まなべやわぐ!

Wake Up, Girls!(WUG/ワグ)Run Girls, Run!(RGR/ランガ)熱烈応援中!

Wake Up, Girls!って素敵な仕事だな、って思った話。

 

 

スポンサーリンク

 

 

Top News!

 

 

■Wake Up, Girls!新章2017年10月から放送開始!最新PV公開!



■テレビ東京:2017年10月9日(月)26時05分から
■仙台放送:2017年10月10日(火)26時から
■AT-X:2017年10月11日(水)23時30分から
■熊本放送:2017年10月29日(日)26時05分から
■2017年10月13日(金)深夜0時より、あにてれ・dアニメストア・アニメ放題/U-NEXT・JCOM+KDDI ほか随時配信スタート!

 

 

 

■Wake Up, Girls!新章ニコニコ動画で最新話1週間無料配信中!第1話はずっと無料!


 

 

 

■TUNAGO/Wake Up, Girls!MV公開


4thライブツアーのテーマ曲にもなっていた「TUNAGO」のMVが公開されました。東北6県への想いから「TSUNAGO」ではなく「TUNAGO」という6文字のタイトルに。また、振り付けは宮城県出身のメンバー永野愛理さんが担当、センターは岩手県出身のメンバー奥野香耶さんが担当されています。全七人のメンバーが宮城県の様々な場所を訪れ、それぞれを"繋ぐ"映像となっています。

 

 

 

■2017年12月10日(日)開場 12:00 開演 13:00 会場:幕張メッセ 国際展示場にてWUG大型イベント『Wake Up, Girls!Festa. 2017 TRINITY』通称「WUGフェス2017」開催決定!フルメンバー参戦!


■出演者:Wake Up, Girls!(吉岡茉祐さん、永野愛理さん、田中美海さん、青山吉能さん、山下七海さん、奥野香耶さん、高木美佑さん)I-1club(山本希望さん、加藤英美里さん、津田美波さん、福原香織さん、明坂聡美さん、安野希世乃さん、上田麗奈さん) ネクストストーム(大坪由佳さん、安済知佳さん、高野麻里佳さん、甘束まおさん)
■チケットなど詳細はWUG公式サイトへ!

 

 

 

■【ランガちゃん】Wake Up, Girls!新章から、WUGちゃんの妹新ユニット「Run Girls, Run!」(RGR/ランガ)お披露目!


速志歩役:林 鼓子(はやし ここ)さん、守島音芽役:森嶋 優花(もりしま ゆうか)さん、阿津木いつか役:厚木 那奈美(あつぎ ななみ)さん。公式サイトはこちら


Run Girls,Run!のデビュー曲。
「カケル×カケル(かけるかけるかける)」
作詞:只野菜摘さん
作曲:神前暁さん
編曲:広川恵一さん(MONACA)

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

今年は、正念場だ。

タチアガレ!も、7GWも、少女交響曲も、BtBもそりゃ素晴らしいよ。

だけど、これからの楽曲だって、同じぐらい素晴らしいに決まってる。

 

大切なのは、これ全部WUGちゃんの曲だってこと。

 

毎日毎日歌ってきた歌。

これからも歌う歌。  

 

4thライブツアーに来てくれる人がいっぱいいる。

10月から始まる新章も見てくれる人がいっぱいいる。  

 

ここまですごく頑張った結果だ。

すごいことだ。

あれだけ叩かれたんだ。

夢を持って業界に来ただろうけど、そんなもの早々に砕け散っただろう。

その後はひたすら現実を見つめて歩いて来たんだ。

素敵だ。

素敵すぎる。

ある意味、奇跡だと思う。

エモさの極みだ。

カッコよさの極みだ。

WUGちゃんのよさはそういう所かも知れない。

 

これからもうまくいく事ばかりではないだろうけど、大丈夫。

仮に失敗しても、また、最初から始めればいいだけだ。

 

失敗したら、また、合宿して笑、今度は自分たちでライブハウス押さえたりして、アニメみたいに全国ドサ廻りしてさ。

 

この7人だったら全然やれるでしょ。

 

でも、世間がそれを許さないと思う。

WUGちゃんはもっと人気になるし、これからもっと大変になる。

単独SSAまでは、ちゃんと現実化する。

俺にはわかる。

根拠はないが。

 

まあ、ファンもスタッフさんも、それから、多くのWUGちゃんを知ってる人も多分全員味方だし、何も臆することはない。  

 

明日、妹ちゃんの新キャストさんがお披露目だけど、 そんな、誰もが経験したことが無いような色んな経験をしているWUGちゃんは、誰よりも素敵でいい先輩になれるはず。

 

Wake Up, Girls!って素敵な仕事だな、って思った。

 

なんというか、それが言いたかっただけ。