まなべやわぐ!

Wake Up, Girls!(WUG/ワグ)Run Girls, Run!(RGR/ランガ)熱烈応援中!

ナナシス3rdライブ「4U」に想う、未完成な夢と感情の共有。

 

 

スポンサーリンク

 

 

Top News!

 

 

■Wake Up, Girls!新章2017年10月から放送開始!最新PV公開!



■テレビ東京:2017年10月9日(月)26時05分から
■仙台放送:2017年10月10日(火)26時から
■AT-X:2017年10月11日(水)23時30分から
■熊本放送:2017年10月29日(日)26時05分から
■2017年10月13日(金)深夜0時より、あにてれ・dアニメストア・アニメ放題/U-NEXT・JCOM+KDDI ほか随時配信スタート!

 

 

 

■Wake Up, Girls!新章ニコニコ動画で最新話1週間無料配信中!第1話はずっと無料!


 

 

 

■TUNAGO/Wake Up, Girls!MV公開


4thライブツアーのテーマ曲にもなっていた「TUNAGO」のMVが公開されました。東北6県への想いから「TSUNAGO」ではなく「TUNAGO」という6文字のタイトルに。また、振り付けは宮城県出身のメンバー永野愛理さんが担当、センターは岩手県出身のメンバー奥野香耶さんが担当されています。全七人のメンバーが宮城県の様々な場所を訪れ、それぞれを"繋ぐ"映像となっています。

 

 

 

■2017年12月10日(日)開場 12:00 開演 13:00 会場:幕張メッセ 国際展示場にてWUG大型イベント『Wake Up, Girls!Festa. 2017 TRINITY』通称「WUGフェス2017」開催決定!フルメンバー参戦!


■出演者:Wake Up, Girls!(吉岡茉祐さん、永野愛理さん、田中美海さん、青山吉能さん、山下七海さん、奥野香耶さん、高木美佑さん)I-1club(山本希望さん、加藤英美里さん、津田美波さん、福原香織さん、明坂聡美さん、安野希世乃さん、上田麗奈さん) ネクストストーム(大坪由佳さん、安済知佳さん、高野麻里佳さん、甘束まおさん)
■チケットなど詳細はWUG公式サイトへ!

 

 

 

■【ランガちゃん】Wake Up, Girls!新章から、WUGちゃんの妹新ユニット「Run Girls, Run!」(RGR/ランガ)お披露目!


速志歩役:林 鼓子(はやし ここ)さん、守島音芽役:森嶋 優花(もりしま ゆうか)さん、阿津木いつか役:厚木 那奈美(あつぎ ななみ)さん。公式サイトはこちら


Run Girls,Run!のデビュー曲。
「カケル×カケル(かけるかけるかける)」
作詞:只野菜摘さん
作曲:神前暁さん
編曲:広川恵一さん(MONACA)

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

f:id:manabeya-wug:20170524195648j:plain

 

音楽を表現するのに必要なのは、感情だ。

中でも、夢を感情の力で現実に変えていく人が、カリスマと呼ばれるのかも知れない。

 

 

●     ●     ●

 

 

僕が見たその日は、4Uにとっては悔し涙が流れるほどのライブだった。

100点ではなかった、と。

 

確かに、型にはまっていると感じた所はあった。

ある一定の決められた型の中で自らを表現しようとしているようにも見えた。

その型の中で、必死にもがく姿が非常に示唆的だった。

しかし、そういう悲しみこそが、型から飛び出すきっかけになるのかも知れない。

 

その一端は、間違いなく、佐伯ヒナ(長縄まりあさん)の絶叫に現れていた。

もしかしたら泣きたかったのかもしれない。身震いがした。それは殻を破り、型を破る為に必要な叫びだったのかも知れない。

今思えば、鰐淵エモコ(吉岡茉祐さん)も、九条ウメ(山下まみさん)も時折どこか不安そうな顔を見せていたようにも感じられたが、それは表現の一つでは無く、感情そのものだったのかも知れない。

 

 

●     ●     ●

 

 

昔、JUDY AND MARYというバンドのボーカルのYUKIさんが、東京ドームで初めてライブをした時、涙を流した。

それは、嬉しかったからではない。

悔しかったからだ。

客席が見えず、歓声も聞こえない。

メンバーにとっても決して満足できる内容ではなかったらしい事が昔、ドキュメンタリー番組内で語られていた。

その後、JUDY AND MARYは解散ライブを東京ドームで行い、リベンジを果たした。

44982 VS 1650

44982 VS 1650

 
WARP TOUR FINAL [DVD]

WARP TOUR FINAL [DVD]

 

 

 

●     ●     ●

 

 

それと同じかもしれないし、違うかもしれない。

客席から見る3人は、どこか、もがいているようにも思えた。

その夜、何度も話し合った、とのこと。

その甲斐もあってか次の日のライブは、とてもいい出来だったらしく、無事、ミニアルバムの発売と、単独ライブ開催の発表することが出来た。

しかし、それでも僕は初日のライブに心底感動したし、僕にとっては100点以上の何か、だったと、今でも思ってる。

 

 

●     ●     ●

 

 

何言ってんだよ!って言いたいよ!

4U最高だったよ!って大声で叫びたいぐらいだよ!!!

 

バンドサウンドに身を任せて、場の空気を自分に引き寄せて、一気に四方八方に爆発させる。

固くなった体も、ぎこちなさも段々取れてきて、ステージを広く使って、お客さんを煽って。

八の字になった眉と、ばっさり切った髪と、絞り出すような声。

1st2ndともに時間が許さず映像で見ただけだったその雄姿を、ちゃんとこの目で確認する事が出来たんだ。

こんなにうれしい事はないよ。

 

 

●     ●     ●

 

 

あの日あの場所は、その感情を共有することを許された唯一の場所だったんだと思う。

そんなライブに参加出来て僕は本当に幸せだった。

何故なら、その悲しみを3人と共に共有出来たからだ。

いや、僕自身は、共有できた、とまで言えるかは分からない。

しかし、その悲しみのかけらを見せてくれたことは、僕にとっては、生きるに値する事だった。

だから、ちゃんと伝えてくれてありがとう、と、ここにちゃんと記しておく。

 

 

●     ●     ●

 

 

4Uは間違いなく、世界を変える。

僕は、4人目の4U、とまでは全然言えないただの、ファンだ。

だけど、それでも夢を現実に変えていく3人の姿をこれからも応援したいと思う。

 

単独ライブは、絶対に見に行きたい。

それが例え、何点な出来だったとしても、それを見届ける覚悟も権利も義務も僕にはある。

何故なら、僕は、あの日のライブを体験した一人、だからだ。

 

未完成な夢と感情を共有した一人、だからだ。

 

僕は、あの日、幕張に置いてきた笑顔を探しに行く。

だから、頼む。

今度は、最高のライブだったよって、 最高の笑顔を見せておくれ。