなら、いつかちゃんと話し合えばいい。

誰かの行動や言動が気になるなら、いつかちゃんと話し合えばいい。

もし仮に間違いや未熟さゆえの過ちがあったのなら、それを良くする方向に持って行き、互いに変わった姿を見せて、またやり直せばいい。

分かり合えてない、意図が伝わってないなら、何百回何千回でも説明して互いに納得するよう努力して行けば良いと思います。

 

ミスしたら、間違っていたら、叩いてもいいというなら、独裁者が別の独裁者に変わるだけで何も変わらない。

しかも、ミスすらしていないかも知れない。

未熟さゆえの過ちだったのかも知れない。

事実、自分は、田中さんや奥野さんやWUGメンバー、浅沼さんや日高さん、只野さんの作詞や板垣監督の言葉は、山本監督と同じく、アニメに、エンタメに生きる人の正直な言葉だと思ってるので、何も悪くないと思っています。

 

多様性を担保しているからこその意見の相違や感覚の違いは表現者の間では良くある事なのではないでしょうか。

だからこそ、アニメーション、エンターテイメントは面白いのではないでしょうか。

 

当然、そんな事は分かっておられるはずです。

なのに、何だかマイナス方向の言動ばかりで、何だか山本監督側が損しているようにしか見えないのが、本当に残念なのです。

問題の本質からどんどん離れて行ってしまっているように見えます。

 

山本監督の周りにいる人も同じ恐怖政治的な考えなのかと思われてしまうのも良くないです。

周りの弱者に矛を向ける人と思われてしまうのも良くないです。

問題の本質が見えにくくなってるのも良くないです。

実際はそうじゃないのかも知れないけど、そう見えてしまっている状況は絶対に良く無い。

 

私のほうが弱者だ、いや私だ、と、弱者自慢してもしょうがないけど、少なくとも、革命が成功しようが今のままだろうが、特に声優さんは今回の関係者の中で一番の弱者だろうと僕は感じています。

 

自分より強者だけに挑まないと、問題の本質が見えにくくなってしまいます。

別にそれでもいいんだけど、全然優しくない。

今と変わらない、優しくない世界が今後も続くだけだろうとしか思われないのは、本当に良く無いです。

 

だから、今、山本監督が行動されている中で、周りの人達に矛を向けるのだけは絶対に間違ってると僕は思います。

 

でもただ、それは全く逆なんだ、分かってくれ!お前は騙されている!と言うぐらい状況が緊迫していて、そういう根拠と真実がちゃんと存在しているなら、山本監督も声優さんもMONACAさんも新章関係者の皆さん含め、その状況から皆さんを救う方法を、それこそ皆で考えないといけないのかも知れません。

 

それこそ、周りの人達に矛を向けている場合じゃないと思います。

 

問題の本質はどこにあるのでしょうか。

自分も未熟な人間の一人です。

すべてを知る事ができなくても、出来る限り、それをちゃんと知りたいです。

 

 

 

●     ●     ●

 

 

 

avexは何らかの話し合いを何百回何千回としてちゃんと声明を出すべき

 

二つめは、WUG新章側というか、avex側でいいのかよく分かっていないのですが、山本監督側との問題が起こっている側の方達が、ちゃんと山本監督側と話し合って、視聴者やファンに何らかの声明を出して欲しい、という事です。

 

一つ目にも書きましたが、山本監督と仲間の制作チームのみなさんに何があって、今のような状態になったのかが、自分にはまるっきり分かりません。

真実が知りたいのは当然そうなんですけど、別に知れなくてもいいんです。

少なくとも、ちゃんと解決したよ、って声明が出れば。

 

今のままだと、新章から制作チームが変わったらしいことは分かるけど、それが売り上げが原因だったのか、私怨が原因だったのか、ただの人事移動に際する衣替えの一種だったのか、何か酷いことが起こったのか、乗っ取られたのか、とか、何が起こったのか全く何も分かりません。

 

ツイッターに噂や憶測は流れてくるけど、それが真実だと思う人は山本監督の助けにはならないと思う。

それは、昔、山本監督の言動を、嘘か誠か確認せずに叩きまくっていたの全くと同じ状態だと思うからです。

双方の一次情報が大切なのは、どこの世界でも同じだろうと思うからです。

 

少なくとも今は、何も分かっていないというのだけがお客様側の真実だと思います。

 

だから全部じゃないけど自分に出来る限り、山本監督のツイキャスを見たし、ブログも読んだし、ツイッターもみてるけど、正直、今の情報だけだと、山本監督側が私怨から新章下げをしてるようにしか見えない部分があります。

実際はそうじゃないんだろう、そこが本質じゃないんだろう、ということも何となく分かるけど、自分にはそう見えてしまうし、多くの人にもそう見えてしまうと思います。

それが本当に残念です。 

 

