まなべやわぐ!

Wake Up, Girls!(WUG/ワグ)Run Girls, Run!(RGR/ランガ)熱烈応援中!

鈴木萌歌、誕生日によせて

 

 

スポンサーリンク

 

 

Top News!

 

 

■Wake Up, Girls!新章2017年10月から放送開始!最新PV公開!



■テレビ東京:2017年10月9日(月)26時05分から
■仙台放送:2017年10月10日(火)26時から
■AT-X:2017年10月11日(水)23時30分から
■熊本放送:2017年10月29日(日)26時05分から
■2017年10月13日(金)深夜0時より、あにてれ・dアニメストア・アニメ放題/U-NEXT・JCOM+KDDI ほか随時配信スタート!

 

 

 

■Wake Up, Girls!新章ニコニコ動画で最新話1週間無料配信中!第1話はずっと無料!


 

 

 

■TUNAGO/Wake Up, Girls!MV公開


4thライブツアーのテーマ曲にもなっていた「TUNAGO」のMVが公開されました。東北6県への想いから「TSUNAGO」ではなく「TUNAGO」という6文字のタイトルに。また、振り付けは宮城県出身のメンバー永野愛理さんが担当、センターは岩手県出身のメンバー奥野香耶さんが担当されています。全七人のメンバーが宮城県の様々な場所を訪れ、それぞれを"繋ぐ"映像となっています。

 

 

 

■2017年12月10日(日)開場 12:00 開演 13:00 会場:幕張メッセ 国際展示場にてWUG大型イベント『Wake Up, Girls!Festa. 2017 TRINITY』通称「WUGフェス2017」開催決定!フルメンバー参戦!


■出演者:Wake Up, Girls!(吉岡茉祐さん、永野愛理さん、田中美海さん、青山吉能さん、山下七海さん、奥野香耶さん、高木美佑さん)I-1club(山本希望さん、加藤英美里さん、津田美波さん、福原香織さん、明坂聡美さん、安野希世乃さん、上田麗奈さん) ネクストストーム(大坪由佳さん、安済知佳さん、高野麻里佳さん、甘束まおさん)
■チケットなど詳細はWUG公式サイトへ!

 

 

 

■【ランガちゃん】Wake Up, Girls!新章から、WUGちゃんの妹新ユニット「Run Girls, Run!」(RGR/ランガ)お披露目!


速志歩役:林 鼓子(はやし ここ)さん、守島音芽役:森嶋 優花(もりしま ゆうか)さん、阿津木いつか役:厚木 那奈美(あつぎ ななみ)さん。公式サイトはこちら


Run Girls,Run!のデビュー曲。
「カケル×カケル(かけるかけるかける)」
作詞:只野菜摘さん
作曲:神前暁さん
編曲:広川恵一さん(MONACA)

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

今日、8/9はI-1clubセンターの鈴木萌歌の誕生日である。

新章の鈴木萌歌は、いくつになるんだろう。

18歳だろうか。

とにかく、今日は鈴木萌歌の誕生日である。

 

今年の鈴木萌歌は、リベンジの年なのだろうか。

それとも、もう一度、I-1clubとしてアイドルの祭典で優勝しリベンジを果たしているのだろうか。

それとも、2年連続負けてしまって、ボロボロになっているのだろうか。

 

WUG新章は今年、2017年の物語になるだろうから、2015年のアイドルの祭典でWake Up, Girls!に負けた直後の鈴木萌歌は描かれないかもしれないし、描かれるのかもしれない。

漫画「エターナル・センシズ」で描かれるのかもしれないし、描かれないのかもしれない。

それはわからないけど、僕は、鈴木萌歌がどういう思いで今を生きているのかが、とても気になっている。

 

何故なら、僕は、鈴木萌歌が大好きなのだ。

 

僕は、何度も書いているが、アイドルの祭典でWUGが優勝した最後の一枚絵、映画「Beyond the Bottom」で描かれた最後の一枚絵は、鈴木萌歌のためにあると思ってる。

あの光景を見た、WUGが優勝した時の姿を見た鈴木萌歌は、いったい何を考え、何を想い、何を誓い、何を捨て、何を得たのか。

「絶対に負けない」と一人つぶやいた若き闘将は、いったいどうやって2017年までたどり着いたのか。

止まらない未来で「信じてる、信じてる、信じてる」と歌い続け、それでも負けてしまったI-1clubのひとりぼっちのセンターは、いったい、何を支えに生きてきたのか。

I-1clubは新章に出演することは決定しているが、むしろ、鈴木萌歌自身は新章でどういう状態になっているのか、それは、まだ何も分かっていない。

 

話は変わるが、鈴木萌歌はWUGフェス2014、WUGフェス2015、WUGフェス2016に出演した。

WUGフェス2014の岩崎志保と鈴木萌歌がセンターステージに残って歌ったジェラのカッコよさたるや、ヤバイなんてもんじゃなかった。

WUGフェス2015の"あれ"も、正直、めちゃくちゃ楽しかった。

WUGフェス2016に関しては、最高の最高の最高だった。

が、リベンジが必要なのは確かだ。

そうだろ?

I-1clubは、まだまだ、こんなもんじゃない。

鈴木萌歌は、まだまだ、こんなもんじゃない。

 

今年は、WUGフェスが開催されるのか、まだ何も分からない。

もし、今年のWUGフェスで鈴木萌歌が出演するなんて日が来たら、僕は、鈴木萌歌に最大の声援を送ろうと思う。

何故なら、次、鈴木萌歌が歌う姿を見せてくれた時、それが、鈴木萌歌が自分で必死に何かを乗り越えて来た証だと思うからだ。

それでもまだ歌いたいと、アイドルでありたいと、笑顔でありたいと、そう想ってくれている証だと思うからだ。

  

僕は、鈴木萌歌の笑顔が見たいんだ。

 

岩崎志保をI-1clubセンターから蹴散らし、そのすべてを任された鈴木萌歌が、本当に心の底から笑顔になれた日なんて存在していたのだろうか。

まして、センターになって、初めてのアイドルの祭典で完敗したのだ。

Wake Up, Girls!に。

元I-1clubのセンター島田真夢に。

 

僕は、鈴木萌歌に笑顔になって欲しい。

いや、違う。

本当は、生きていて欲しい、とさえ思っている。

 

だから、今日の誕生日を迎えることが出来て、本当に嬉しく思う。

 

鈴木萌歌は、そんなやわじゃない、だろうか。

いや、人間は弱くて儚い生き物だ。

それは、敗北を知った、鈴木萌歌が一番知っているはずだ。

 

鈴木萌歌、誕生日おめでとう。

今日ぐらいは、誰かの前で、泣いていておくれ。

そして、今日ぐらいは、誰かの前で笑っていておくれ。

 

 

 

 

 

 

山本希望さん、お誕生日おめでとうございます!山本希望さんが鈴木萌歌で本当によかった。素敵な一年となりますよう、笑顔いっぱいの一年となりますよう、心よりお祈りしております!