但し、自分の感覚だと、裏ではこんなに酷い状態?だったのに、新章をスタートさせる意味が全く分からないのも事実です。

WUGの続編を作るとして、こんな問題があるのにどうして気持ちよくスタート出来ると思ったのか。

それとも、炎上させてでも注目させようというクソみたいな考えがあったのか。

ついでに言うと、宣伝が超下手でクリエイターさんや演者さん達のいい所を全く引き出せていないのは致命的だと思います。

 

だから、avexも変わらないといけないと自分は思います。

自分が言える立場では無いのは分かっています。

それでも言わせて下さい。 

 

宣伝やクリエイターさんや演者さんの扱い方はもうWUGが始まった最初からそうだし、今回の事とは全く関係ないだろうから、それは今すぐ頑張れ。

WUGが他の大人気コンテンツに比べ、10分の1程度、時には20分の1、30分の1程度の盛り上がりにしかなっていないのは、少なくともavex側にも原因があるように自分には思えます。 

だから、新章のBDの売り方や盛り上げ方には期待もしています。

 

別途、今回の件に関しては、何か一点でもavexにも変わらなきゃいけなかった根拠が見えれば分かりやすいかなとは思います。

それが分からないから、動きようが無いです。

何かあったんだろうけど、それが何か分からないから、何も行動出来ないです。

噂だけでも憶測だけでも片方だけの意見でも、自分は行動出来ないです。

 

僕は山本監督の作品が大好きだし、Wake Up, Girls!というコンテンツが大好きだし、だからこそ客観的に見られないけど、今の状況は全く冷静になれない最悪な事態なのも分かってるんだけど、それが逆に冷静になってしまうほど、本当に何が何だか分からないです。

 

とにかく自分は新章も見るし、WUGちゃんのライブにも行くし、薄暮も見に行きます。

どれも普通に楽しみにしています。

今のままだと、それぐらいしか出来ない。

つまり、普通にしているぐらいしか出来ないんです。

 

何か自分にも出来る事があるのか、ずっと悩んでいます。

 

ただ、真実が分かっても、今の状況がすぐ変わる訳じゃないと思う。

みんな目の前の事に全力で一生懸命に日々を生きているから、それを攻めるのは当然間違ってる。

みんな、そんなに強くない。

みんな、それぞれめちゃくちゃ頑張ってる。

 

あいつが悪魔だ、と知ったとして、それが結果的にどういう状況を生み出すのかなんて、自分には分かるはずもありません。

でも、それを根拠にして両者話し合いの場が持たれるなら、それは、悪い事じゃないなんじゃないかとも自分は感じています。

 

誰かを吊るし上げるのではなく、皆の話し合いの場で上手く解決して欲しいというのが、今の僕の気持ちのすべてです。

 

 

 

●     ●     ●

 

 

 

誰か、間を取り持つ人はいないのか

 

三つめは、山本監督側とavex側?との間を取り持つ人は誰かいないのか、という事です。

 

けものフレンズ、いわゆるけもフレ騒動の時、たつき監督が「ざっくりカドカワさん方面よりのお達しみたいです。」とおっしゃったから、自分は真っ先に川上さんの考えや行動が気になって、そうツイートしました。

 

山本監督が休養に入った当時、自分は今のような何かが起こってるとは全く思っておらず、のほほんと、スピンオフでI-1clubの物語をやりながら山本監督の体調が回復するのを待とうとかブログに書いていました。

その時、エイベックスに理不尽な理由で外されたとか何か真実を根拠にしたヘルプがあったらと思わなくはないけど、それでもけもフレとは状況が違うからどうなってたかは分かりません。

 

とにかく誰か、今の状況を解決出来るベクトルに持っていく事ができる、間を取り持つ人はいないのだろうか。

 

自分にKADOKAWAの川上さんや井上さん、ワンピースのシャンクス並みの力があればと何度も何度も思ってる。

 

少なくとも、コビー並みの勇気があれば、と何度も何度も思ってる。

 

もし、自分が両者のハザマにいる力のある人物なら、何百回でも何千回でも間を取り持って話がしたかった。

いつもいつも、自分の力のなさに打ちのめされるが、今回ばかりは完全に打ちのめされている。

 

僕はまた自分の無力さに、心底、イラついている。

 

 

 

●     ●     ●

 

 

 

最後に

 

WUGちゃんの生放送と、山本監督のツイキャスライブを見ながら、仲間っていいなと思った。

 

僕は、両者の放送を一人で見ていた。

 

山本監督もavexも変わらないといけないと思うが、 一番変わらないといけないのは、間違いなく、僕だ。

 

以上になります。

長文乱文、失礼ばかり、最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました。

 

 

<追記>

パート2を書きました。

www.manabeya-wug.com

 

WUG新章第1話の感想はこちら。

www.manabeya-wug.com